日本の家、マンション、アパートで平均的な床から天井までの高さを教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/11/21 03:08:09
  • 終了:2007/11/24 23:56:40

ベストアンサー

id:kitamura226 No.3

kitamura226回答回数35ベストアンサー獲得回数12007/11/21 13:00:19

ポイント27pt

2.4Mが一般的です。

http://officeyoshida.jp/sumai/wiki.cgi?page=%C5%B7%B0%E6%B9%E2%A...

日本では、まだまだ和室が多いのですが、和室は、押入れの襖の高さが約1.8Mでその上に天袋が0.4Mつきます。それに敷居・鴨居等の高さをあわせた2.4Mが和室の標準寸法です。そのため、壁の下地に貼る石膏ボードも標準規格は高さ2.4Mとなっています。この規格と違う高さの天井にすると、規格品を切ったり継ぎ足したりすることになります。生産性を考えると標準規格に合わせた天井高さである2.4Mが合理的なため、アパート・マンションではほとんど2.4Mとします。

標準サイズで家を作っておくと、襖が破れたときでもホームセンターで売っている襖紙がそのまま貼れますよね。

部屋が広くなると天井を高くしないと圧迫感を感じるので高くしますが、20畳程度までなら2.4Mにするのが普通です。

その他の回答(2件)

id:Velocity No.1

Velocity回答回数593ベストアンサー獲得回数22007/11/21 03:52:41

ポイント27pt

例えば,住宅金融公庫の融資を受けて住宅を造る場合,天井高は2メートル30センチ以上となっている。そして,現在つくられている住宅の大半は2メートル40センチ以上の天井高を持っている。そのあたりが現在の基準といえるだろう。

http://jyusetsu-navi.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_0e31.ht...

id:you-pon No.2

you-pon回答回数1004ベストアンサー獲得回数232007/11/21 07:14:31

ポイント27pt

http://laboism.jugem.jp/?eid=61

建築基準では、天井の高さは2m10cm以上と指定されています。一般的には、2m40cmが天井の高さになっていることが多い

id:kitamura226 No.3

kitamura226回答回数35ベストアンサー獲得回数12007/11/21 13:00:19ここでベストアンサー

ポイント27pt

2.4Mが一般的です。

http://officeyoshida.jp/sumai/wiki.cgi?page=%C5%B7%B0%E6%B9%E2%A...

日本では、まだまだ和室が多いのですが、和室は、押入れの襖の高さが約1.8Mでその上に天袋が0.4Mつきます。それに敷居・鴨居等の高さをあわせた2.4Mが和室の標準寸法です。そのため、壁の下地に貼る石膏ボードも標準規格は高さ2.4Mとなっています。この規格と違う高さの天井にすると、規格品を切ったり継ぎ足したりすることになります。生産性を考えると標準規格に合わせた天井高さである2.4Mが合理的なため、アパート・マンションではほとんど2.4Mとします。

標準サイズで家を作っておくと、襖が破れたときでもホームセンターで売っている襖紙がそのまま貼れますよね。

部屋が広くなると天井を高くしないと圧迫感を感じるので高くしますが、20畳程度までなら2.4Mにするのが普通です。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません