【終末のフールと資本主義】


伊坂幸太郎氏に「終末のフール」というSF小説があります。
「8年後に小惑星衝突で地球滅亡」と発表されてから3年後の世界が描かれています。

さて、仮にそのような世界が訪れた場合、世の中のシステムは機能するのでしょうか?

特に資本主義システムが存続するかどうか考えて下さい。

http://itaru-m.hp.infoseek.co.jp/business/70.htm

>「数年後に地球が滅亡すると判明している世界では、
>資本主義は完全崩壊するのではないか?」という仮説である。
>株価というのはどうやって決まるのか?
>極論すれば「将来の配当利益の割引現在価値」である。
>この場合、「無限大の将来が存在しており、その分の配当利益の現在価値が
>現在の株価に組み込まれている」のだが、仮に「8年後に地球滅亡」となると、
>「8年分の配当利益」分の割引現在価値分しか、株式には価値がなくなる。
となって、資本主義そのものが崩壊して、小惑星を待たずして
人類は(少なくとも「経済大国日本」は)滅亡すると思います。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/11/11 18:36:45
  • 終了:2007/11/18 18:40:04

回答(1件)

id:poka_poka No.1

ぽかさん回答回数32ベストアンサー獲得回数02007/11/11 20:11:20

ポイント60pt

資本主義システムは存続しないと思います。

仮に8年後地球が滅亡するとして、全人類というマクロな視点から見て滅亡を回避する手段を考えるか、地球からの脱出するという対策をとるのではないかと思います。

過ぎゆく時間を何もしないというのは考えられません。

しかしこれらの対策をとるには、資金、資源、時間、労働力などの膨大なリソースが必要となるでしょうし、地球人類は50億人、動植物なども含めると全部を救出するのは難しいと思います。

そこで統制経済(戦前の国家総動員法など)や優秀な人材を優先して保護するなど超法規的措置が必要でしょう。

人類が困難に直面しても、これまで何度も乗り越えてきたということから、性善説に立って考えてみました。

id:itarumurayama

ありがとうございます。

映画「アルマゲドン」のように小惑星撃退できればいいですが、仮に出来ない場合は

「小惑星衝突までの8年間」は事実上資本主義は崩壊してしまい、

自給自足経済に移行します。

日経平均株価は、衝突発表の翌日に「16,000円⇒0円」になってしまうでしょう。

となると、「経済しか取り柄」がなく、食料自給率40%、エネルギー自給率1%の日本は、

小惑星衝突の7~8年前に、一握りの農民を除いて餓死するんじゃないか、というのが

質問の趣旨です。

伊坂氏はとりあえず日常生活が維持されている「衝突前5年前の仙台」を描いていますが、

仮に小惑星衝突が不可避ならば、「かつて仙台といわれていたところ」は、

餓死した仙台市民の白骨死体がゴロゴロしたゴーストタウンになっているはずです。

2007/11/11 20:21:43

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません