父死亡により生命保険金が

はいってきます

被保険者:父
契約者:長女
受取人:長男

長男が受取りを拒否しました
そんなことってできるのですか
またその場合受取人は長女になり
長男に所得税
長女に贈与税がかかるのでしょうか

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/09/28 08:36:48
  • 終了:2007/10/05 08:40:12

回答(4件)

id:minkpa No.1

minkpa回答回数4178ベストアンサー獲得回数552007/09/28 08:51:41

ポイント23pt

受け取りは放棄することが可能です。


受け取り放棄した長男には税金はかかりません。

長女が保険会社から受け取ったなら所得税がかかります。贈与ではありません。

長男が受け取り、長女に贈与したのなら贈与税です。


第二受取人などの規定があると思いますので、保険会社に問い合わせてみると良いでしょう。

http://q.hatena.ne.jp/1190936207

id:KUROX No.2

KUROX回答回数3542ベストアンサー獲得回数1402007/09/28 09:16:17

ポイント22pt

http://www.sk.aitai.ne.jp/~kawamura/kateinozei.htm

#◆死亡保険金と税金を参照

#保険料を払っていた人と保険に加入している人が別の人で、

#保険料を払った人以外が死亡保険金を受け取ったケース

http://www1.neweb.ne.jp/wb/n1agency/zeikin.html

#お金を払っている契約者が受け取るから所得税がかかります。

長男に税金はかからない(お金を受け取ってないので)。

長女に所得税がかかる。

id:suzancarol No.3

suzancarol回答回数432ベストアンサー獲得回数182007/09/28 09:09:46

ポイント23pt

受け取り放棄は可能です。

以下のサイトが参考になるのでは、とおもいます。


■生命保険にかかる税金

http://www.ifinance.ne.jp/learn/insurance/seh_11.htm

保険料を支払った本人(=契約者)が一時金として受け取ったときには、一時所得扱いになり、確定申告が必要になります。(ただし、高度障害保険金(給付金)、入院給付金等は例外)

保険料を支払っていた人が死亡したときの死亡保険金や死亡給付金(つまり、契約者=被保険者)は、相続税の対象となります。

(中略)

これら以外の場合、つまり保険料を支払った人でない人(=契約者でない人)が受取人の場合には、受け取った人に贈与税がかかります。

■贈与を使っての生命保険

http://www.bird-net.co.jp/rp/BR971215.html

id:myjunline No.4

myjunline回答回数15ベストアンサー獲得回数22007/09/28 10:13:31

ポイント22pt

保険金の受取りを保険会社に請求しないでほっておくと3年で時効になります。自らいらないと申し出る制度はありません。時効になれば結果的に放棄したことになります。

受取人は死亡発生前に指定した人のみですので、長女には払われません。保険金は本来の相続財産でないため本来財産を放棄しても保険金だけ受け取ることもできます。当然ながら非課税枠を超えていれば税金は別に払う必要があります。この場合贈与税になります。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1750.htm

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません