1190692974 日本には犯罪組織マフィアは存在しない(組織暴力団を除く)と言われております。本当に居ないのでしょうか、では何故これだけ豊かな国で、極端な格差社会があり、貧困に苦しむ人が多いのでしょう、又何故 あれだけ豊かな国と言われた日本が借金大国になったのでしょう。


私は 簡単に表現すれば 経済効率が悪いからだと思います。

何故経済効率が悪いのでしょう、言葉は悪いのですが 合法的、社会的なマフィアが存在するからだと思います。

あなたは如何思いますか? あなたも同じ考えでしたら、あなたの考えるマフイアとは何でしょう?

そしてその解決策を教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/09/25 13:02:55
  • 終了:2007/10/02 13:05:04

回答(4件)

id:kappagold No.1

kappagold回答回数2710ベストアンサー獲得回数2482007/09/25 14:30:31

ポイント23pt

借金大国になった原因は、単に歳入に合わない歳出を続けてきたこと、米国の言うとおりに売ることのできない米国債の買い入れや戦費等の支援を続けてきたこと、借金の元金や利子を払わなければならないのに借金の返済のために借金を繰り返したこと、に大きな原因があると考えます。

格差に関しては、これ等の動きの中で、企業や高所得者の税額を減らし優遇政策を実施し、低所得者により厳しい税制等を実施してきたことが上げられます。(他の国に比べれば、格差は少ないと思いますが、着実に格差は広がっていると思われます。)



色々な利権を貪っていたことから、ロシアの事をマフィア国家と称する事があります。

その点からすると、日本においても、族議員といわれる政治家が暗躍しているので、そのあたりが似ているか、と思われます。(公共工事を取り仕切ることによって利権を貪っている建築族や道路族などは良くマスコミをにぎわします。)

族議員とは、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%8F%E8%AD%B0%E5%93%A1

また、日本国民からすれば全く必要の無いアメリカ支援を行なわせて、借金大国の日本から上納金を吸い上げているようなアメリカという国は、その上の存在なのかもしれません。



個人のレベルで実施できる解決策は思いつきませんが・・・・。

格差社会を無くすには、税制改革が必要でしょう。これまでの格差を広げてきたものとは逆方向の税制改革を行なう必要があると考えます。

借金大国からの脱出には、歳入にあった歳出を行なうようにすること、歳出を抑えて借金の元本を減らすようにすること、その上で景気をよくするための対策を行なうことが必要でしょう。(これまで、景気がよくなれば歳入が増えるので、景気を良くするために、歳出は減らせないとしてきましたが、その方向性で借金はかさんでいます。)

さらに、アメリカからの無謀な支援要求は、強い態度で断れる強い外交力を持つことも重要だと思います。

id:dandei8

歯に絹を着せない良い回答です、日本人は はっきり言わない国民性で、政治も、行政も はっきりしない、なので日本に政治は無くアメーバー国家だと他国から揶揄されて来ました。

何事を問わずはっきり言う事は、グローバル化された現代では尚更必要と思います、言葉に責任を持つこともより大切ですが。

丁寧な回答です、借金から始めて頂きました、誠にその通りだと思います、ただ族議員が何故歳入に合わない歳出を続けられたのでしょう、私は それは最初からレールが引かれていたのだと思います。

何故そもそも大量の赤字国債の発行が必要だったのでしょう、バブル崩壊で墜落した経済を立て直す為ですか、立て直すのでしたら、最初からバブルを潰さなければ一円の赤字国債の発行も必要なかった。

経済を立て直すのではなく、公共工事を大量にしたい人達が大勢いたのです、その人達は日本が借金になろうとつぶれようと一向に構わない、その予測もしない、責任も取らない、いわゆる外郭団体へ大勢の天下りができればそれで良かった。

今の社会保険庁を見れば一目瞭然ですね、社会保険庁だけ特殊な人間は集中しているのでは無く、それが 官僚、行政、公務員の体質なのでは?

格差は 借金がべらぼうに増えたので 国のセーフティネットが保てなくなった事がかなりのウエイトを占めると思いますが、kappagoldさんのおっしゃることもその通りで勉強になりました。

2007/09/25 20:26:21
id:chibi_debu_ji No.2

chibi_debu_ji回答回数50ベストアンサー獲得回数02007/09/25 15:55:37

ポイント23pt

以下、未熟なコメントになりますが御了承下さい。

貴方の言われる「合法的マフィア」の定義、範疇が抽象的表現で、的確にお答え出来るかどうかは自身がありません。

これを前提に、以下、お答えします。

私の考える「合法的マフィア」とは、癒着、談合、利権共有等々複雑多岐に亘り、政官財民に根深く浸透しています。そしれ、これらは、姿形を変えながら、増殖を益々拡大浸透させていると確信しています。

結論を申し上げるなら、今日抱え込んでいる、「合法的マフィア」の存在のキーマンは、国民だと思います。

<国民の政治レベル>の改善、改革がなされない限り、「合法的マフィア」の存在は、永遠で、今後益々勢いを増すものと確信していますhttp://q.hatena.ne.jp/answer</span>

id:dandei8

ご回答有難う御座います、また他の方々からもたくさんのコメントを頂いております、有難うございます。

上段の部分は chibi_debu_ji さんのおっしゃる通りだと思います、増殖拡大を続けている、誠に由々しき事です。

又 国民の責任も確かです、でも chibi_debu_ji  さんのような深く考える国民が何パーセントいるでしょう。

現在 政治家は官僚の操り人形に過ぎません、官僚に勝てる人はいません、かの小泉前首相をもってしても;彼でも軽く頭をなでられている程度でした。

このような事が一般の方々に見えているでしょうか、何故そのような官僚大国ができたのでしょう。

封建制が強いられていて、北朝鮮と変らないと思います、ですから民主主義ではなく純然たる封建でもないので、私は官僚支配国家 と呼びます 、政治ではなく 官僚が全てを押さえ支配して下ります。

皆さんの選出する議員がこのことを解消できるでしょうか?

2007/09/25 20:47:02
id:kent0608 No.3

kent0608回答回数220ベストアンサー獲得回数232007/09/25 18:33:11

ポイント22pt

ここは法治国家日本ですから、その経済効率をコントロール(規制や緩和)するのも「法」です。今の日本ではその「法」が一部の人に有利に働いているように思えます。

例えば、派遣業のピンハネ率が法的に制限されていないために、暴利をむさぼる業者がいたり、WE(ホワイトカラーエグゼンプション)により、サービス残業が合法化されたりと、経営者側に有利となるような法案がいくつもあります。また、見もしない放送番組の契約を義務化していたり、一部の利権屋に特権を与えていたりと、数えればキリがないほどです。このように法に後押しされた事業者や特殊法人などが、「合法」を盾に搾取し続けた結果が今の極端な格差社会構造の一因だと思っています。

ただ、質問者さんの言うところのマフィアを、こういった「格差社会の上層にいる人々」を指して言っているわけではありません。なぜならば、彼らは全部「今ある制度や法を最大限活用」しただけですから。

結局のところ、諸悪の根源をたどれば

法>国会>国会議員>それを支援した国民

となり、結局は自分達に返ってくるものだと思います。選挙権を持ちながら政治に参加しない人や、現行の法にまったく疑問を持たない人、口だけはいうけど結局は何も出来ない人(私とか・・)

まとめるとこんな感じですかね。

マフィア = 自分を含む国民全体

解決策 = 皆が政治、法に関心を持つこと

http://www

id:dandei8

誠に有難う御座います、その通りだと思います、サービス残業に泣かされている人は多いでしょうね、特に弱者;障害者、女性、高年者の方々はお気の毒です。

作業がIT化したので 余計サービス残業を押し付け安い環境になったと思います、

kent0608 さんのおっしゃる事を一言で言えば すさんだ社会、シミッタレタ、チンケナ人たちが幅を効かせた社会になっている、となりますか、確かにそうですね。

では何故そんな社会になったでしょう、高度経済成長の頃が懐かしいですね。

景気の良い年は 皆がニコニコしていた、街角の八百屋さん、魚屋さん、近所のお爺ちゃん、お勤めの方々、若い世代、学生。

若い世代の消費が経済を引っ張ると言われていた、

物資が今ほど豊ではないが 働けば老若男女を問わず生活できる報酬乃至それ以上のものが安定してもらえた。

バブル崩壊までは 日本人一人当たりの所得は世界一でした、今では二十数番目だそうです、つまり大変な閉塞状態です、経済効率のダウンですね。

2007/09/25 21:44:38
id:mikagekawase No.4

かわせみかげ回答回数152ベストアンサー獲得回数42007/09/25 19:42:53

ポイント22pt

法律に沿った方法で、格差発生的利益を得る方法が沢山あると言うのが実状でしょう。

■どんなのがマフィアの定義か判りませんが、密室会議を持って労働者が自立した生活を行う事を妨害している経団連なんかが十分ヤクザだと思えます。

経団連は企業利益と海外の買収辛味を守る為の手段と言っても、経団連所属企業以外の人間に密室会議で決めた法律を押し付けようとしたり、

http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20070109/1168304376

経団連自身(例えば会長の居るキャノン系列企業など)は、海外投資家に株を売却すると言う自ら進んでの売却を行っているように見え、言う事とやる事が支離滅裂だと言えます。

正直報酬面より心配なのは、過剰に労働者の衛生・保険をおろそかにする方向で、社会改造している点です。

本来なら日本人の誰もが、健康診断・健康状態が悪化したら即医者へ行き治療を受けると言うシステムが日本にあった物が崩壊し、健康診断を受けてない人間・健康悪化に対して対処が行われていない人間・・・が、社会に溢れるように誘導されている状況です。

日本では1945年の太平洋戦争終結後から、経済成長を経てプラザ合意の段階で、戦前の日本に存在した病でいくつかの病のほぼ消失した宣言しています。

その病の消失宣言が出来たのは、衛生・保険の完備が国民の多数に行き届いていたからです。

それを崩壊させて、消失宣言した病が復活する状況を作り出している状況で、何を行いたいのか?

どちらにせよ、衛生・保険制度の崩壊を国民全体に押し付けようとしている時点で、経団連は犯罪組織マフィア・・・と言うか、こりゃマーダーフリークだな・・・と思います。

素人考えで悪意に受け取っている。そうじゃないというのなら、経団連は密室会議で無理矢理法案の骨組の完成品を作って通そうとしないで、素人でも判断できる公開されたシステムを持てば良いです。

id:dandei8

全くそうですね、身につまされます 基本的人権さえ保障されない国になった。

一方では一般の数倍の賃金をもらい、国民の年金、税金をネコババする官、経団連の御手洗会長も 名前は清潔な名前ですね 手を洗えば清潔で病気もしない、しかし自分だけ病気しない、ではなく 国民皆が病気をしないように、経済効率一辺倒に偏せず 労働者、国民の生命を第一に考えるべきでしょう。

また国民健康保険の崩壊、年金崩壊、介護保険崩壊は何処からきたのでしょう。

色々屁理屈は言うものの お金(予算)でしょう? 予算があれば事足りますね、介護保険は何故生まれたのでしょう?

政府も予算が無いから国民も少し負担をして、と始まったのでは? 

“少し”ではなく “全部”に変り、介護は全て介護保険から支払われている、

つまり “うそつき”と “ごまかし”の積み重ねだと思います。

2007/09/25 22:06:14
  • id:andalusia
    国の借金は多いですが、その借金(国債)の多くは外国に持たれているわけではなく、国内の個人や企業が持っているので、(それ自体は問題ではありますが)だから豊かではないわけではないと思います。
    むしろ個人や企業が豊かである裏付けともいえると思います。

    さらに、極端な格差社会とも思いませんが・・・ジニ係数などから見ても中国やアメリカ(そして、多くの発展途上国)のほうがずっと格差は広いと思います。
  • id:seble
    暴力団がマフィアそのものだと思いますが、なぜ区別するのでしょう。
    単に名称が違うだけで、実態は一緒だと思いますが、、、
    指定暴力団以外にも同種の組織はいくらでもあります。
    それに豊かな国と言われたのは借金で大量の資本投下をしただけの事でしょう。
    それは表裏一体で、今だって食料の心配はほとんど不要だし、豊かなのに違いはないです。
    豊かの定義がちょっと微妙です。
  • id:Nigitama
    「極端な格差社会があり」とありますが、何処と、または何と比較しているのかが大事だと思います。

    世界的に見て日本は格差の無い国だと思います。世界の国と地域、そのほとんどが日本よりもべらぼうに格差のある国だと思います。(もちろんその国や地域の中での比較ですよ)

    今の日本で、ある人をパッと見てお金持ちか貧乏か判断するのは難しいですよね。

    でもほとんどの国では、ある人をぱっと見ただけでお金持ちか貧乏人かわかるんですよ。戦前や戦後すぐの日本のように。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません