VB6でWindowsの「ログオンしてから経過した時間」を取得する方法を教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/11/22 18:47:32
  • 終了:2007/11/29 18:50:04

回答(2件)

id:maakunh No.1

maakunh回答回数35ベストアンサー獲得回数22007/11/22 20:07:43

ポイント35pt

ユーザをActiveDirectoryで管理しているのであれば、

以下の方法で最終ログオン時間が取得できるようです。

http://www.microsoft.com/japan/technet/scriptcenter/topics/win20...

この方法で取得した最終ログオン時間と現在時刻の差で経過時間がわかると思います。


もし、ローカルアカウントのみということであれば、

各ローカルアカウントにユーザIDとログオン時間を記録するログオンスクリプトを作って設定しておき、

VBで作成したアプリがその記録を読むようにするという方法もあると思います。

id:yokodai

VBScriptですね。VB6でも使用可能なのでしょうか?

ActiveDirectoryは使用しています。

2007/11/22 20:35:47
id:maakunh No.2

maakunh回答回数35ベストアンサー獲得回数22007/11/22 22:26:43

ポイント35pt

GetObject関数はWSHだけでなく、VisualBasicでもCOMオブジェクトを参照する関数です。

http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/wsh03/wsh03_02.html

http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/library/e9waz863(VS.80).aspx

WSHとVisualBasicでは同様の仕様になっているはずですので、

最初の例から少し変更してみてはいかがでしょうか?

最初の例ではWSHと違うのは、Set文のところとEchoメソッドのところだけのようです。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません