自分のwebサイトに、テニスのルールについての文章を載せたいと思います。

JTAのルールより引用したいのですが、この場合は引用元を明らかにしていれば問題ないでしょうか?また、意味がわかりやすいように改変することなどは許されないのでしょうか?

おそらく引用元を明記してそのまま載せるのが正しいとは思うのですが、自信がないので教えてください。
宜しくお願いします。

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 登録:2007/09/18 20:07:01
  • 終了:2007/09/24 09:37:51

回答(4件)

id:minkpa No.1

minkpa回答回数4178ベストアンサー獲得回数552007/09/18 20:35:03

ポイント20pt

引用元を表示しておけば問題ありません。

テニスのルールは公共性の高いものですので、意味が変わらない程度の改変は大丈夫です。

id:nolimit808

ありがとうございます。

2007/09/24 09:34:36
id:KUROX No.2

KUROX回答回数3542ベストアンサー獲得回数1402007/09/18 21:10:48

ポイント30pt

実際、ルールとかどこに乗ってるのかわからないんですが(^^;

だから、どの程度のものが書かれているのかは分からずに

書いています。

-----------------------------------------

JTAはたぶん

http://www.jta-tennis.or.jp/

だと思います。

http://www.jta-tennis.or.jp/JTA/information/aboutlink.html

で、

mail@jta-tennis.or.jp のほうに問い合わせれば確実だと

思います。

JTAとしては、ルールの説明もコンテンツの1つだと考えている

と思います。

(1)JTAのルールをそのまま、全引用することは可能か?

  ->たぶん、引用とは呼ばれないのでは?

(2)JTAのルールの内容には、どの程度のオリジナリティ性が

  あるかで、いくらルールの説明とはいえ、著作物の概念が

  発生すると思われるのですが・・。

(3)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%8B%E3%82%B9

  wikimediaの引用では駄目なのでしょうか?

  JTAのことは考えなくてよくなります。

id:nolimit808

検討してみます。

有難うござました。

確かにwikiの引用であれば問題はなさそうですね

2007/09/24 09:35:13
id:j1960 No.3

j1960回答回数322ベストアンサー獲得回数212007/09/18 21:19:54

ポイント30pt

引用

一般に、適切な「引用」と認められるためには、

1. 文章の中で著作物を引用する必然性があること

2. 質的にも量的にも、引用先が「主」、引用部分が「従」の関係にあること。引用を独立してそれだけの作品として使用することはできない。

3. 本文と引用部分が明らかに区別できること。例『段落を変える』『かぎかっこを使用する』

4. 引用元が公表された著作物であること

5. 出所を明示すること(著作権法第48条)

が必要とされる。

引用はあくまでも引用元の文章をそのまま持ってくることですから改変して引用とするのは問題になります。

その場合は転載という扱いになります。

著作物を利用する上でのご注意―引用と転載について

http://www.medbooks.or.jp/forauthor/QUOT-2.html

(3)改変して転載する場合

 図表などを改変して転載する場合は、出版社だけでなく、著作者の了解も必要となります。著作者の意に反する改変をして転載した場合、著作権の侵害だけでなく、著作者人格権の侵害ともなりますので、十分な注意が必要です(著作権法第20条)。著作者の意に反するかどうかは、あくまでも著作者の判断なので、利用者がやむを得ない改変と勝手に判断して利用するとトラブルの原因になります。通常、図表を改変して転載する場合は、改変後の図表を添えて許諾申請します。

 なお、改変した場合、「出所の明示」に加えて〔…より改変〕などの“ことわり”を入れることが必要となります(著作権法第48条3項)。

 <例>

 (「著者名,題名,雑誌名,巻,号,・・・」より改変)

一番良い方法は著作権者や出版元に念のため主旨を説明して確認をとることです。

id:nolimit808

詳しく解説をありがとうございました!

参考にします!たすかりました!

2007/09/24 09:35:31
id:taku0208 No.4

taku0208回答回数250ベストアンサー獲得回数112007/09/19 00:08:47

ポイント30pt

引用についての議論は、他の人が解説してくれていますので、そちらに譲るとして、そもそもテニスのルールが著作物かどうかを考える必要があるように思います。

著作権法で著作物は、次のように定義されています。

「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。」

この定義から言うと、単純にテニスのルールは著作物ではないですね。従って、純粋にルールだけを転載することは著作権を侵害する行為とはならないと思います。

ただし、「JTAのルール」がどのような物か知らないので何とも言えないのですが、そこに「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」が含まれると著作物となります。

例えば、ルールをわかりやすく解説した図とか、上手く索引を付けてわかりやすくしたルールブックなどです。

ルールの引用については、以下のサイトで少しふれています。

このサイトの管理者は、ルールは著作物に当たらないという立場です。(下記URLの一番下の方を参照)

http://set333.net/ru-ru01sohuto2.html

id:nolimit808

なるほどー。

参考になるご意見をありがとうございます!

善処してみます

2007/09/24 09:36:01
  • id:j1960
    追記です。
    引用の範囲で済ませるには、引用元の文章そのまま引用として必要事項と共に記載する。従たるその引用文に対して主たるあなたの言葉で分かりやすい意味に置き換えて説明する。というスタイルをとれば問題ありません。
  • id:Yoshiya
    現在ネット上では「JTA TENNIS RULE BOOK 2007」を公開しておりません。
    当然の事ながら公式ルールブックを購入というかたちになります。

    http://www.jta-tennis.or.jp/JTA/information/publishing/rb_07.html
    テニスルールブック2007 定価¥1,500 


    公式ルールを一部転載しているサイトはありますが、あくまでも日本テニス協会の下部組織なので許諾が出ていると思います。
    当然の事ながら個人のHPでは許諾が出るとは思えません。
    (もし許諾を出すのであれば、日本テニス協会が公式ルールを公開しているはず。)

    「京都府高体連テニス専門部」が公式ルールを一部転載しています。

    http://homepage3.nifty.com/tennis-kyotoktr/kokoroe/01.pdf
    http://homepage3.nifty.com/tennis-kyotoktr/kokoroe/02.pdf
  • id:j1960
    いやだから、「引用」であれば許諾の必要は無いんですよ。引用とみなされるためには幾つかの要件があってそれをクリアすれば何ら問題はありません。
    質問の内容に引用の範囲が書かれていないのですが、もしルールブックの半分くらいを引用だと言うのは無理があります。しかし一部の特定のルールについてだけ必要な範囲に絞って引用し、それを説明するなりすることは正しい引用として許される行為です。
  • id:Yoshiya
    j1960様

    質問者さんがルールブックのどこまの範囲が必要かで、引用で収まるか転載になるか決まりますね。

    上記の許諾に関するコメントは訂正致します。


    検索サイトでルールブックで検索していると2000年版の公式ルールブック(コートの友)と2006年版の公式ルールブック(JTA公式ルールブック2006)の一部を公開しているHPがありました。

    http://www2.biglobe.ne.jp/%7Ehit/index_rule.html

    このHPが参考になると思います。
  • id:nolimit808
    みなさんありがとうございます。
    今までの流れでどのような場合どう対処するのか詳しくわかりました。
    参考にしながら引用か転載か考え、報告すべき部分は報告したいと思います。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません