アメリカの信託法で扱われている分別管理義務についての、できれば日本語での文献を探しています。

詳しい文献があれば教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人3回まで
  • 登録:2007/10/29 20:56:21
  • 終了:2007/11/03 11:08:34

ベストアンサー

id:speed-0 No.2

speed-0回答回数312ベストアンサー獲得回数222007/10/30 20:53:57

ポイント65pt

現代アメリカ信託法

http://www.amazon.co.jp/%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%...

アメリカ信託法ノートII

http://www.koubundou.co.jp/books/pages/35269.html

はじめに

  1 内容

  2 方法

1章 受託者の義務-総論 

  1 受託者の義務-概観

   ◆受託者の義務の分類

  2 受託者義務に関する基本条項

  3 信託開始時における受託者の義務

   ◆受託者になったら

  4 信託財産の保全義務・分別管理義務

   ◆信託財産明示義務・分別管理義務の区分

   ◆信託財産明示義務・分別管理義務の果たす機能

   ◆これからの義務の性格論

   ◆ノミニーの利用

   ◆分別管理義務の意義

  5 信託についての防御義務

  6 小括および残された疑問

   ◆小括

   ◆残された疑問

2章 注意義務

  1 注意義務総論

   ◆Prudentの意義

   ◆注意義務の概要

  2 投資に関する注意義務(プルーデント・インヴェスター・ルール)

   ◆プルーデント・インヴェスター・ルール(合理的な投資家のルール)の登場

   ◆ルールの変遷

   ◆統一プルーデント・インヴェスター法の要点

   ◆統一プルーデント・インヴェスター法の構成

   ◆投資に関する注意義務の具体的内容

  3 小括および残された疑問

   ◆小括

   ◆残された疑問

3章 受託者の権限および自己執行義務の否定 

  1 問題の所在

   ◆言葉の使用法:義務・権利・権限・責任

  2 受託者の権限-伝統的な説明

   ◆受託者の権限の根拠

   ◆明示的権限と黙示的権限の相違

   ◆義務的権限と裁量的権限

   ◆一身専属的権限

   ◆共同受託者の権限行使

  3 受託者の権限-新たな規定

   ◆統一信託法典の規定

   ◆共同受託者に関する規定

   ◆新たな規定の意義の検討

  4 自己執行義務-伝統的な説明

   ◆イギリス法での変容

   ◆アメリカにおける自己執行義務の尊重

   ◆統一受託者権限法の規定

  5 自己執行義務-新たな規定

   ◆信託法第三次リステイトメント

   ◆統一信託法典での自己執行義務

  6 小括および残された疑問

   ◆小括

   ◆残された疑問

4章 忠実義務および公平義務 

  1 忠実義務(duty of loyalty)

   ◆統一信託法典における忠実義務

   ◆問題の所在

   ◆忠実義務の意義

   ◆忠実義務の課される根拠

   ◆忠実義務の抱える矛盾・問題点

   ◆忠実義務が問題となる場面の整理

   ◆忠実義務の例外

   ◆裁判の分析

  2 公平義務(duty of impartiality)

   ◆公平義務の意義と問題の所在

   ◆公平義務の性格

   ◆公平義務が問題となる場面

   ◆公平義務への対処

  3 小括および残された疑問

   ◆小括

   ◆残された疑問

5章 情報提供義務 

  1 問題の所在

   ◆受託者と情報

   ◆情報に関する課題の把握-弁護士の例から

  2 情報提供義務

   ◆記録具備・保存義務

   ◆情報提供義務-信託法第二次リステイトメント

   ◆情報提供義務-裁判所への計算報告

   ◆情報提供義務-その限界

   ◆情報提供義務-統一信託法典

  3 小括および残された疑問

   ◆小括

   ◆残された疑問

6章 第三者に対する受託者の責任と受託者の報酬 

  1 問題の所在

   ◆費用と報酬

   ◆受託者の第三者に対する責任の意味

   ◆3つのモデル

  2 第三者に対する契約責任

   ◆伝統的法理的

   ◆伝統的法理の例外

   ◆責任財産に関するスキームの比較

   ◆統一信託法典

   ◆受益者の契約責任

  3 第三者に対する不法行為責任

   ◆不法行為責任が問題になる場面

   ◆伝統的法理

   ◆現在の傾向:統一遺産管理法典と統一信託法典

   ◆公益信託をめぐる取扱い

  4 信託財産所有者としての責任・負担

   ◆伝統的法理とルールの対立点

   ◆現在の傾向:統一遺産管理法典と統一信託法典

  5 受託者の報酬

   ◆無報酬の原則-きわめて古い法理の現代的意義

   ◆今日の法理:報酬ありとする原則

  6 小括および残された疑問

   ◆小括

   ◆残された疑問

7章 信託の終了および変更 

  1 問題の所在

   ◆わが国信託法上の扱い

   ◆統一信託法典による概観

   ◆課題の設定

  2 裁判所による信託の変更および終了

   ◆分配条項・管理運用条項の区分と公益信託・私益信託の区分

   ◆統一信託法典における信託の変更

   ◆統一信託法典における信託の終了

  3 当事者主導の終了・変更

   ◆撤回可能信託

   ◆委託者と受益者の合意

   ◆受益者だけの合意-アメリカ法の特異性

   ◆受益者だけの合意-英米の差異・バートン卿の信託

   ◆受益者だけの合意-統一信託法典の扱い

  4 小括および残された疑問

   ◆小括

   ◆残された疑問

8章 信託違反に対する救済 

  1 問題の所在

   ◆わが国の状況から

   ◆アメリカ法の状況から

  2 信託違反に対する救済-一般原則

   ◆統一信託法典1001条信託違反に対する救済

   ◆1001条の分析

  3 信託違反に対する対処

   ◆信託違反を訴えるための手続

   ◆信託違反の事前予防措置

   ◆損害賠償(金銭賠償)

   ◆受託者の解任

   ◆刑罰

   ◆信託財産自体を回復する救済

  4 信託違反に対する救済を妨げる事由

   ◆受託者の抗弁となる事由

   ◆信託条項における免責条項(責任制限条項)(exculpatory clause)

   ◆受益者による事前の承認および追認

   ◆裁判所の判決

   ◆出訴期限(statute of limitations)エクイティ上の時効(laches)

  5 小括および残された疑問

   ◆小括

   ◆残された疑問

9章 信託業の規制 

  1 はじめに

   ◆アメリカの信託業

  2 信託兼営銀行の規制

   ◆略史

   ◆レギュレーション9の概要

   ◆レギュレーション9の要点

   ◆規制のための信託評価システム

  3 信託専門会社の規制

   ◆はじめに

   ◆アーカンソー州信託会社法

  4 小括および残された疑問

   ◆アーカンソー州の関係者への問い合わせ

あとがき

id:singen_kensin

ありがとうございます。

2007/11/03 11:07:28

その他の回答(1件)

id:minkpa No.1

minkpa回答回数4178ベストアンサー獲得回数552007/10/29 21:14:13

ポイント5pt

http://www.pfa.or.jp/top/yougosyuu/hu/17.html

 広義には、業務に伴い預っている顧客資産を自社の資産から明確に分離する義務である。狭義には信託における義務の一つとして、顧客資産の保全、忠実義務違反の未然防止を目的に、信託勘定の資産と信託銀行の固有財産(銀行勘定)との間での分別管理のほか、原則として信託財産相互間においても、各々の資産を分離して管理しなければならないという義務を指す。

id:singen_kensin

ありがとうございます。

ただ、アメリカの信託法において分別管理義務がどうなっているのかが知れればベストなんですが…

2007/10/30 01:13:00
id:speed-0 No.2

speed-0回答回数312ベストアンサー獲得回数222007/10/30 20:53:57ここでベストアンサー

ポイント65pt

現代アメリカ信託法

http://www.amazon.co.jp/%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%...

アメリカ信託法ノートII

http://www.koubundou.co.jp/books/pages/35269.html

はじめに

  1 内容

  2 方法

1章 受託者の義務-総論 

  1 受託者の義務-概観

   ◆受託者の義務の分類

  2 受託者義務に関する基本条項

  3 信託開始時における受託者の義務

   ◆受託者になったら

  4 信託財産の保全義務・分別管理義務

   ◆信託財産明示義務・分別管理義務の区分

   ◆信託財産明示義務・分別管理義務の果たす機能

   ◆これからの義務の性格論

   ◆ノミニーの利用

   ◆分別管理義務の意義

  5 信託についての防御義務

  6 小括および残された疑問

   ◆小括

   ◆残された疑問

2章 注意義務

  1 注意義務総論

   ◆Prudentの意義

   ◆注意義務の概要

  2 投資に関する注意義務(プルーデント・インヴェスター・ルール)

   ◆プルーデント・インヴェスター・ルール(合理的な投資家のルール)の登場

   ◆ルールの変遷

   ◆統一プルーデント・インヴェスター法の要点

   ◆統一プルーデント・インヴェスター法の構成

   ◆投資に関する注意義務の具体的内容

  3 小括および残された疑問

   ◆小括

   ◆残された疑問

3章 受託者の権限および自己執行義務の否定 

  1 問題の所在

   ◆言葉の使用法:義務・権利・権限・責任

  2 受託者の権限-伝統的な説明

   ◆受託者の権限の根拠

   ◆明示的権限と黙示的権限の相違

   ◆義務的権限と裁量的権限

   ◆一身専属的権限

   ◆共同受託者の権限行使

  3 受託者の権限-新たな規定

   ◆統一信託法典の規定

   ◆共同受託者に関する規定

   ◆新たな規定の意義の検討

  4 自己執行義務-伝統的な説明

   ◆イギリス法での変容

   ◆アメリカにおける自己執行義務の尊重

   ◆統一受託者権限法の規定

  5 自己執行義務-新たな規定

   ◆信託法第三次リステイトメント

   ◆統一信託法典での自己執行義務

  6 小括および残された疑問

   ◆小括

   ◆残された疑問

4章 忠実義務および公平義務 

  1 忠実義務(duty of loyalty)

   ◆統一信託法典における忠実義務

   ◆問題の所在

   ◆忠実義務の意義

   ◆忠実義務の課される根拠

   ◆忠実義務の抱える矛盾・問題点

   ◆忠実義務が問題となる場面の整理

   ◆忠実義務の例外

   ◆裁判の分析

  2 公平義務(duty of impartiality)

   ◆公平義務の意義と問題の所在

   ◆公平義務の性格

   ◆公平義務が問題となる場面

   ◆公平義務への対処

  3 小括および残された疑問

   ◆小括

   ◆残された疑問

5章 情報提供義務 

  1 問題の所在

   ◆受託者と情報

   ◆情報に関する課題の把握-弁護士の例から

  2 情報提供義務

   ◆記録具備・保存義務

   ◆情報提供義務-信託法第二次リステイトメント

   ◆情報提供義務-裁判所への計算報告

   ◆情報提供義務-その限界

   ◆情報提供義務-統一信託法典

  3 小括および残された疑問

   ◆小括

   ◆残された疑問

6章 第三者に対する受託者の責任と受託者の報酬 

  1 問題の所在

   ◆費用と報酬

   ◆受託者の第三者に対する責任の意味

   ◆3つのモデル

  2 第三者に対する契約責任

   ◆伝統的法理的

   ◆伝統的法理の例外

   ◆責任財産に関するスキームの比較

   ◆統一信託法典

   ◆受益者の契約責任

  3 第三者に対する不法行為責任

   ◆不法行為責任が問題になる場面

   ◆伝統的法理

   ◆現在の傾向:統一遺産管理法典と統一信託法典

   ◆公益信託をめぐる取扱い

  4 信託財産所有者としての責任・負担

   ◆伝統的法理とルールの対立点

   ◆現在の傾向:統一遺産管理法典と統一信託法典

  5 受託者の報酬

   ◆無報酬の原則-きわめて古い法理の現代的意義

   ◆今日の法理:報酬ありとする原則

  6 小括および残された疑問

   ◆小括

   ◆残された疑問

7章 信託の終了および変更 

  1 問題の所在

   ◆わが国信託法上の扱い

   ◆統一信託法典による概観

   ◆課題の設定

  2 裁判所による信託の変更および終了

   ◆分配条項・管理運用条項の区分と公益信託・私益信託の区分

   ◆統一信託法典における信託の変更

   ◆統一信託法典における信託の終了

  3 当事者主導の終了・変更

   ◆撤回可能信託

   ◆委託者と受益者の合意

   ◆受益者だけの合意-アメリカ法の特異性

   ◆受益者だけの合意-英米の差異・バートン卿の信託

   ◆受益者だけの合意-統一信託法典の扱い

  4 小括および残された疑問

   ◆小括

   ◆残された疑問

8章 信託違反に対する救済 

  1 問題の所在

   ◆わが国の状況から

   ◆アメリカ法の状況から

  2 信託違反に対する救済-一般原則

   ◆統一信託法典1001条信託違反に対する救済

   ◆1001条の分析

  3 信託違反に対する対処

   ◆信託違反を訴えるための手続

   ◆信託違反の事前予防措置

   ◆損害賠償(金銭賠償)

   ◆受託者の解任

   ◆刑罰

   ◆信託財産自体を回復する救済

  4 信託違反に対する救済を妨げる事由

   ◆受託者の抗弁となる事由

   ◆信託条項における免責条項(責任制限条項)(exculpatory clause)

   ◆受益者による事前の承認および追認

   ◆裁判所の判決

   ◆出訴期限(statute of limitations)エクイティ上の時効(laches)

  5 小括および残された疑問

   ◆小括

   ◆残された疑問

9章 信託業の規制 

  1 はじめに

   ◆アメリカの信託業

  2 信託兼営銀行の規制

   ◆略史

   ◆レギュレーション9の概要

   ◆レギュレーション9の要点

   ◆規制のための信託評価システム

  3 信託専門会社の規制

   ◆はじめに

   ◆アーカンソー州信託会社法

  4 小括および残された疑問

   ◆アーカンソー州の関係者への問い合わせ

あとがき

id:singen_kensin

ありがとうございます。

2007/11/03 11:07:28

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません