日本では、1995年から死亡原因にICD-10による原死因をきさいするようになって心疾患が減少しました。このことを記載してある英文献を教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/11/08 10:46:52
  • 終了:2007/11/15 10:50:04

回答(2件)

id:kappagold No.1

kappagold回答回数2710ベストアンサー獲得回数2482007/11/08 11:20:39

ポイント35pt

http://sciencelinks.jp/j-east/article/200506/000020050605A014197...


これは、どうでしょうか?


Vital statistics for coronary heart disease (CHD) were dramatically influenced by the tenth revision of the International Classification of Diseases (ICD-10) in 1995.

とかかれているので、はっきりと減少したとは書いていませんが、全文を読めば、心疾患が減少して、虚血性心疾患・脳血管疾患が増えていることがかいてあるような気がします。推測で済みません。


元々が日本の統計に基づいているので、英文献でこれだというものをうまく見つけることが出来ませんでした。(英語のタイトルとアブストを読んで英文献かと思って良く見ると、Language;Japaneseになっているんですね、これが。)

id:kojiro_i619

ありがとうございます。Englishはないでしょうね。

2007/11/08 16:53:25
id:kappagold No.2

kappagold回答回数2710ベストアンサー獲得回数2482007/11/08 17:13:00

ポイント35pt

文章が悪くて済みません。

回答したものは、englishです。


heart diseaseが、「劇的に変化した」と記載されているので、全文を取り寄せて見ないと、heart diseaseが「減少した」と書いてあるかどうかの確認が取れないという意味です。

(通常は、何が減って、何が増えたという事を書きますので、多分載っているとは思うのですが・・・。)

http://q.hatena.ne.jp/answer

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません