ウェブのユーザーインターフェースに関する本が見つかりません。


ウェブでない場合、ソフトウェアのUIに関する書籍でも問題ありません。

そもそもソフトウェアのUIに関する基本理論みたいなものは、存在するのでしょうか?

ボタンの位置や形など現場の経験則で決定されているのでしょうか。。

書籍が全く見つからなかったので教えてほしいです。

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 登録:2007/12/16 04:48:25
  • 終了:2007/12/23 04:50:02

回答(5件)

id:takabow No.1

noname回答回数51ベストアンサー獲得回数142007/12/16 05:04:09

ポイント20pt

一応UIの決まりというか鉄則(理論?)のようなものはあるので、それを意識してデザインしている人もいると思いますが、

個人的にはやはり経験則とそもそもデザイン性に引っ張られちゃってる気がします。

 

デザイニング・インターフェース ―パターンによる実践的インタラクションデザイン

デザイニング・インターフェース ―パターンによる実践的インタラクションデザイン

  • 作者: Jenifer Tidwell
  • 出版社/メーカー: オライリー・ジャパン
  • メディア: 大型本

一応本としては私の知ってる限り上記のものがあります。ウェブやソフトウェアなど様々なUIのことが記されています。

そんなの当然だろって内容も結構ありますが、全面カラーですしサンプルにもなるので、1冊あってもよいかもしれません。

id:londonboy

おおおおお!!ありがとうございます。

こんなのを探してました。

オライリーからでてましたか。。見落としてました。

他にもあったら教えてほしいです。全部買います。

2007/12/16 05:08:37
id:b-wind No.2

b-wind回答回数3344ベストアンサー獲得回数4402007/12/16 07:07:21

ポイント20pt

ディフェンシブ・ウェブデザインの技術―「うまくいかないとき」に備えたデザイン、「上手に」間違えるためのデザイン (Web designing books)

ディフェンシブ・ウェブデザインの技術―「うまくいかないとき」に備えたデザイン、「上手に」間違えるためのデザイン (Web designing books)

  • 作者: 37signals ソシオメディア
  • 出版社/メーカー: 毎日コミュニケーションズ
  • メディア: 単行本

Web は Web なりのUIがありそれなりに研究されています。

ユーザーインターフェイスも含めて「デザイン」に分類されていることが多いので、見つけにくいかもしれませんが

ほかにも結構ありますよ。

id:londonboy

おお!ありがとうございます。

いろいろあるんですね。見つけにくいったらありゃしないっす。。ありがとうございます。

2007/12/18 13:30:59
id:ku23ta No.3

ku23ta回答回数431ベストアンサー獲得回数112007/12/16 08:08:54

ポイント20pt

インターフェースの大冒険

http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/069895b3.dadcb828.069895b4.49953...


インターフェイスの街角

http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/069895b3.dadcb828.069895b4.49953...


情報インターフェースの構図

http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/069895b3.dadcb828.069895b4.49953...


ネットワーク市場における技術と競争のインターフェイス

http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/069895b3.dadcb828.069895b4.49953...


FLASH &インターフェイスデザインのネタ帳

http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/069895b3.dadcb828.069895b4.49953...

id:londonboy

ありがとうございます。

全部 購入しようと思います。大学の教科書みたいですね!

2007/12/18 13:32:00
id:junjuns7 No.4

junjuns7回答回数24ベストアンサー獲得回数42007/12/16 14:49:43

ポイント20pt

人に優しいコンピュータ画面設計―ユーザ・インタフェース設計への認知心理学的アプローチ

人に優しいコンピュータ画面設計―ユーザ・インタフェース設計への認知心理学的アプローチ

  • 作者: 海保 博之 加藤 隆
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • メディア: 単行本

教科書的な内容の本です。古いものなので、WEBにそのまま適用できない面もありますが

ソフトの画面設計の時の基本的な考え方として頭にたたき込んでおいてもよい内容です。

たとえばフィードバックについて書かれた章には

「フィードバックは確実かつ即時に」「フィードバックはわかりやすく」

「変化をわかりやすくフィードバックする」「処理に時間がかかりそうな場合はこうする」…

といった項が並びます。

id:londonboy

なるほど。こうゆう本も大歓迎です。ありがとうございます。

WEBなりのUIというのも、・・・ソフトウェアの歴史で培われてきたUIを

抑えるのが大事ですよね。

2007/12/18 13:33:11
id:yabloko No.5

yabloko回答回数63ベストアンサー獲得回数122007/12/18 00:50:34

ポイント20pt

UIに関する基本的な理論は、ユーザビリティの観点から議論されることが多いのではないでしょうか。下に挙げたのは、ユーザビリティエンジニアリングの視点でインタフェースについて書かれた本です。

著者のニールセンはWebユーザビリティの専門家ですから、基本的な知識が身に付くかと思います。内容は少々古い部分もありますが、作成段階だけでなく評価段階の話も多く書かれていますので、そういうことにも興味がおありでしたら、目を通して損はないと思います。

[ISBN:4501532009:small:detail]


ただ、具体的なボタンの位置や形となると、経験則で決定されていることがほとんどだと思います。ユーザビリティの知見をどういう形で生かすかは、UI設計者のセンス次第だからです。例えば、ユーザビリティ的に「色のコントラストが低いと認識しづらいので、背景色と文字色の配色には注意すべきだ」という指摘はできても、具体的にどのような配色を選べば良いかは、デザイナーの腕によってしまいます(ユーザビリティ的に優れるだけでなく、見た目的にも美しい必要がありますし)。


また、WebではなくソフトウェアのUIに特化した話ですが、OSメーカーがインタフェースのガイドラインを作っている場合があります。アップル社の「ヒューマンインタフェースガイドライン」が有名ですね。Windowsにも同様のガイドラインが存在します。これに沿って設計することで、OSの設計思想に合ったUIを実現することができます。

id:londonboy

>>「ヒューマンインタフェースガイドライン」

http://potting.syuriken.jp/potting_conv/XHIG_J/XHIGDesignProcess...

すばらしいですね。本当に勉強になります。

ありがとうございます。

2007/12/18 13:34:58

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません