マウスの実験で生まれてからしばらく光を遮断してすごさせるとその後も目が見えなくなってしまうということを証明した論文を教えてください。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/10/20 19:06:59
  • 終了:2007/10/25 10:32:11

回答(3件)

id:arainswk No.1

arainswk回答回数93ベストアンサー獲得回数32007/10/20 22:18:03

ポイント27pt

どの論文かはわかりませんが

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%8...

ヒューベルとウィーセルの実験

http://www.crn.or.jp/LIBRARY/KOBY/HAJIME/cbs0059.html

id:chibino

ありがとうございました。

1つ目のURLはなぜかたどりつけませんでしたが、2つ目の方で参考になりました。

2007/10/20 22:54:57
id:MEI-ZA-YU No.2

MEI-ZA-YU回答回数4731ベストアンサー獲得回数7502007/10/20 23:59:37

ポイント27pt

HubelとWieselの事は検索ですぐに見つかっていたのですが

論文がわからないので答えられませんでした・・・


とりあえず下記の情報を参考に


『脳の発達には臨界期がある』

http://www.pri.kyoto-u.ac.jp/brain/brain/21-2/index-21-2.html

id:chibino

論文があるといいのですが、とりあえずこれらの情報で探してみます。

助かりました。

2007/10/21 14:40:21
id:kanan5100 No.3

kanan5100回答回数1469ベストアンサー獲得回数2752007/10/22 01:01:21

ポイント26pt

http://www.ie.osakafu-u.ac.jp/~ichi/ninchi.htm

A.H.Riesen,暗室で16ヶ月間育てられたチンパンジーは視覚がほとんど失われた.一次視覚野や視覚連合野のニューロンの光感受性が異常で,ニューロンの樹状突起の発達も悪い.

http://thebrain.mcgill.ca/flash/capsules/experience_rouge05.html

Austin Riesen reared monkeys in darkness for the first 3 to 6 months of their lives. When these animals were then introduced into a normal environment, they had great difficulties in distinguishing even the simplest shapes. It took them weeks or even months to learn how to tell a circle from a square—a task that a normal monkey learns in a few days.

こちらの文献には、幼少時の視覚遮断についてまとまって書かれています。

http://neuro.psychiatryonline.org/cgi/content/full/13/2/290

Similar results were later obtained in monkeys by Austin Riesen and his colleagues,19 who reared newborn chimpanzees in the dark. By three to four months of age, the normal chimpanzee readily learns to discriminate among visual stimuli and between friends and strangers. The infant chimpanzee recognizes and welcomes its caretaker but shows fear and avoidance of strangers. A chimpanzee reared in the dark for over a year and then restored to a normal environment does not learn readily to recognize and avoid objects and cannot discriminate vertical from horizontal lines.

Riesen AH: Plasticity of behavior: psychological aspects, in Biological and Biochemical Bases of Behavior, edited by Harlow HF, Woolsey CN. Madison, WI, University of Wisconsin Press, 1958, pp 425-450

id:chibino

要望にぴったりの論文で大変助かりました!

有難うございました。

2007/10/22 09:03:44

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません