日本のプロ野球において、

野球で1シーズンの打率について、1割~5割くらいの間で10段階くらいで、
各打率がそれぞれどの程度、すごいのかを教えていただけないでしょうか。

たとえば
1割・・・即座に二軍に落とされるレベル
1割5分・・・・ピッチャーなら許されるレベル
2割0分・・・めちゃくちゃ守備がうまい野手なら許されるレベル
2割5部・・・平均的な野手のレベル



5割・・・即座に大リーグにスカウトレベル

といった感じです。
なお上の例は、自分は野球をよく知りませんので、数値はデタラメです。
プロ野球に詳しい方、よろしくお願いいたします。

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 登録:2007/11/18 12:52:30
  • 終了:2007/11/18 13:20:10

ベストアンサー

id:powdersnow No.1

powdersnow回答回数1301ベストアンサー獲得回数652007/11/18 13:13:17

ポイント60pt

1割・・・野手では守備が良くても許されないレベル。桑田など、打撃の良い投手以下のレベル。

1割5分・・・投手ならそこそこのレベル、野手なら最低クラス。守備優先の捕手ならば稀にいるが、他野手ではスタメンはあり得ないレベル。

2割0分・・・1軍野手の最低レベル。守備の良い捕手ならば、そこそこいる。もしくは格段の長打力、鉄壁の守備力・強肩、走塁が売りの野手でも時々スタメン~控えクラス。

2割5部・・・守備がそこそこor足が速い、バントが上手い等、打撃以外に売りが有ればスタメン。

3割0分・・・打撃で一流クラス。文句なくスタメン。ただ、守備がダメ、走塁もダメ、長打力もなく、単打オンリーという打者の場合、代打に置かれるケースもあり。

3割5分・・・十年に一人出るか出ないかの超一流。イチロークラス。大リーグで十分通用する可能性を秘めたレベル。

4割以上・・・イチローですら到達できない未知の領域。

id:lionfan

powdersnow様、ありがとうございます。

3割5分でも十分なんですね、了解です。

2007/11/18 13:19:56
  • id:kuro-yo
    仮に、1試合が一人平均4打席(1イニング3人だったとしても一人の選手は1試合に3回しか打席に立てませんから)だとします。すると、1試合に1回ヒットを打つ人は、打率が2割5分という事になります。

    つまり、3割とは、試合に出せば必ずヒットになるんですから、3割打者というのがいかにすごいか、わかります。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません