現在、農村はエネルギーを石油や電気(広域)に依存しています。一方で、太陽光、風力、地熱、小水力、バイオエタノールといった自然エネルギーの開発が進展しているようです。


将来、農村はエネルギーを自給できるようになるのでしょうか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 100 ptで終了
  • 登録:2007/09/22 18:15:36
  • 終了:2007/09/29 18:20:03

回答(16件)

ただいまのポイント : ポイント26 pt / 100 pt ツリー表示 | 新着順
バイオマスを利用した燃料電池 Spaceshuttle2007/09/22 23:11:07ポイント6pt
が開発されれば、可能性があると思いますが・・・家一軒を賄える様になれば、既存のエネルギー業界が既得権益を守るために、あらゆる妨害工作をして、実用化は大分先の話になるのでは?
バイオマス・ニッポン総合戦略 Farmers_Energy2007/09/23 00:12:04
が平成14年12月に閣議決定されており、現在は農林水産省を中心に推進されているようです。つまり、バイオマスの利用は実験段階から実用段階に進んできているということでしょう。一方で燃料電池もあと一歩のところま ...
可能性はあるのでは。 filinion2007/09/23 01:58:27ポイント3pt
いわゆる新エネルギーを安定的に供給するのは困難ですが、これらを複数組み合わせることで安定性を高めよう、という考え方があります。(マイクログリッド) http://www1.infoc.nedo.go.jp/kaisetsu/egy/ey07/index.html   八戸市など ...
マイクログリッド Farmers_Energy2007/09/23 22:22:22
>> 需要地内で複数の分散型電源や電力貯蔵システムを組み合わせ、分散型電源の発電量を需要状況に合わせて制御し、電力の地域自給を可能とする小規模の電力供給網のことを「マイクログリッド」と呼びます。新エネル ...
地域エネルギーの利点。 filinion2007/09/25 22:37:21ポイント2pt
NEDOに言わせると、地域向けの発電というのは、長距離送電に伴うロスがないのが有利、といったメリットがあるわけですね。 逆に考えると、広域電力網では使えないような小さなエネルギーも、「地産地消」で使うなら充 ...
ローカルエネルギー開発こそ Farmers_Energy2007/09/29 14:53:49
 filinionさんが指摘するとおり、今後は、食料もエネルギーも「地産地消」が基本となるのではないかと思うのです。  食料もエネルギーも輸送コストや送電ロスが少ない方がいいですよね。特に原油が高騰したら待った ...
マッドマックス サンダードーム to-ching2007/09/22 19:58:41ポイント4pt
 と言う映画がありました、エネルー源は豚等の糞から作られるメタンガスでした。http://charles-bronson.hp.infoseek.co.jp/Madmax3.htm こんなことも考えられ、絶望的では無いと思うのですが・・・
家畜糞尿を利用したメタン発酵 Farmers_Energy2007/09/22 23:02:03
家畜糞尿を利用した[[メタン発酵]]ですね。実験的なプラントも多くあるみたいですし、畜産業を主体とした農家や地域ならば可能性がありますね。
雪の降る地方では to-ching2007/09/23 20:37:03ポイント3pt
 室(ムロ)を作り雪を大量に入れ、野菜(収穫物)等を入れ冷蔵庫として使っています。新鮮で、出荷もタイミングよく出来ます。さらにもっと広く考えれば、雪で冷房も出来そうです。
自然の力をそのまま Farmers_Energy2007/09/23 22:27:38
自然の力をそのまま利用する事は必要ですね。地域毎に特色があるのでしょうが、そのノウハウをデータベース化したら何か見えてくるかもしれません。
収穫される物 to-ching2007/09/25 19:24:53ポイント2pt
 例えば今流行の燃料となるトウモロコシ・・・御陰で他の収穫物が減る。うまく行けば、収穫されたものから、エネルギー源が生まれるかも知れませんよ。
バイオエタノール Farmers_Energy2007/09/29 14:37:46
 バイオエタノールの生産では「糖質」あるいは「デンプン質」がより多い農産物が望まれるようですね。個人的には、食料生産の“空き”としてバイオエタノール用農産物を栽培することは魅力的であると思います。 ...
難しいと思います trinh2007/09/23 15:56:56ポイント4pt
将来の技術革新を無限大に織り込めば話は別ですが、それは既存のエネルギー資源や発電方法にも言えることです。例えば、各個分散型発電の発電効率や劇的な小型化が成功したとしても、それを既存の大型発電設備に応用 ...
イニシャルコストよりも umaibon2007/09/26 15:48:17ポイント2pt
ランニングコストの方がトータルでは高くつきますからね なのでもし本当の意味で地域が自立したエネルギー源を必要とするなら、そもそも電気やらガスやらを(それ以外のモノでも)「消費しない」構造を考えた方が ...
原油が高騰したら Farmers_Energy2007/09/29 14:27:47
 確かに「消費しない」も選択肢ですね。  しかし、世界的に食料の生産は石油に依存しています。今後、原油価格が高騰すると食料の高騰を招く要因となります。  また、日本の食糧自給率はカロリーベースで39.7% ...
効率化よりも継続性 Farmers_Energy2007/09/23 22:49:51
現代の農業は石油や電気(広域)に依存しています。昨今の原油価格の高騰は農業に大きなダメージを与えています。次世代(30年後)の農業はこの様なリスクを負わずにすむよう、その方策があればと考えております。 ...

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません