大学で、または機関で何らかの理系研究をされたことのある方に質問です。

オープンソースで世界中の学生、研究員と研究内容をシェアしてたすけあえるウェブサイトがあったら。。。

-どんなことが出来たら研究の役に立ちますか?
-オンラインで外国の人と研究内容で助け合うとして、どんな機能が必要ですか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 150 ptで終了
  • 登録:2007/11/27 19:06:18
  • 終了:2007/12/04 19:10:03

回答(10件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
取り纏めと研究員&メーリングリスト+Wiki calotocen2007/11/27 23:47:16ポイント2pt

 Webを介しての研究にはメーリングリストとWikiが必須です。

一昔前まではWikiの代わりをBBSが担っていましたが,

今となってはWiki+SNSの方が主流でしょう。

 研究は研究員に目がいきがちですが,取り纏め(全体の作業状況を把握する人)が必ず必要です。

取り纏めがいないと,目先の作業ばかりをこなしてしまい,目的地へたどり着けません。

取り纏めには,研究内容をよく理解しており,複数の案件を同時に処理できる能力を持つ人が,

向いていると思います。

 海外と連携する場合は,壁をなくすことです。

海外は,言葉の壁・距離の壁・文化の壁があります。

これらをクリアしないと,円滑な研究を行うことはできません。

言語の壁は「英語で統一」で乗り切るのが現実的だと思います。

距離の壁は,研究成果をメンバに周知できないという弱点を指します。

ですが,Wikiやメーリングリストを使って,これを克服しましょう。

文化の壁にていては,私もアドバイスできるほどの技量を持っていません。

強いて言えば「これが文化の違いなんだ」と諦めるくらいだと思います。

大変具体的なご回答、ありがとうございます。wiki+snsとは、実際にサイト上でやるとすれば。。。 Pong_062007/11/28 00:06:41

研究目的に集まる人達の SNSに、wikiがいつでも使える様埋め込まれている、という理解でよろしかったでしょうか?

大変興味があります。なにか「こういう感じ」というのがありましたら是非お伺いしたいです!

メールリストはRSSでやると便利で良いと思いますがいかがでしょう。

さて、オープンソースプログラミングでは能力の長けていて持続性のあるひとがリーダーになる場合が多い様ですが、その研究所版(研究員が集まるオンライン上の場所?)も研究内容を理解しており、持続性があり、状況を把握していられるリーダーが自然とうまれるでしょうか。

大学では、「教授について」「一つのラボに属す」が常である現在、大変興味深い所です。みんなが少しずつアイデアを出し合うことで産まれる発見もありそうですね。

壁を無くすこと、それが大きなテーマです。最大限壁を取り払いたいものです。

言語のことですが、翻訳インターフェイスについてはどう思われますでしょうか。

勿論英語がお得意でそのまま読みたいという場合は英語版から入って頂くことができるようにしたいです。

私自身アメリカで理系の専攻をしましたが、たとえば日本語だったら画像で「だからこの理論で行くとこういう動きになるだろう」といったことをアップしてくれれば絶対見るのですが、それが英語やフレンチだと皆さんどうかとおもいますし、逆もノンジャパニーズにとって大変不利です。

また、英語限定にすると、非英語圏からのアウトプットが乏しくなりそうかとおもっていますがいかがでしょう。私事になりますが、在米中優秀な日本人を前にこのひとが英語をペラペラ話せて、もっとコミュニケーションしたらクラスにどんなに貢献することだろう、と考えたことが幾度となくあります。そんな思いが一部このプロジェクトのバックボーンになっています。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません