商品   単価    数量

A   27000円   22個
B   5000円   49個
C   10000円   49個
D   1000円   88個
全ての商品の合計金額が1420000円になるようにしたいのですが、個々の単価は記載の価格と大きく違わないようにしたいのです。
単価をいくらにすれば良いでしょうか?

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/09/13 20:21:10
  • 終了:2007/09/13 23:51:21

ベストアンサー

id:Nunocky No.5

Nunocky回答回数16ベストアンサー獲得回数12007/09/13 23:02:28

ポイント100pt

合計金額にあと3000円足りないので、

A,B,C,Dの単価の増減分をそれぞれx1,x2,x3,x4として

22*(x1+4*x4) + 49*(x2+x3) = 3000 を満たすx1,x2,x3,x4の組み合わせを考えます。

S1 = x1+4*x4, S2 = x2+x3と置くと

S1 = (3000-49*S2)/22

とりあえず不完全ですが、S2の値を1,2,3,4...とずらしてS2が整数になる組み合わせは

S1=123, S2=6

S1= 74, S2=28

...

S1=123, S2=6のとき、

S1 = x1+4*x4 = 123

S2 = x2+x3 = 6

の関係になるので、あとはx4とx2を固定してx1とx3は求められます。

とりあえず表計算ソフトで力技で計算させてみたところ、S1=74, S2=28の組み合わせで

A = 27000 + 14 = 27014円

B = 5000 + 15 = 5015円

C = 10000 + 13 = 10013円

D = 1000 + 15 = 1015円

あたりが一番振れ幅が少なそうでした。

id:bombababa

いろいろな解き方があるんですね。

皆さんのおかげで、数値ぴったりで見積書を出せ

そうです。

ぴったりじゃないと、お客さんが怒るんで、助かりました。

2007/09/13 23:47:54

その他の回答(4件)

id:taknt No.1

きゃづみぃ回答回数13537ベストアンサー獲得回数11982007/09/13 20:33:37

ポイント70pt

A 27014

B 5014

C 10014

D 1015

にしたらいいでしょう。

1420000円 - 現在の価格の合計 を 個数の合計で 割ると 一個当たりの差額がでます。

それから 調整しました。

id:bombababa

シンプルでわかりやすいです。

2007/09/13 23:40:43
id:KUROX No.2

KUROX回答回数3542ベストアンサー獲得回数1402007/09/13 20:41:16

ポイント50pt

手計算で最適解でなくてもよいのなら

27025 22 594550

5025 49 246225

10025 49 491225

1000 88 88000

1420000

id:bombababa

いろんな解き方があるんですね

2007/09/13 23:41:29
id:GEN111 No.3

GEN111回答回数472ベストアンサー獲得回数582007/09/13 20:51:34

ポイント50pt
 (27000 + 14) * 22 +
  (5000 + 14) * 49 +
 (10000 + 14) * 49 +
  (1000 + 15) * 88 

= 1420000
id:Sag_Chicken No.4

Sag_Chicken回答回数211ベストアンサー獲得回数42007/09/13 21:22:08

ポイント50pt

A 27014円

B 5014円

C 10014円

D 1015円

でいかがでしょう?

id:bombababa

一番スタンダードな解き方なのかな。

2007/09/13 23:42:59
id:Nunocky No.5

Nunocky回答回数16ベストアンサー獲得回数12007/09/13 23:02:28ここでベストアンサー

ポイント100pt

合計金額にあと3000円足りないので、

A,B,C,Dの単価の増減分をそれぞれx1,x2,x3,x4として

22*(x1+4*x4) + 49*(x2+x3) = 3000 を満たすx1,x2,x3,x4の組み合わせを考えます。

S1 = x1+4*x4, S2 = x2+x3と置くと

S1 = (3000-49*S2)/22

とりあえず不完全ですが、S2の値を1,2,3,4...とずらしてS2が整数になる組み合わせは

S1=123, S2=6

S1= 74, S2=28

...

S1=123, S2=6のとき、

S1 = x1+4*x4 = 123

S2 = x2+x3 = 6

の関係になるので、あとはx4とx2を固定してx1とx3は求められます。

とりあえず表計算ソフトで力技で計算させてみたところ、S1=74, S2=28の組み合わせで

A = 27000 + 14 = 27014円

B = 5000 + 15 = 5015円

C = 10000 + 13 = 10013円

D = 1000 + 15 = 1015円

あたりが一番振れ幅が少なそうでした。

id:bombababa

いろいろな解き方があるんですね。

皆さんのおかげで、数値ぴったりで見積書を出せ

そうです。

ぴったりじゃないと、お客さんが怒るんで、助かりました。

2007/09/13 23:47:54

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません