【迷宮脱出ゲームⅡ・謎解き募集】


「迷宮脱出ゲームⅡ」が終了いたしました。
参加いただいた皆様、サポーターの皆様、
「はてな」のみなさま、ありがとうございました。

参加者募集 http://q.hatena.ne.jp/1190552346
サポーター募集 http://q.hatena.ne.jp/1190905653
1回目 http://q.hatena.ne.jp/1191159887
     ・
     ・
     ・
8日目 http://q.hatena.ne.jp/1191752576
8日目朝 http://q.hatena.ne.jp/1191830277

それでは謎解きに入りたいと思います。
以下の質問に、答えられるだけ答えてください。
部分点をいっぱいつけます。

Q1. 黒灰白の玉は、それぞれ何をイメージしたもの?
Q2. 白玉が発生する条件は?
Q3. 参加者はどのようなときに死んでしまう?
Q4. 「恐ろしいイベント」とは具体的には何?
Q5. ゲーム主催者(架空のゲーム主催者)はどのような人間か?
Q6. ゲームの主催者側は何人いた?
Q7. その他、気づいたこと、感想等なんでも

またゲームのエントリーをしていた方には無条件で+30ポイント、
ゲーム参加者orサポーターには+50ポイントをいたします。

ことに最終日までに生き残っていた方には、
http://q.hatena.ne.jp/1191830277
無条件で+100ポイントいたします。ぜひご参加を。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/10/08 22:30:12
  • 終了:2007/10/12 23:30:35

ベストアンサー

id:hokuraku No.5

hokuraku回答回数530ベストアンサー獲得回数972007/10/12 01:03:03

ポイント400pt

後半戦仕事と風邪でドロップアウトした役立たずサポータでしたが、hiddさんが生き残って何よりでした。

とりあえず仕事も一段落したので謎解きを考えてみます。


今回の拠り所としたのは

http://q.hatena.ne.jp/1191493504#a766111

の主催者のレス「図とプログラム実行をいたします。」の言葉。

一定のルールに従っている判定であれば「プログラム実行」はなくてもできそうなものを、なぜ「プログラム実行」するのか。

おそらくここに、「ランダム要素」が潜んでいるのではないでしょうか。


さて、それではお題への回答です。

Q1. 黒灰白の玉は、それぞれ何をイメージしたもの?

黒玉は導火線に火のついた爆弾。

灰色は導火線の火の消えた爆弾。

そして白は爆発した燃え殻。


Q2. 白玉が発生する条件は?

火のついた爆弾(黒玉)が爆発したとき。


ゲーム的には、黒玉がある条件で白玉になる。そしてこの条件にはきっとランダム要素が入っているのではないでしょうか。

暴発率○%、というパターンも考えましたが、pc_sukiさんのもっていた黒玉が後半で次々と爆発しているところからすると、黒玉にはランダムで寿命(爆弾のイメージなら「導火線の長さ」)が決まっていて、それが残り0になると爆発するのではないでしょうか。


Q3. 参加者はどのようなときに死んでしまう?

手持ちの黒玉(爆弾)が爆発したとき。


Q4. 「恐ろしいイベント」とは具体的には何?

イメージどおりならば爆死でしょうね、やっぱり。


Q5. ゲーム主催者(架空のゲーム主催者)はどのような人間か?

爆発物マニアか戦争マニアでしょうか。

自分で爆発物を作れる程度の化学の知識を持ち、必要な薬品を手に入れられる立場にある人間でしょう。

10人の人間を監禁し、かつ周囲に爆発があっても不審がられない程度に人のいない、または大きな土地を所有し、妙な装置を作れるか作らせることのできる人間です。

イベントが深夜~朝に集中していることから、昼間は別のこと、おそらく仕事か何かをしているのではないでしょうか。


Q6. ゲームの主催者側は何人いた?

人を殺害するという危険を冒すことから、少人数もしくは単独の可能性が高そうですが、施設を考えると大規模なグループの可能性も否定できません。

しかしながら、Q5のプロファイリングからすると大規模なグループとは思えません。


昼に主だった行動はできないが食事を給付することはできることから、2人以上の少人数でしょう。夫婦かもしれません。



Q7. その他、気づいたこと、感想等なんでも

参加者だったらやってみたかったことがひとつだけ。

1:10から1:20の間にレバーを譲渡から交戦に移すことはできたのでしょうか。

同様に、一晩に複数の行動ができたのか、と。


Q8. 交戦でどちらが勝つかの決定方法

黒玉と灰色玉のイメージのとおり、戦争は兵器の量で勝敗が決まるのではないでしょうか。

たとえば、黒玉は2点、灰色玉は1点として合計点の多いほうが勝ち、ということで。

ひょっとしたら灰色玉は戦力にならない可能性もあるのですが、これは検証できるデータがないので憶測です。


さて、大外しだったら恥ずかしいことこの上ない…

id:lionfan

hokuraku様、回答ありがとうございます。

Q1 ○(灰色だけすこし違いますが仕方なし)

Q2 ○(完全な正解)

Q3 ○(実におみごと)

Q4 ×(これは違いました。高い装置ですし建物も壊れてしまいそうなので)

Q5 △(かなりいい推測をしていると思います)

Q6 △(こちらの想定とは違いますが、実に魅力的な答えで、

   こちらを正解にしていくらいです)

Q8 ◎(完全に正解です)

Q7 それはできませんでした。01:00になるとレバーは固定されます。

  ですので後出しはできません。

主要な部分がすべて大当たり!!

実に名推理でした。

2007/10/12 22:54:04

その他の回答(7件)

id:miharaseihyou No.1

miharaseihyou回答回数4535ベストアンサー獲得回数5692007/10/08 23:39:02

ポイント300pt

Q1.黒=得点。白=死。灰色=生死の中間。表面上の得点。変化する可能性のある得点。

Q2.灰色球の所有と他からの灰色球の譲渡、或いは獲得。

 

Q3.白球の発生時。黒球が白球に変化して残ったとき。

 

Q4.結果を判定して死亡者を決める。

 

Q5.気にしません。

 

Q6.もしかして二人?

 

Q7.主催者側からのアクションが特別給付の一回だけでは寂しすぎた。

基本的には得点法で勝敗を決定するなら、最初の持ち点を設定した方がバリエーションに富んで良かった。わざわざ分割して灰球を作って譲渡とか交戦に備えるなどがやり易くなる。その分勝利の得点を高くするなど。それなら持ち点ゼロで交戦に負けた場合は死亡とするルールでも良かった。

id:lionfan

miharaseihyou様、ありがとうございます。

Q1 ○

Q2 ×

Q3 ○

Q4 ×

Q5 ×

Q6 ×

というところでした。

主催者側の悪誌4が少なかったことについては、

ちょっと反省です・・・。

ただもう迷宮脱出Ⅰのようなクオリティをキープするのは、

正直、難しいのです・・・。

2007/10/12 22:31:15
id:lilybells No.2

lilybells回答回数25ベストアンサー獲得回数02007/10/11 00:40:30

ポイント200pt

Q1.Q2.Q3.について

黒球が唐突に発動し、持ち主が死亡する。

黒球は2つに分割することで安全になる。

黒球が発動する条件は不明。発動すると白球になる。

連想されたものは時限毒ガス球。

時限が来ると2つの液体AとBが混ざり、毒ガスが発生する。

液体Aと液体Bを分割しておけば安全。

黒球:時限毒ガス球

灰球:液体の入った球

白球:空っぽになった球

Q4.死亡決定者の部屋の処刑。Q1で毒ガスを連想したものの部屋が密閉されていないことから毒ガスではないはず。殺害法はわからない。

Q5.機械の仕組みが複雑である点、クレーンが取り付けられている点から工学に明るい人。

日中の食事を除いた活動時間が深夜二時間と朝、と妙な偏りがあるのは日中仕事かなにかをしているからとも考えられる。または単に2人の分業か。

このような機械をいくつも作れるのだからそれなりのお金は持っている。

死亡者決定から「恐ろしいイベント」までにわざわざ時間があけられていることと、行動結果表示から時間制限までたった1時間しかないことから意地の悪さが見える。

スケジュールがきっちり決まっていることから時間にきっちりしているのが好きな人である。

Q6.2人。23:50と23:59の間違い。スケジュールは5分単位なのに対し手紙は1分単位。

この2点からもう1人いるのではないかと判断。

Q8.2日目に黒を持たない者が黒を持つ者に勝利し、6日目に白を持たない者が白を持つ者に勝利している。

灰球の数の多いものが勝利するor色関係なく球の多い者が勝利するのどちらかなのかはわからないが、

灰球の数の多いものが勝利するだと思う。

Q7.jpgファイル名。twはtoward、rlはrule、sdはscheduleとすると、irはよくわからないけどitem&rule?

id:lionfan

lilybells様、回答感謝です。

Q1 △

Q2 △

Q3 ×

Q4 ○(毒ガスでOK。「密閉されてない」は「うぎゃあ」とうなりました)

Q5 ○(かなりいい推測です)

Q6 △(1人のつもりでした。23:50と23:59の間違いfbaoknrw@r)

Q8 △(いいところをついてます。単純に玉の数ではありません)

Q7 なおjpgファイル名は、rl=rule、sd=scheduleでオッケーですが、

twとirはランダムにキーボードを叩いただけです。

こんなところでした。

2007/10/12 22:38:45
id:yo-kun No.3

yo-kun回答回数220ベストアンサー獲得回数302007/10/11 01:54:58

ポイント300pt

Q1. 黒灰白の玉は、それぞれ何をイメージしたもの?

黒色の玉は時限式の爆弾で内部にカウンタを持っており、時間は07:05にセットされている。

セットされた時間になると内部カウンタを一つ減らし、0になると確実に人を死に至らしめるほどの爆発を起こす。

なお、給付された時点でのカウンタの数字はランダムと思われる。

初日開始の時点でいきなりカウンタが1しかない黒玉を持っていたのはhesodecha様。

さらには恐ろしく頑丈で誘爆の可能性は無い。

灰色の玉は分解されて爆発の危険性が無くなった爆弾の部品。黒い玉1つから2つの部品に分解される。

白色の玉は爆発を終えた残骸であり、二度と爆発することは無い。


Q2. 白玉が発生する条件は?

黒い玉の内部カウンタが0になった時であり爆弾が爆発したとき。


Q3. 参加者はどのようなときに死んでしまう?

手持ちの黒い玉が白い玉に変わる時、すなわち手持ちの爆弾が爆発するとき。


Q4. 「恐ろしいイベント」とは具体的には何?

07:05にセットされた時限爆弾のカウンタが一斉に一つ減る。

もちろんカウンタが0になった爆弾は爆発する。


Q5. ゲーム主催者(架空のゲーム主催者)はどのような人間か?

楽しむためには手間暇を惜しまない。

ゲームのためにこれだけの大掛かりな用意ができていることから経済的に恵まれている。

また、爆弾を用意できたことから化学系の知識を有するか、裏ルートに繋がりがあると思われる。

給付される爆弾内のカウンタはそれぞれランダムだと思われることからゲームにはランダム的な要素(もしくは運)がないと面白くないと思っている。


Q6. ゲームの主催者側は何人いた?

ゲームという名を借りてはいるものの基本的には無差別殺人であることから足がつく事は極力避けると思われる。

装置は自動で規則正しく動作するであろうし、10人程度の食事の世話はそれほど手間ではない。

手紙の送付も重労働とは言えない。

従って基本的には一人。

しかしこの仕掛けなどを一人で準備していたことを考えると微笑ましくもある。


Q7. その他、気づいたこと、感想等なんでも

[玉のイメージに関して]

誘爆せずまた死亡した方の装置も正常に動作していることから、玉は爆発するのではなく毒ガスが噴出するなどと考えたほうが自然かと思います。

主催者にとっても爆殺死体より毒殺死体のほうが死体処理が容易でしょうし。


しかしpc_suki様の装置の状態を観察していて、13個を超える玉が格納できていることから、頭の中でのイメージは

爆発→装置のガラス破損(爆殺なので当然)→玉が装置から転がり出ている

というイメージが沸いてしまい、またそのイメージが個人的にツボだったため、「殺傷能力が十分であるにも関わらず誘爆しない、装置も壊れない」という不自然さには目をつぶり、あえて「爆弾」という回答にさせてもらいました。

おそらくは玉の置く場所には奥行きがあったりするのでしょうが。(例えば2列で26個まで置けるとか)


[ゲームの戦略に関して]

場にある玉を容易に増やせるルールである以上、誰かが玉を10個以上集めるという条件は死亡さえしなければ比較的短期間で達成できるはずです。

しかしおそらく主催者は短期間での決着は望んでいないし(ゲーム終了後の謎解きゲームがあるため)、なにより主催者自身が「決着まで10~15日程度と考えている」とも発言しています。

そこで「玉を多く持っているほうが死亡率は高いのではないか」という仮定を立て、少なくとも序盤は玉を増やさないことにしました。

個人的にはこの推測は正しかったと思っていますが、それ以上のルール推測が全くできなかったため玉を積極的に集めることができず負けてしまったとも考えています。


[ルールの推測に関して]

死亡条件というか玉の爆発条件に関してはカウントダウン方式ではなく、もしかしたら各人の行動が爆発条件を決めるのではないかとも思いました。

例えば給付を選択したら自分と両隣の人間に1ポイントずつプラス、譲渡したら譲渡した相手に2ポイントプラス…など。

で、その日のポイントが3ポイントなら黒玉が1つ爆発、4ポイントなら黒玉が2つ爆発…といった具合に。

しかし勝負まで8日という短期間、死亡者も5名と死亡ケースが少ない上、各人の行動の組み合わせは多数なのでこの可能性の検証は諦めました。



Q8.交戦でどちらが勝つかの判定方法

玉を多く所持しているほうの勝ち。

同数の場合はランダム。

という推測しかできませんでした。

id:lionfan

yo-kun様、回答拝見いたします。

Q1 ○(灰色だけ少しミスでしたが致し方なし)

Q2 △(少し違いますがこれも仕方ないと思います)

Q3 ○

Q4 ×(せっかくの機械を破壊はしません。もったいない)

Q5 ○(いい回答だと思います)

Q6 ○(そのとーり!)

Q8 △(同数でランダムはOK。しかし単純に玉の数ではありません)

Q7 ○(これはすばらしい回答でした)

いまのところ、いちばんいい推測だと思います。

2007/10/12 22:43:25
id:kumaimizuki No.4

くまいみずき回答回数614ベストアンサー獲得回数312007/10/11 12:13:30

ポイント300pt

Q1. 黒灰白の玉は、それぞれ何をイメージしたもの?

大雑把にいくと、黒玉は「使えるもの」、白玉は「使えないもの」だと思います。

灰色は、黒玉を『加工』して、長期間保有できるようにしたもの。といった感じで。


食品に例えますと、牛乳でしょうか。

黒玉は、牛乳を購入した状態だとしますと。

数日間、牛乳を冷蔵庫に入れず、放置をしていると腐ってしまいますよね。

この、腐った牛乳というのが白玉になると思うのです。

仮に、牛乳をパン作りに使ったとしましょう。

そうすると、パンとしてはそこそこ日持ちしますよね。

牛乳を何かに加工した状態、というのが灰玉だと思うのです。


もっと分かりやすいのだと、宝くじでしょうか。

黒玉は当選した宝くじ。

灰玉は換金した宝くじ。

白玉は換金し損ねた宝くじ。

黒玉を分割、つまり換金すれば使えますが、黒玉を保持したまま一定期間を過ぎると、換金できなくなります。

そういったイメージを浮かべましたね。



Q2. 白玉が発生する条件は?

はっきりとは答えられないのですが

  • 黒玉を持っていること
  • 同じ黒玉を一定期間(3日間程度?)保有していること
  • その日に行動してはいけないパターンが決められていて、その行動をしたこと

が考えられます。

まず、最初の黒玉を持っているというのが第一条件です。

裏を返せば、黒玉を持っていなければ、白玉は発生しません。

恐らくこれは間違いないでしょう。


次に、一定期間にですが、3日間というのは推測です。

ただ黒玉を保有した後、3日後くらいに白玉が発生しているように思えるのです。

ですから、死亡後も白玉が増えるという現象が起きるものだと考えられます。


最後ですが、これは初日に死亡したpc_sukiさんと。

最初にミスがあった時に死亡したhesodechaさんを見ていて感じたことです。

個人別に、行動してはいけないパターンが決まっていて、その行動をしてしまったから白玉が発生したのではないか。

と、推測したのです。

例えば、初日に黒玉を持っている状態で

  • pc_sukiさんは『分割』
  • hesodechaさんは『待機』

を選択した場合、白玉が発生する。という条件がある気がするのです。

そうでなければ、初日から死亡することは考えられないので。


まとめますと、黒玉を持っている状態で

  • 一定期間保有
  • 禁止行為を行った

場合に、白玉が発生すると考えられます。



Q3. 参加者はどのようなときに死んでしまう?

自らの手で、白玉を発生させた場合に死亡すると考えられます。

白玉を持っただけでは、死亡しないことが、smelloさんの行動で判明していますし。

今回の死亡条件を見ると、白玉が出来たと同時に死亡しているので。

まぁ、偶然被っただけ。という可能性もありますけど。



Q4. 「恐ろしいイベント」とは具体的には何?

よく分からないのですが、もしかしたら。

参加者全員が、給付も分割も行わず、ひたすら交戦や譲渡をし合う状態でしょうか。

上記の理論が正しければ、いつかは全ての黒玉が白玉へと変化してしまうからです。



Q5. ゲーム主催者(架空のゲーム主催者)はどのような人間か?

勝手な推測ですと、よほどの大富豪だと思います。

そして、表向きには出版社の社長といった、書籍関係の仕事をしていると考えられます。

単純に、賞品が『図書カード』だったので。


そして、ルールを知らない10人の人間を集め、こういった醜い争いを仕向けたのだと思います。

自分の利益のために。

裏では、10人の人間を使った賭け事が行われていたと思うのです。

誰が勝者になり、誰が死亡、誰が生存するか。といった賭け事。

今回のゲームパターンですと

No.01 --○

No.02 -○-

No.03 -○-

No.04 -○-

No.05 -○-

No.06 --○

No.07 --○

No.08 ○--

No.09 --○

No.10 --○


※左から順に『勝者』『生存』『死亡』

と、マークした人が賞金を獲得する。といったものです。

もちろん、参加者は主催者同様の大富豪で、この賭け事で動いたお金は何億円にも上ります。


こういった賭け事を裏で行い、莫大な利益を上げていた人物だと思います。



Q6. ゲームの主催者側は何人いた?

上記の通りですので、主催者は一人です。

もしかしたら、協力者が数名いたかもしれませんが。



Q7. その他、気づいたこと、感想等なんでも

4日目に特別給付がありましたよね。

ここで、黒玉が死亡する大前提でないかと思ったのです。

この時、全然ゲームが進んでませんでしたからね。

理由としては、死亡するのに必要不可欠な黒玉を、数人の人しか持っていないから。

いくら、禁止されている行為をしても、死亡に繋がらなかったのです。

そこで、黒玉を供給して、ゲームを展開させようとした。と考えたのです。

だからこそ、わたしは次の日に、あえて主催者に玉を譲渡したのです。

危険を冒して、玉を10個集める確率よりも。

玉を持たずに最後まで生き残る確率の方が高いと考えたからです。

最終的には、10個集められて、生存こそしたものの勝者にはなれませんでしたけどね。


ちなみに、募集時には「10日~15日」って書いてあったので。

特別給付があったにしろ、8日で終わったのですから、早い展開だったのではないでしょうか?

さすがに3日目くらいは、ぐだぐだした感じはありましたけど(笑)

仮に、今度やる時は「玉を一定期間持たないと死亡する」という条件も必要かもしれませんね。



Q8. 交戦でどちらが勝つかの決定方法

はっきりとは分かりませんが、黒玉を持っている数の多い方が勝利。という判定方法だと思います。

実際、黒玉 vs 灰玉という戦いがなかったので、純粋に玉の個数かもしれませんが。

id:lionfan

kumaimizuki様、回答ありがとうございます。

Q1 △(ですがとても面白い回答だと思います)

Q2 ×(すみません、あとで正解を聞いたら怒ると思います・・・)

Q3 ○

Q4 ×(これはこちらの質問もあいまいでした)

Q5 ○(出版社の社長・・・というのが笑いました。副賞はあんまり関係ないです。

   単に郵送費が安いですし、たくさん持ってましたし、

   ツブシがきくと思いましたので)

Q6 ○(そのとおりです)

Q8 ○(ほぼそれで正解です)

Q7 ○(黒玉=死亡 はgood)

これもすごく良い推測でした。みなさん賢いですね。

2007/10/12 22:49:05
id:hokuraku No.5

hokuraku回答回数530ベストアンサー獲得回数972007/10/12 01:03:03ここでベストアンサー

ポイント400pt

後半戦仕事と風邪でドロップアウトした役立たずサポータでしたが、hiddさんが生き残って何よりでした。

とりあえず仕事も一段落したので謎解きを考えてみます。


今回の拠り所としたのは

http://q.hatena.ne.jp/1191493504#a766111

の主催者のレス「図とプログラム実行をいたします。」の言葉。

一定のルールに従っている判定であれば「プログラム実行」はなくてもできそうなものを、なぜ「プログラム実行」するのか。

おそらくここに、「ランダム要素」が潜んでいるのではないでしょうか。


さて、それではお題への回答です。

Q1. 黒灰白の玉は、それぞれ何をイメージしたもの?

黒玉は導火線に火のついた爆弾。

灰色は導火線の火の消えた爆弾。

そして白は爆発した燃え殻。


Q2. 白玉が発生する条件は?

火のついた爆弾(黒玉)が爆発したとき。


ゲーム的には、黒玉がある条件で白玉になる。そしてこの条件にはきっとランダム要素が入っているのではないでしょうか。

暴発率○%、というパターンも考えましたが、pc_sukiさんのもっていた黒玉が後半で次々と爆発しているところからすると、黒玉にはランダムで寿命(爆弾のイメージなら「導火線の長さ」)が決まっていて、それが残り0になると爆発するのではないでしょうか。


Q3. 参加者はどのようなときに死んでしまう?

手持ちの黒玉(爆弾)が爆発したとき。


Q4. 「恐ろしいイベント」とは具体的には何?

イメージどおりならば爆死でしょうね、やっぱり。


Q5. ゲーム主催者(架空のゲーム主催者)はどのような人間か?

爆発物マニアか戦争マニアでしょうか。

自分で爆発物を作れる程度の化学の知識を持ち、必要な薬品を手に入れられる立場にある人間でしょう。

10人の人間を監禁し、かつ周囲に爆発があっても不審がられない程度に人のいない、または大きな土地を所有し、妙な装置を作れるか作らせることのできる人間です。

イベントが深夜~朝に集中していることから、昼間は別のこと、おそらく仕事か何かをしているのではないでしょうか。


Q6. ゲームの主催者側は何人いた?

人を殺害するという危険を冒すことから、少人数もしくは単独の可能性が高そうですが、施設を考えると大規模なグループの可能性も否定できません。

しかしながら、Q5のプロファイリングからすると大規模なグループとは思えません。


昼に主だった行動はできないが食事を給付することはできることから、2人以上の少人数でしょう。夫婦かもしれません。



Q7. その他、気づいたこと、感想等なんでも

参加者だったらやってみたかったことがひとつだけ。

1:10から1:20の間にレバーを譲渡から交戦に移すことはできたのでしょうか。

同様に、一晩に複数の行動ができたのか、と。


Q8. 交戦でどちらが勝つかの決定方法

黒玉と灰色玉のイメージのとおり、戦争は兵器の量で勝敗が決まるのではないでしょうか。

たとえば、黒玉は2点、灰色玉は1点として合計点の多いほうが勝ち、ということで。

ひょっとしたら灰色玉は戦力にならない可能性もあるのですが、これは検証できるデータがないので憶測です。


さて、大外しだったら恥ずかしいことこの上ない…

id:lionfan

hokuraku様、回答ありがとうございます。

Q1 ○(灰色だけすこし違いますが仕方なし)

Q2 ○(完全な正解)

Q3 ○(実におみごと)

Q4 ×(これは違いました。高い装置ですし建物も壊れてしまいそうなので)

Q5 △(かなりいい推測をしていると思います)

Q6 △(こちらの想定とは違いますが、実に魅力的な答えで、

   こちらを正解にしていくらいです)

Q8 ◎(完全に正解です)

Q7 それはできませんでした。01:00になるとレバーは固定されます。

  ですので後出しはできません。

主要な部分がすべて大当たり!!

実に名推理でした。

2007/10/12 22:54:04
id:EMYL No.6

EMY回答回数85ベストアンサー獲得回数112007/10/12 16:57:41

ポイント200pt

実はほとんどわかってないんですが、わかる範囲で思いつきを。

Q1. 黒灰白の玉は、それぞれ何をイメージしたもの?

分裂することと、持ち主を殺すことから、ガン細胞、あるいはプリオン蛋白分子。

黒玉は正常な細胞(正常プリオン蛋白)で、灰色はふつうに分裂したときの状態。

譲渡により他者に渡された黒玉は突然変異で邪悪な病原物質となり、受け取り手を殺し、変性する。白玉は変性した細胞(分子)。

主催者から給付された黒玉は、通常は病原性を持たない正常な細胞(分子)だが、特別給付の時だけ一部の人に毒性が発現・・・と我ながら、あんまり整合性のない説明ですね。


Q2. 白玉が発生する条件は?

他の参加者から黒玉が譲渡されたときに、受け取り手が死ぬと発生する。

すでに白玉を持つ死者が他にもいくつかの黒玉を持つ場合、何日か経つとその黒玉が少しづつ白玉に変色。これは、異常プリオンとの接触により正常プリオンも徐々に異常プリオンに変化するようなものかな。

主催者からの特別給付の時にも二人の死者が出ているが、z396さんは白玉一つ、miharaseihyouさんは白玉二つになった。miharaseihyouさんの両隣は白玉の持ち主であることから、白玉を持っている人に両側から挟まれると、黒玉が一つ白玉に変わる、というオセロのようなルールもあるのかも。


Q3. 参加者はどのようなときに死んでしまう?

確実なのは、別の参加者から黒玉を譲渡されたとき。

主催者から特別給付で受け取った黒玉では、全員が同時に黒玉を受け取ったにもかかわらず、二人だけ死者が出た。

なぜ、この二人に?この場合のルールはわかりませんでした。


Q4. 「恐ろしいイベント」とは具体的には何?

複数の主催者が、つぎはどんな方法で戦いが進行するかと残酷な想像をめぐらせ、誰か死ぬか死なないか、死ぬなら誰かと賭をしている。


Q5. ゲーム主催者(架空のゲーム主催者)はどのような人間か?

参加者たちの知恵比べによる生き残りを見て楽しむというちょっと傲慢で変わった人物。


Q6. ゲームの主催者側は何人いた?

はじめは一人だと思っていたが、特別給付の時に二人にだけ悪い黒玉を紛れ込ませたのはもう一人の主催者かもしれない。というわけで、二人かな。


Q8. 交戦でどちらが勝つかの決定方法

持ち玉の数が多い方の勝ち。

持ち玉数が同じ時は、交戦宣言をした人の勝ち。

ただし、同数の人が同時に交戦宣言をしていたときはどうなのか?これはそのようなケースがなかったのでわからず。


Q7. その他、気づいたこと、感想等なんでも

サポーターとしては、もう少し、長くゲームが続いてほしかったなあ。

参加者の皆さんは、想定しうるいろんなケースを試されていたと思いますが、出現しなかった組み合わせやケースもありました(灰色玉を譲渡したらどうなるのか、譲渡が相互に起こったらどうなるのか、譲渡後に交戦して取られた玉の殺傷能力など)。そういった事例をもっと見て、謎解きを続けたかった気がします。

今のところ、謎はさっぱりわからないままで、ちょっと悔しいです。

ゲームの初期は運の要素も大きかったと思いますが、黒玉譲渡による死亡と、交戦時の勝敗ルールが見え始めた時点で、それを知った上で、誰がどのような行動を取るかという心理を読むのがそれ以降の戦略になりましたね。

最後まで勝ち残ったsmelloさんはルールの読み、心理の読みに一歩先んじておられたということでしょうか。お見事でした。

また、こういった新しいゲームを次々に思いつくlionfanさんにも感謝と賞賛を。

id:lionfan

EMYL様、これまた難しいことを考えられましたね。

出題者の頭の悪さを考慮いただければ良かったと思います。

回答ありがとうございます。

Q1 △(思いもよらなかった説で、読んでて楽しめました)

Q2 ×(すみません、単にランダムだったのです)

Q3 ×

Q4 ×(これは違いました。別に賭けはしていません。犯罪がバレやすくなるので)

Q5 △(まあまあの推測だと思います)

Q6 △(ぐぬぬ、やはり特別給付はしないほうが良かったかな・・・)

Q8 △(これはもう少し複雑でした)

Q7 今回は前回のにくらべ、あまりできは良くないと正直思ったのですが、

  前回から1年以上が経ち、これ以上、迷宮脱出をやらないでいると、

  自分の中でどんどんハードルが高くなって、

  永久に新作を出せないように思ったので、やってしまいました。

2007/10/12 23:00:12
id:smello No.7

smello回答回数34ベストアンサー獲得回数62007/10/12 19:57:43

ポイント300pt

ギリギリまで考えていますが、あまり形になりませんでした。

会社で考えているのが悪いのだろうか?(←普通に悪い)


Q1. 黒灰白の玉は、それぞれ何をイメージしたもの?


 色だけのイメージですが、雨/雲/雪とします。

 雨雲を2つに分けて弱まり、普通の雲に。

 実際、なんなのか楽しみです。


Q2. 白玉が発生する条件は?


 結局分からなかった・・・

 最低条件は、「黒玉を持っていること」

 譲渡は関係ない気が。 


Q3. 参加者はどのようなときに死んでしまう?


 黒玉が白玉になるとき。

 人が死ぬから黒玉が白玉になるのではなく、逆。


Q4. 「恐ろしいイベント」とは具体的には何?


 それはもう、ここに書けないくらい恐ろしいことなので、、、

 Q1.が合ってるなら、「凍死」でしょうけど。

 でもそれじゃ、奪った私も死ぬはずだし・・・


Q5. ゲーム主催者(架空のゲーム主催者)はどのような人間か?


 4日目の私の提案に乗ってきたことから、

 「ゲームを盛り上げること」を第一と考えている快楽主義者、

 また、予想外の提案を受け入れることのできる柔軟な思考の持ち主。

 与える情報を絞って参加者の混乱を楽しむ独裁者肌。

 装置を作成、実施空間/賞金を準備、ゲームの実行に数日を費やせることから、

 ドロップアウトした小金持ち。

 

Q6. ゲームの主催者側は何人いた?


 数十人。

 主催者1人、観客(ゲスト)数十人。

 イメージはカイジの鉄骨渡りw

 裏で我々の誰が生き残るか、賭けの対象になっていたに違いない・・・


Q7. その他、気づいたこと、感想等なんでも


 「死亡した」ことは、主催者の一方的な連絡。

 皆さん、実際には生きていてもおかしくない気がします。

 あと、意外と生き残った方が多いまま終了しましたね。

 事前予想では、少なくとも3人になるまでは決着しないと思っていました。


Q8. 交戦でどちらが勝つかの決定方法


 決定方法1. 玉の多いほうが勝ち

 決定方法2. 玉が同数の場合、交戦を申し込んだほうの勝ち

 決定方法3. 玉が同数の者が2人以上で、以下のような場合は互角になる

  ○お互いを交戦相手に指名

  ○A⇒C、B⇒Cの指名で、Cの玉が少ない

  ○A⇒B、B⇒C、C⇒D、D⇒Aの指名で、A=C>B、D

 これは、ほぼ間違いないでしょう。



私は結局、『「交戦」の勝敗条件は上記の通り』

『灰玉、白玉が原因で死ぬことは無い』と考えて、

灰玉、白玉集めに決め打ちしただけでした。

勝者の読みが中途半端で、モウシワケアリマセン・・・


あと、なぜか「そして誰もいなくなった」のイメージが頭から離れませんでした。

一人づつ消えていく、10人の参加者って舞台設定のせいでしょうね。

id:lionfan

smello様、このヒトは。

れまた難しいことを考えられましたね。

出題者の頭の悪さを考慮いただければ良かったと思います。

回答ありがとうございます。

Q1 ×(正解で示します)

Q2 ×(これは単にランダムです)

Q3 ○(因果関係はきっちり正解です)

Q4 ×(これは違いました・・・)

Q5 △(妥当な推測だと思います)

Q6 ×(いや、1人でした)

Q8 △(すみません、もっとずっと単純でした)

Q7 こちらも生存者が思ったより多かったのは意外でした。

  3人くらいにはなると思ってました。

 

2007/10/12 23:03:55
id:rikuzai No.8

りくっち回答回数1366ベストアンサー獲得回数1412007/10/12 22:24:30

ポイント300pt

すいません・・・泣き落とししたのにたいしたことが書けそうにないです・・・orz

そして全く根拠がない・・・。

でも参加することに意義がある!ということで。


Q1:玉のイメージ


それぞれの玉はある特定のガスが封じ込まれているカプセル。

黒玉はプレイヤー特定の黒色に着色された毒ガスが封入されている。

灰色玉はこのガスが黒玉の半分の濃度。

白玉は空。


Q2:白玉の発生条件


条件はとうとうわからず。

イメージとしては、それぞれのプレイヤーに相対するプレイヤー、

もしくはグループがあり、特定の条件内で(これがわからない)、

プレイヤーの黒玉と相対するプレイヤーの黒玉が出逢うとカプセルからガスが噴出。

黒玉の中身は空となり、白玉になる。


Q3:死亡条件


黒玉が白玉になったとき。

なので、既に空になった白玉では死亡しない。


Q4:恐ろしいイベント


・・・毒ガス地獄・・・・。


Q5:主催者


冷徹な人間観察者


Q6:主催者側の人数


主一名と作業者が一名。

作業者は主に心酔している。



先にQ8:交戦の勝敗条件


交戦状態になったプレイヤーの中で、一番玉を多く持っていたものが総取り。


Q7:感想


まずはlionfanさん、いつも難問と素敵な場を提供してくださってありがとうございます。

今回もお世話になりました。最後の最後までどん尻で申し訳ないです。

待っていただいた割りにたいした回答じゃないし・・・。

もっと精進します。

よかったら「はてなの○○さん。」絶賛開催中なので、ポイント奪いに来てください(*^_^*)


プレイヤーの皆さん、長い間お疲れ様でした。

自分が死亡した後本当にタイミングよく旅行に出てしまったので、

その後の経過まで終えていなかったのですが、

今日やっと最後まで目を通すことができました。

みなさんの権謀術数の迷宮楽しませていただきました。


それからサポーターをしてくださったid:Zeldaさん、id:kkk13fさん、id:tadataraiさん。

みなさんは迷える私の救いでした。本当にありがとうございました。


このゲームについてですが、lionfanさんは心理戦で色々かけひきがあったりするのを見たいのだろうなぁと思っていたので、

できるだけ早くルールを把握しないと、と思っていたのですが、

ダメでしたね~。

惜しむらくは、ルールがわかっていたら、6日目で「給付」でなく「分割」を選び、

生き残っていたのかも(っていうか勝っていたかも?)という気がしないでも・・・。

(いや、全然ちゃんとした根拠はないんですが)


今度は是非純粋に心理戦を楽しめるようなルール開示型で、

lionfanさんご自身もプレイヤーになって楽しんでみたいです。

(ちなみに「レイトン教授」は全クリアしました。・・・そんな暇はあったのかという突っ込みはナシの方向で)



以上、rikuzai最後のアガキでした!

id:lionfan

rikuzai様、ありがとうございます。

こちらも明日の仕事に追われていたので、正直、助かりました。

Q1 ○(ほぼ正解です。ことに灰色の玉がいいですね)

Q2 ×(単にランダムです)

Q3 ○(正解です)

Q4 ○(偶然かもしれませんがビンゴ!!)

Q5 △(けっこーフツーの人間です)

Q6 ×(いや、1人でした)

Q8 △(惜しい)

Q7 そうですね。自分も参加側にまわりたいので、

  みなさんもぜひゲームのアイデアを提案してください。

  ゲームの募集質問、立ててこようかな・・・。

2007/10/12 23:08:21
  • id:pc_suki
    最後の謎解きにチャレンジしてみたいと思います!

    が・・・あたなが弱いもので・・・(汗)

    でも解る範囲で頑張ってみたいと思います!

    主催者さん、そして皆さん本当に御苦労さまでした!
  • id:lionfan
    すみません、

    Q8. 交戦でどちらが勝つかの決定方法

    も書いていただければと思います。
  • id:hokuraku
    締切はいつの予定でしょうか?
    あと少し課題が残っているのですが、締切時間に合わせてできた分だけでも提出したいと思いますので…
  • id:hokuraku
    ↑思い込み度120%で回答してみました。
    どれくらい自分が暴走しているか楽しみです。
  • id:lionfan
    了解です。締め切りは金曜日の20:00といたします。
  • id:rikuzai
    すいません、今帰宅しました。
    もう少しだけ待ってください~(>_<)
  • id:lionfan
    了解です。rikuzai様の回答があるまで
    あと100年でも待ちます!!
  • id:smello
    しまった、私も泣き落とせばよかったw
  • id:lionfan
    こちらの想定していた正解を示します。


    Q1. 黒灰白の玉は、それぞれ何をイメージしたもの?

    黒・・・爆弾。
    白・・・真っ白に燃え尽きた灰。
    灰・・・爆弾。ただし黒玉よりも安全。


    Q2. 白玉が発生する条件は?

    黒玉は毎日、確率10%で爆発し、白玉に変わる。
    灰玉は毎日、確率5%で爆発し、白玉に変わる。
    (今回のゲームで灰玉が1つも爆発しなかったのは、すごい偶然によるもの)


    Q3. 参加者はどのようなときに死んでしまう?

    爆発した玉を持っていたとき。


    Q8. 交戦でどちらが勝つかの決定方法

    黒成分(黒球・・・1、灰玉・・・0.5、白玉・・・0とカウント)を
    多く持っているほうが勝つ。同じだったらランダムに決定。


    Q4. 「恐ろしいイベント」とは具体的には何?

    装置左上の紫の網から毒ガスが出る。爆死ではない。
    http://www.nurs.or.jp/~lionfan/game01_tw.png
    なお色が紫のなのはガスのイメージのため。


    Q5. ゲーム主催者(架空のゲーム主催者)はどのような人間か?

    かなり夜型の人間。
    02:00~06:00ごろまで寝て、昼までは死体処理等を行い、
    また夕食前まで昼寝をしている怠け者。

    凝った装置を作る割には、妙なところでケチ。

    主要なイベントが7時前に終わったり、
    また勝者・生き残りの解放が06:55なのは、
    どうせ死んだり解放したりする人にメシを喰わせるのも勿体無い、という、
    とてつもないケチな精神によるもの。


    Q6. ゲームの主催者側は何人いた?
    1人だけ。共犯が多いと発覚しやすくなるから。


    Q7. その他、気づいたこと、感想等なんでも

    今回、こちらが仕掛けたミスリードは

    [1] 死者の玉が没収されない・・・つまり、死者に交戦を申し込むことができる

    [2] 勝負と生死の関連が薄い・・・
       勝負に負けても死ぬわけではないし、勝つとむしろ死ぬ確率が上がる
       ゆえに「負けない」と「最終的に勝つ」の間に大きな開きがある

    [3] 途中で玉を多く集めればいいわけではない
      「最終的に10個、玉を集めれば勝ち」と聞くと、
      「途中でも10個に近ければ近いほどよい」
      という印象を持ってしまいがちであるが、それは罠である。

    [4] 灰色の玉の意味
      黒玉だけだとあまりに「爆弾」と見抜かれやすいと思い、
      また同数の勝負になることが多いと思ったので、
      0.5を入れ、差をつけやすくした。

      たとえば自分以外の全員が白玉をかかえて死んでしまったら、
      玉のいちばん安全な集め方は、
      白玉の持ち主につぎつぎ交戦をいどみ(負けてもよい)、
      白玉を一カ所に集め、
      最後に灰色の玉1つだけを持って、
      白玉の持ち主に交戦を申し込むことである。
  • id:rikuzai
    ・・・本当に分割していたら死ななかったかも~
    しかしそうか・・・玉自体にランダム要素でしたか。
    は~以前がプレイヤーとの相関だったので思い込んでいました。
    でもスッキリー!
  • id:miharaseihyou
    玉にランダムな要素があるのは分かっていたのですが、危険率やロジックが読めなかった。
    灰色球は爆発率ゼロだと勝手読みしていました。
    ジャンケンのような関係で交戦時の勝敗にも影響するポイントも兼ねていると予想していました。
    そこで分割して灰色球を持った状態での変化を探ろうとしたのですが、運悪く黒球が爆発してしまったのですね。
     
    闇の中で手探りで道を探す。探しながらも爆弾を抱えている。スリル満点でした。
    rikuzaiさんが最初から玉を集めていても爆発しなかったので、何かしらのロジックが存在するのではないか(例えば黒と灰の割合とか獲得したときの獲得方法で変化するなど)と、これも勝手読みしていました。実際にはランダムだったのですね。
     
    いろいろ考えるだけでも楽しかった。
    本当にありがとうございました。
    あと、(たぶん)奥さんにも感謝を。
    お世話になりました。
     
     失礼します。
     一礼
  • id:lionfan
    「迷宮脱出Ⅰ」の次の日から、新たなアイデアはないか・・・と、ずっと考えていました。

    ゴールははっきり決まっていて、つまり原則としては「n人から1人を選択する必要がある」ということです。

    で、そのためには、基本的には(n-1)人が死ぬ必要があり、
    たとえば戦国時代だったら、(n-1)人の首をとる、ということであろうなあ、
    でもそれは生々しいなあ。
    そこらへんをもう少しマイルドに・・・と考えて、「玉」にしました。

    いわば、他人が死を(n-1)個、集めてきたら許す、という発想です。

    また、安全な場合は勝可能性が低く、勝つためにはリスクが高くあるべきだ、ということも考えました。
    そこで今回のようなルール設定となったのですが、爆発をランダムにしたことは、少しまずかったかもしれないと反省しています。
  • id:EMYL
    たはは、単純なところを難しく考えすぎ、複雑なところを単純に考えてしまっていました。でも、過分な配点ありがとうございます。
    今回の黒玉爆発は「ランダム」だったということなのですが、爆発させる玉の決定はどのようにして導き出されたのでしょうか。
    乱数発生プログラムを使ったとか、その決定のプロセスも種明かししていただけると、「主催者が最初から生き残る人を決めていた」疑惑が晴れると思うのですが。
  • id:hokuraku
    っと、いるかまで頂いてしまいました、ありがとうございます。

    黒白のゲーム開始当初のイメージは対立軸、miharaseihyouさんのような生死のイメージでした。
    回答の少し前までは「爆弾」ではなく「核兵器」のような戦争イメージだったのですが導火線説を採用したためこれは捨ててしまいました。


    途中のサポータいわしでの妙に自信ありげな「わかった!」セリフは結果的に大外しでしたが、以下のような予想でした。

    (1)交戦の勝敗
    そのときの行動パターン。待機>譲渡>交戦>分割>給付の順で勝負がつく。
    このため、自動的に「待機」となる死者には勝てない。
    無欲な行動(待機、譲渡)をしている人には勝てない。

    (2)生死条件
    それぞれの参加者は、別の人の命(黒玉)を持っていて、その黒玉が分割されると死亡。
    給付された黒玉は誰のものでもない。


    ランダム要素が入ってると予想したのは回答にも書いたlionfanさんのセリフと、2択ゲームのときのルールの好みからです。
    プログラミングが好きなlionfanさんがプログラムを走らせるとしたら、きっとランダム関数を使うためだろうな、と。

    それにしても、暴発率が設定されていたのは予想外でした。
    10%程度の暴発率は考えても見たのですが、pc_sukiさんの手持ちの黒玉が10個以上あるのに数ターン爆発しないことから、ゲームに耐えうる暴発率とは思えなかったので…。


    つらつらととりとめもないことを書いてしまいましたが、lionfanさま、参加者の皆様、お疲れ様でした!
    (私もlionfanさんに参加していただけるような魅力的なゲームを思いつきたいものです…)
  • id:soft77
    なぁーーーんだ やっぱり主催者の
    腹一つで結果が変わる
    『ルールのないゲーム』
    だったってことかw
    あーあー付き合わされて損したよ

    まーでも大量にポイントもらえたから別にいいけど

    おい、lionfan !
    次はもっと一定のルールを決めてからやれよ!
  • id:hokuraku
    ルールが分からなかったのなら分からなかったと素直に黙ってればいいのに…。


    まぁそれはそれとして、確かにランダム要素というのは外部から見て勘ぐられるおそれがあるのは確かでしょうね。
    (lionfanさんがすでに「あまり良くなかったかも」と考えてらっしゃるようですし、別に責めるつもりは少しもないのですが)

    とはいえ、私もゲームのルールを作ってみてるはしくれですが、ランダム要素を完全に排除することはゲームの面白みを損なってしまうことにもなります。
    (もしsoft77さんが一切のランダム要素を排除して、かつ面白いゲームを作成できたのなら、まさに賞賛に値します!ぜひ考えてみてください。)

    はてなでゲームが行われるときは、主催者さんの公平性を信用した上で参加することが、これまでも、これからも大事なことなのではないでしょうか。
    これだけ数多ある質問の中で、主催者が信用できないというなら質問ページを見なければ良いだけのことです。

    どうぞ、片目をつぶって人力検索にご参加ください。
  • id:soft77
    >hokuraku

    お前ヴァーカ?

    一定のルールって書いてるじゃねえかよ

    ランダム要素を完全に排除って誰が言った?

    あまりにも主催者のミスリードが多いのと
    重要な箇所をミスリード(主催者の腹ん中)
    で決めすぎてないか?ってことだよ

    これでゲームって言えるのか?

    ったく・・・どいつもこいつも主催者を援護しちゃってさ

    hokuraku お前だって主催者の回答を見て「少なからず」思っただろう?ハァ?って
  • id:hokuraku
    あ、なんか楽しそうな人がいるなぁ。


    >ランダム要素を完全に排除って誰が言った?
    soft77さん宛に書いた言葉のように捕らえられてしまったみたいですね。失礼しました。
    まぁ、確かに誤解を受けそうな文章でしたのでその点は謝ります。すいません。


    >あまりにも主催者のミスリードが多いのと
    ミスリード、というのは混乱させるために「敢えて」間違ったほうに導くことだと思っていたのですが、どうも原義的には「敢えて」という意味は必ずしも入ってないようですね。勉強になりました。
    http://tool.nifty.com/oyakudachi/webapp/dictionary/search?book2=2&book3=3&book1=1&book0=0&word=%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89&option=0&page=0&item=


    >hokuraku お前だって主催者の回答を見て「少なからず」思っただろう?ハァ?って
    別に特段の感慨はないですけどね。soft77さんより感性が弱いんでしょうね、私は。
    今回のルールの中にランダム要素が含まれていることは予想できてましたし、それが比較的大きな位置を占めている可能性があることは過去の出題傾向からも分かってましたし。

    でもまぁ、soft77さんが真剣にルールを解こうと考えていたなら、それが不確定要素にも支配されていたと分かったときに残念がるお気持ちは分かりますよ。
    今回はともかく、以前の2択ゲームのときは「ランダム要素かぁ…」と脱力した憶えはありますので。
    ひょっとしたらsoft77さんは私と思考パターンが似てるのかもしれませんね。無意識のうちに規律を求めるというかそんな感じで。


  • id:kumaimizuki
    くまいみずき 2007/10/13 08:51:03
    http://jinriki-games.g.hatena.ne.jp/kumaimizuki/?word=%2a%5b%e8%bf%b7%e5%ae%ae%e8%84%b1%e5%87%baII%5d


    一応、今までの考察とかを公開してみました。
    興味のある方はどうぞ(笑)
  • id:soft77
    おい lionfan

    何でコメントしないんだ?

    てめぇーの不甲斐無さを認めたくないのか?

    それともヴァーカは相手しなくないのか?w

    っていうかさーお前プロフにかなぁーろ格好イイ

    経歴かいてるけど、その経歴にミソ(クソ)つけてるもんじゃねーの?

    お前の問題をお前自身の優越感に浸る道具にしてるだけだろう?

    回答者も本当にこれで納得してるのか?

    こんな、いい加減なルールの元で踊らされ、挙句の果てに

    質問(まー回答までの意)を書かされてさ。

    俺でもこんなバッカな問題出さないぜ。

    じゃー思い切ってアンケートしてみようか?w

    この問題、果たしてどうなのか?って

    もし、本当にそう思う回答者がいるなら、のっかりしてくれ。

    もしいないなら諦めるよ。

    もし、いれば、これはこれで面白いけどねw

    で?lionfan、答えろよ

    質問者として答える「義務」はあるんじゃねーの?

    お前の設定のふがいなさいと、これだけつつかれる問題に対してさ
  • id:hokuraku
    じゃあ、参加者10人に記名投票で。
    関係ない人に聞いてもしょうがないですからね。
    何でしたら私が人力検索で立ててあげましょうか?
  • id:miharaseihyou
    私はsoft77を回答拒否のリストに追加しました。
    皆様も追従されることをお勧めします。
  • id:soft77
    >hokuraku
    是非、人力立ててくれ。よろしく!


    では、私も同じように

    私はmiharaseihyouを回答拒否のリストに追加しました。
    皆様も追従されることをお勧めします。

    こんなことを書くなんて・・・
    あんたもsoft77と同類だな・・・
    by主催者&参加者

    って思われてるぜw
  • id:hokuraku
    わかりました。今は少し忙しいので週明けてからでいいですかね。

    ところで確認なのですが、soft77さんは
    http://q.hatena.ne.jp/1191850209#c104958
    のコメントのとおり、この一連の質問に参加された方のサブアカウントと見ていいのですよね。
    つまり、
    rikuzai
    hidd
    kumaimizuki
    yo-kun
    hesodecha
    pc_suki
    kurosawa666
    smello
    z396
    miharaseihyou
    PeterWinch
    lilybells
    EMYL
    hokuraku
    のいずれかのサブアカウントだということで。
    (イエスかノーだけで結構ですよ)
  • id:soft77
    イエーーース
  • id:hokuraku
    ありがとうございます。
    でもちょっと私は疑り深い人間なので、念のためベリファイさせてください。
    これから先ほどの13人(私以外)全員にポイント送信でメッセージを送るので、そこに書いてあるキーワードを書いてもらえますか?
  • id:hokuraku
    あ、書くのはsoft77さんだけで結構ですよ、念のため。
  • id:hesodecha
    週末は所用のためはてなを見ていなかったのですが、今更ながら日記をパブリックにし、そちらに書かせていただきました。

    要は、まったく読めていなかったということです。ぐすん。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

  • 迷宮脱出ゲームⅡ-10 smelloメモ 2007-10-12 23:13:37
    And Then There Were None. 8日間の思考足跡。 ■1日目 (思考) ルールの提示は最低限のみ、利根川式だな。 しかし、23時に問題提示で25時までに回答?(←勘違い) 玉は無いし、取れる戦略は
  • 迷宮脱出ゲームII・行動指針などなど へそでちゃをしばく! 2007-10-15 08:35:45
     週末は所用ではてなを見ていなかったので、今更ですが書き綴ってみます。 全体的なミスリードについて  lionfanさんの思考パターンを完全に読み違えていたことが最大の敗因です。  
「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません