個人で学術論文を読む方法を教えてください。

特に、情報科学・コンピューター系を想定しています。当然、有料でかまいません。ただし、わかる範囲で料金を書いてください。

条件は、
 ・複数の論文誌(なるべく多く)の掲載論文を見れるのが望ましい
 ・読んだ分だけ料金を払う形式(定額ではなく)が望ましい
 ・英語の論文が読めるのが望ましい
 ・インターネットで閲覧(PDFなど)できるのが望ましい
です。

「通常どおり論文誌を定期購読する」「大学の図書館などで閲覧する」は除いてください。
また、求めているのは、裏技的なものではなく、正規の手段でサービスを利用することです。

よろしくお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/12/07 21:29:25
  • 終了:2007/12/10 11:23:41

回答(6件)

id:ita No.1

ita回答回数204ベストアンサー獲得回数482007/12/07 21:41:45

ポイント20pt

http://arxiv.org/corr/home

論文というか、プレプリントです。当然無料ですが査読はありません。投稿中や審査中の論文が多いかも。そのかわり早いです。物理分野だと研究者は常にここをチェックしています。

id:keisukefukuda

ありがとうございます。

常にチェックしておく価値がありそうですね。

2007/12/07 21:46:35
id:cappin No.2

cappin回答回数89ベストアンサー獲得回数32007/12/07 21:57:34

ポイント30pt

http://www.computer.org/

IEEEのComputer Societyの論文や記事は Digital Library で1本ずつ買えます。

ただ、19ドルとかやけに高い値段が書いてあって、利用したことはないです。

普通は会員になって年会費+Digital Library費、あわせて3万円くらいで読み放題にしてるわけで。

id:keisukefukuda

ありがとうございます。

なるほど。定額のほうが逆に安い場合が多いんですね。

2007/12/07 22:00:11
id:ffmpeg No.3

ffmpeg回答回数1202ベストアンサー獲得回数92007/12/07 23:19:48

id:keisukefukuda

外部からよりも、図書館内から利用することが前提のサービスのようですね。

(一部外部からも利用できますが)

あと、図書館の目録検索では、論文のtitleとabstractは取得できますが、本文は取得できませんよね(「一部は本文へのリンクあり」との記述がありますが)

申し訳ないですが、私の求めているものとは違うようです。

2007/12/08 00:20:18
id:AND0 No.4

AND0回答回数179ベストアンサー獲得回数102007/12/08 00:37:06

ポイント30pt

http://pr.jst.go.jp/jdream2/

JDREAM(旧JOIS)は有名ですね。

自称日本最大の学術誌データベースです。

個人の場合、基本料金はかかりませんが、検索料金が結構します。

インターネットで検索し、メールで文献を配信してもらえます。

また、使用方法がかなり難しく、無料講習会に出席しないと使いこなせませんが、

使えるようになればかなり便利なシステムです。

id:keisukefukuda

ありがとうございます。

基本料金はかからないが検索料金が高いとはどういうシステムなのでしょうか…?

難しそうです。

2007/12/08 00:41:20
id:t_shiono No.5

t_shiono回答回数256ベストアンサー獲得回数222007/12/08 03:35:50

ポイント30pt

こんなサービスもあります。

CiNii

http://ci.nii.ac.jp/

これ自体は国内の文献が多いようですが、Thomson Citation Indexというサービスと連携しているようで、海外文献も検索、閲覧できるようです。(残念ながら連携は来年3月までのようですが)

id:keisukefukuda

ありがとうございます。

2007/12/08 04:12:04
id:hrkt0115311 No.6

どんジレ、どんさん回答回数892ベストアンサー獲得回数512007/12/08 14:16:27

ポイント20pt

id:keisukefukuda さん、こんにちは。他の方からの回答が充実しているため、蛇足になってしまったらすみません。

無料かつ「大学の図書館などで閲覧する」に該当してしまうため、ご質問の主旨に反するかもしれませんが、下記サイトがよくまとまっているように感じました。本来でしたら、コメント欄に書き込むべきなのですが、とじられているため回答欄を使わせていただきました。


工学系文献探索の支援ツール:Homepage of The Tohoku University Engineering Library


以上、お探しの文献を見つける際に、少しでもお役に立てれば幸いです。

id:keisukefukuda

Googleのような広い検索は、有料サービス登録への足がかりになりそうですね。

相互利用ができるサービスに登録した後に、これらの検索を利用すると便利そうです。

丁寧な回答ありがとうございます。

2007/12/08 14:26:53
  • id:myrmecoleon
    ほいほい。
    もう締め切ってるみたいだけど一応コメント。なお回答のうち,4と5と6は論文をみられるものでなく,論文が検索できて,抄録等を提供してもらえるだけなので注意ね。


    当方大学図書館で電子ジャーナル関係やってますが,海外の電子ジャーナルは基本的に

    >読んだ分だけ料金を払う形式(定額ではなく)

    をやってるところの方が多い印象がありますね。(情報科学系でなく,電子ジャーナル全般の話)
    たとえば有料電子ジャーナル最大手のElsevierだとPay Per View(ペイパービュー)と呼ばれる,論文個別に支払うことで論文PDFをダウンロードできるサービスがあります。

    http://www.info.sciencedirect.com/licensing/individual/ppv/

    こういったサービスは数十の出版社で行われています。ので,いちいちはあげません。


    ただし,電子ジャーナルの場合,特定のタイトルは一社独占の場合が多いので,どのサービスがあるかというより,読みたい論文がペイパービューに対応してるサービスから提供されてるか,が重要であったりします。
    なので,どういうサービスがあるか,でなく,読みたい論文をフリーの論文検索DB(Google Scholar等)で探して,それがパイパービューで提供されているかを確認するような検索パターンが通常でしょうか。


    電子ジャーナルで提供されているか,ペイパービューで利用できるかなどを確認するのが面倒であるなら,図書館の文献複写サービス等を利用するのも手ですね。たとえばJSTや国会図書館は個人依頼による論文コピーの郵送に対応しています。

    http://pr.jst.go.jp/copy_s/copy.html
    http://www.ndl.go.jp/jp/service/copy3.html

    まあこれも大学図書館や公共図書館を通じて依頼した方が安上がりだったりはしますが。
    その他,海外の図書館でも同様のサービスを行っており,日本でも利用可能なところもあります。たとえばイギリスのBritish Libaryが代表例。

    http://www.maruzen.co.jp/home/irn/journal/dds/dds.html

    ただし上記した例は,だいたい一論文につき何千円とかそういう世界です。特定の雑誌の論文10編も読むなら,冊子購読したり電子ジャーナルの年間契約した方が安いですね。
    (国立国会図書館あたりは通常の図書館の複写なのでわりと安いですが)
  • id:smoking186
    情報科学系だと論文著者が自分のウェブサイトで公開していることも多いかと.

    ご存知かもしれませんが, arXiv.org以外にも適当なものを紹介しておきます.
    Citeseer
    http://citeseer.ist.psu.edu/
    Cryptology ePrint Archive (暗号関係のプレプリント)
    http://eprint.iacr.org/
    ECCC (計算機の理論より)
    http://eccc.hpi-web.de/eccc/

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

  • 初めて人力検索を利用してみました。 知りたいことがあったので、人力検索を利用してみました。 個人で学術論文を読む方法を教えてください。 ご存知の方がいたら、ぜひ答えてくださ
  • [科学] - Sensing X Chromosome Pairs Before X Inactivation via a Novel X-Pairing Region of the Xic (Science 7 December 2007: Vol. 318, no. 5856, pp. 1632 - 1636) This Week in Science: Dissecting X Inactivation One of the two X chromosomes in mammalian f
  • [科学] - Sensing X Chromosome Pairs Before X Inactivation via a Novel X-Pairing Region of the Xic (Science 7 December 2007: Vol. 318, no. 5856, pp. 1632 - 1636) This Week in Science: Dissecting X Inactivation One of the two X chromosomes in mammalian f
「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません