~眼科で使われる「ミドリン」や「ワック」~



現在、子どもの近視への対処として眼科で使われている「ミドリン」や「ワック」ですが、

・これらは、本来は検査のための薬や器具であるはずですが、いつ頃からどんな経緯で、近視への対処用に使われるようになったのか

・これらが導入される前は、子どもの近視に対してどんな治療やアドバイスが眼科で行われていたのか

わかる方、ぜひ教えてください。
専門家の方、事情に詳しい方からの情報を、お待ちしております。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/10/15 12:32:19
  • 終了:2007/10/22 12:35:04

回答(2件)

id:KUROX No.1

KUROX回答回数3542ベストアンサー獲得回数1402007/10/15 12:46:49

ポイント35pt

http://www.siryoku-up.com/midorin.htm

散瞳薬で、眼底検査のために、瞳を大きくするために

用いたりしますが、

昔から、仮性近視の疑いがある場合は、よる寝る前に

散瞳薬を用いる治療方法は行われていました。

効果があるかどうかは2週間とか1ヶ月とかぐらいの

短期間でわかるので、それ以上使用しないと思いますが

現状は知りません。

最低でも15年前には行われていました。

実際にそれで視力が回復する確率は低いはずですけど。

id:izumiken

「どのように使われるのか」「効果はあるのか」という質問ではありません。


これ以後、回答していただける方は

「基礎レベルの知識はすでに得ている」人間への回答と想定してください。

2007/10/15 13:06:27
id:minkpa No.2

minkpa回答回数4178ベストアンサー獲得回数552007/10/17 16:14:47

ポイント35pt

ミドリンやワックが使われる前は、「遠くを見る」などのかなり原始的なアドバイスしかありませんでした。

近視は治らないものとされていましたからね。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません