ファイルサーバではなく、webで文書管理を行うソフトウェアが普及している理由は何でしょうか。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/11/19 22:40:24
  • 終了:2007/11/24 15:45:05

回答(4件)

id:b-wind No.1

b-wind回答回数3344ベストアンサー獲得回数4402007/11/19 23:46:14

ポイント20pt

実際にどのようなソフトウェアをさしているかはわかりませんが、

web で行うメリットとして、

  • ファイルサーバーをインターネット上で使用するにはセキュリティーも含め非常に手間がかかる。
  • HTTP/HTTPS であれば、ファイヤーウォールへの対応もしやすい。(特定の URL を許可するだけ)
  • とりあえずブラウザだけあれば何とかなる

あたりが大きいと思います。

人力検索はてな

id:nagiko

ありがとうございます。たしかに、手間がかかりますよね。

2007/11/20 07:12:45
id:hamster078 No.2

hamster078回答回数587ベストアンサー獲得回数42007/11/20 05:26:52

ポイント20pt

パスワードを何重にも入力させたり、時間をまたせたり、制限を設けることが容易だからでしょう。その際の見た目、説明もやりやすいし。

http://www

id:nagiko

ありがとうございます。わかりやすいというのは大きいですね。

2007/11/20 07:12:33
id:KUROX No.3

KUROX回答回数3542ベストアンサー獲得回数1402007/11/20 09:46:11

ポイント20pt

ファイルサーバだったら、直接ファイルを開かれてロックがかかってしまったり

適切な設定をしなかったら、ファイルを間違って削除、移動させられたり

便利な面(メリット)以上に、デメリットが生じるからでは?

webで文書管理をすると、使いにくい部分がそのまま、管理側のメリットになりますから。

webで文書管理するのが使いやすいものだとは私は思えません。

Webでない文書管理ソフトも存在しますけど。

ファイルサーバーと同列に考えれる問題かなと・・・。

http://q.hatena.ne.jp/answer

id:nagiko

メリットは多いけど、使い勝手の感じ方は人によって異なるのでしょうね・・・

ありがとうございました!

2007/11/21 06:38:48
id:Baku7770 No.4

Baku7770回答回数2831ベストアンサー獲得回数1812007/11/21 04:43:43

ポイント32pt

 発想が国際的には既に文書を保管するではなく、公開する方向に進んでいるからです。

 

 もちろん公開するというのは社内限定を含みます。

 

 解かりやすいのはECM(Enterprise Contents Management)が提唱している概念で、例えば社長が新年の挨拶をすれば全世界に散らばっている社員にその動画が配信される。それも数時間以内で。契約書の雛型がモバイルパソコンで検索できて、移動中に書類が作成できる。

 昔とはグラウンドが違います。

 

 もう一つはSOX法がアメリカで制定されてステークホルダーに対して情報公開が義務付けられてという背景があります。大株主に本社に来られたら、応接にお通しして総務部長がご挨拶してお茶もお出ししなければなりませんが、ネット上に公開しておけば来られることが減るでしょうから。

 

 昔ならパソコンをモデムにつないで1200bpsの公衆回線でしかうけられませんでしたが、30MbpsのADSLなら2万5千倍です。そういった技術背景もあります。

id:nagiko

内部統制、KM、ステークホルダーへの情報公開とその管理も確かに技術革新があってこそなんでしょうね。大変参考になりました。

2007/11/21 06:47:00

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません