財務報告に係る内部統制評価が来年度から導入されるにあたり、業務プロセスに係る運用テストの日次のサンプルテスト件数は何件にすればよいか考えています。

「財務報告に係る内部統制の評価及び監査に関する基準」等では統計的サンプリングにより信頼度90% 許容誤謬率9%の場合は、25件といった例示が示されていますが、基準を読むと監査法人が監査を実施する際の話であって、会社が実施する場合のサンプル件数は任意に決定すればよいとのことです。
そこで、他社事例ではどのように会社はサンプル件数を決めて実施しているか、ご存知であれば教えてください。
また、エラーが出たときは、会社が任意にサンプルを決定した場合、どのように処理するか教えてください。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/09/12 13:37:48
  • 終了:2007/09/19 13:40:03

回答(2件)

id:q_taro4 No.2

q_taro4回答回数83ベストアンサー獲得回数12007/09/13 02:21:44

ポイント35pt

20-40

  • id:Yama-san
    ちょっと、マニアックな話かもしれませんが、下記サイトに検証水準に関する記載が出ていました。
    参考までに、掲載します。

    http://www.yenbridge.net/library/library_detail.php?i=35

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません