昭和初期、「しのはらざい[ざいは剤か?]」という筋肉緩和剤のような軟膏が使われていたのですが、この軟膏についてどのような情報でもかまいません教えてください。聞いているところでは関西方面で使われていたようです。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 登録:2007/11/25 09:36:09
  • 終了:2007/11/26 21:42:15

回答(3件)

id:ognad No.1

ognad回答回数102ベストアンサー獲得回数72007/11/25 11:07:40

ポイント50pt

http://www.12kai.com/199903d.html

ここでは不死剤という名前で簡単な説明があります(ページの中段辺り)


篠原剤の実験録

国立国会図書館のデジタルライブラリーです。

篠原政治(まさはる)という人物が作ったようですが

中身は見ていないので、ご質問にある昭和初期に使われていた物と関係しているか不明です。

id:axwgt

ありがとうございます。何か糸口が見つかったような気持ちです。その頃、

この薬で足の麻痺を治したという話しはやはり本当であったという確信が持て

ました。

2007/11/25 13:56:11
id:MEI-ZA-YU No.2

MEI-ZA-YU回答回数4731ベストアンサー獲得回数7502007/11/25 11:21:38

ポイント50pt

間違っているかもしれませんが

『篠原剤の実験録』という書物がありました。

以下で内容が見れます ↓

http://kindai.ndl.go.jp/BIBibDetail.php?tpl_wid=WBPL110&tpl_wish...

id:axwgt

ありがとうございます。ほとんどこれに間違いないでしょう、と思います。

先の方も仰っていました「不死剤」という言葉からも推察してこの時代、

同じようなものがあったかもしれませんが、手がかりとなりました。

2007/11/25 14:10:00
id:hrkt0115311 No.3

どんジレ、どんさん回答回数892ベストアンサー獲得回数512007/11/25 11:47:22

ポイント50pt

id:axwgt さん、こんにちは。現時点ではまだ回答がオープンされていないのですが、既にご希望の回答があった場合は、すみません。


上記を確認しましたが、筋弛緩剤の歴史については、書籍をあたらないと確認できなさそうです。


緊張型頭痛 肩こり ストレス 鎮痛剤 筋弛緩剤

上記などで、肩こりにも筋弛緩剤が使われることを確認しました。50年以上前の「軟膏」ということですので、漢方の一種ではないかと考え、調べてみました。


漢方健康ネットワーク|漢方処方に用いられる主な生薬

上記によると、「芍薬(シャクヤク)、川芎(センキュウ)、当帰(トウキ)」に、筋弛緩効果があるとのことです。お探しの薬は、こういったものをベースにした、タイガーバーム的な軟膏なのではないかと想像したのですが、すみません正解に辿りつけませんでした。


以上、少しでも参考になればと思い、お答えさせていただきます。

id:axwgt

ありがとうございます。前記回答者の方から「篠原剤」=「不死剤」は間違いは

なさそうで、仰る漢方製剤の可能性も高くなってきました。これから成分分量

とか販売範囲とかに絞って調べます。

2007/11/25 14:17:30

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません