無料で法律を検索・表示できるサイトがいくつか存在します。

(例)
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi
http://hourei.hounavi.com/
http://www.houko.com/

新しく同種のサイトを作るとして、そのサイトにあったらいいなと思う「機能」や「コンテンツ」などを教えてください。上記サイトのこの辺が不満なのでこう改善されればいい、といったご意見でも結構です。

例:「○○の視点での分類目次」

※ あくまで法律条文の検索・表示サイトに付加するという範疇でお願いします。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/09/22 13:17:23
  • 終了:2007/09/29 13:20:03

回答(4件)

id:NAPORIN No.1

なぽりん回答回数4653ベストアンサー獲得回数8512007/09/22 13:36:28

ポイント23pt

法律は法律として、見やすく並んでいるのですが、

基本的な法律から、類規・規則など、運用に落とし込むときにたどっていく実務的リンクが条ごとについているといいなと思います。

たとえば、法律→施行規則→省令などとたどっていけば、実際に提出書類を作成するための記入書類のフォーマットがゲットできたりするようになっているものです。

交通法と刑法と運輸省令が並列にたどれて、最終的に免許更新や違反の手続きが(グーグルに戻らなくても)わかるようになっているといいですね。

id:ransamu

ありがとうございます。

2007/09/22 13:50:11
id:sibazyun No.2

sibazyun回答回数1744ベストアンサー獲得回数2352007/09/22 21:31:27

ポイント23pt
  • 書籍の「六法全書」の中には「判例付」とうたっているのがありますね。そのように、判例にリンクしているもの。

(もっとも、こうなると売り物の六法全書の代替だから、有料か?)

  • 「第x条第y項に掲げる・・・」というとき、この部分がリンクになっていて、該当の条文にとべるとよい。
  • 「・・・の場合、第X条を準用する」という書き方のとき、

準用の結果をフルセンテンスで展開してくれているとありがたい。

id:ransamu

ありがとうございます。

2007/09/22 21:54:57
id:g102king No.3

自転車通king回答回数8ベストアンサー獲得回数22007/09/24 14:06:13

ポイント22pt

ひとつは,ナビゲーション機能の表示場所の工夫,もうひとつは「第何条を探すというという条文の「数字のみに着目した分類目次」があったら便利です。


「『××法』の第2条を見た後,第41条を見たい」といった場合の操作を思い描いて頂ければとおもいます。

この場合,


  • 2条を表示させた後,あいだに存在する「39条分」をスクロールでおくり41条を表示させる

という操作が直感的に思いつきます。このスクロールがいささか面倒です。


そこで,


  • [[章立てのハイパーリンク]]を利用し,目的の条文が含まれる章をクリックすれば,目的の条文の近くまで表示され,残りの部分スクロールすればよい。

という操作が,スクロールのストレスからある程度解消されますので通常こうした方法を取る方が多いかと思われます。



しかし,この[[章立てハイパーリンク]]は使っていて2つの改善提案が思いつきます。

  1. 章立てハイパーリンクは,いずれも条文が始まる一番最初,つまりページの一番上です。先の例で言えば,2条を見た後,一度この章立てリンクが表示されている部分に(ブラウザの「戻る」ボタンなどで)いったん戻り41条を見に行くという操作としてはやや迂回をしなければならない。

ですので,このようなナビゲーション機能を有するリンクは,画面上の見やすいところに,常に表示されていたりするとさらに便利かと思います。


  1. さらにもうひとつの提案は,章立てのハイパーリンクの代わりに,条文5つ程度単位ごとに検索できるような,[[「条文ハイパーリンク」]]があるとよいと思います。

章立てハイパーリンクはその法律の全体構造の把握に役立ちますが,時には条文の数字のみ直接的に辿りつけるという意味で,補完的な役割が期待できると思われます。

id:ransamu

ありがとうございます。

2007/09/24 16:43:05
id:sinzaku No.4

sinzaku回答回数224ベストアンサー獲得回数72007/09/24 18:55:58

ポイント22pt

条文に判例とその判例の概要を漫画で紹介したものがリンクされているとより一般の方向けのサイトになるはずです。

また、その条文に関連する行政書士、司法書士、ロースクールなどの過去問題とリンクしたら便利ですね。

いずれも、携帯で見られると付加価値が高まるはずです。

メルマガで今月の法改正という具合に法改正や新判例のアップデートを知らせるサービスがあるといいですね

参考

http://www.amazon.co.jp/%E6%B3%95%E5%BE%8B%E5%85%A5%E9%96%80-%E5...

http://www.ron.gr.jp/law/arc_dl.htm

↑個人サイトにしてはアップデートがすごい(こちらは完全無料)

id:ransamu

ありがとうございます。

2007/09/24 22:59:42
  • id:seble
    最初に挙がっているのは政府のサイトですね。
    法庫は一部有料なので、いつもそこから政府サイトへ移行しています。
    法庫の方が字も大きめで読みやすいです。
    希望としては、条文に判例がリンクしていたらすごく便利です。
    実現は難しいかもしれませんけどね。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません