日本の国は戦後から今まで驚くほどの経済発展とともにモノがどんどん豊かになってきましたが、なぜかあらゆる会社はますます忙しくなって、休める時間がどんどん減っていますよね?


日本の国はこれほど便利になったのに、社会人たちは何をそれほど必死になっているのでしょうか?

そんなことよりも、現代に大切なのは国民のモラル育成の方だと思うのは自分だけでしょうか?

今以上に発展するべき企業と言えば医療関連、環境保護、生活保護関連ぐらいで十分なんじゃないですかね?

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 50 ptで終了
  • 登録:2007/12/01 17:53:21
  • 終了:2007/12/02 18:30:24

回答(5件)

ただいまのポイント : ポイント6 pt / 50 pt ツリー表示 | 新着順
人というモノはそういうモノ retorin2007/12/01 22:55:23ポイント1pt
一つ上に登ればさらにその上を目指したくなるものです。誰だって金持ちになりたいとは思うでしょ?これは人類の長所であり短所です。 環境保護や慈善事業というものは生産性の無い消費活動です。それを行うためには ...
多様性の欠如 ぽかさん2007/12/01 18:52:45ポイント2pt
いまだに定年は60歳、週休二日制、サービス残業あたりまえが普通と考える人が大多数だからだと思います。 http://takuyaoikawa.blogspot.com/2007/02/4538.html 韓国のサムスンでは定年が実質45歳です。 ほかにも雇用制度が日本で ...
サムスンは軍隊バリに働いてますよね(笑 にぎたま2007/12/01 22:21:12ポイント1pt
軍隊的な仕事ぶりを見ると日本はかなわないと唸ってしまいます。少し前に韓国でサムソン関係の場所で仕事をしていたときにあった社員は「入社してから半年間は家族とともに過ごせなかった」といってました・・・。日 ...
国(国民)がどう選択していくのか にぎたま2007/12/01 18:42:36ポイント1pt
の分岐点にいるように思います。 生産に軸をおいて環境を考えるのか、環境を軸において生産を考えるのか・・・ 今現在ではまだまだ前者のほうですよね。 私たちも割高なエコ製品だけを選んではいません。 割安で環 ...
機会費用として考えてみては? はれる2007/12/01 18:03:42ポイント1pt
経済学には機会費用という考え方が存在します。 つまり、余暇を取るか、その分労働し賃金を貯え、その賃金で消費をするか、どちらを選択するかということです。 現状はまだ、機会費用がかかりすぎるのではという考 ...

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません