オープンソース関連のビジネスモデルを調査しています。

OSS関連のビジネスをメインの事業として収益を得ている会社とそのビジネスモデルを教えて下さい。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/12/16 13:49:45
  • 終了:2007/12/23 13:50:02

回答(1件)

id:garyo No.1

garyo回答回数1782ベストアンサー獲得回数962007/12/16 14:36:57

ポイント60pt

>http://www.netlab.jp/>

株式会社ネットワーク応用通信研究所(NaCl)は、Rubyをはじめとするオープンソースソフトウェアを活用し、お客様にさまざまなソリューションを提供します。

<<

>http://jp.rubyist.net/magazine/?RubyKaigi2006-0610-1>

NaCl の Ruby ビジネス

* 「きわだったものはないんですが」。

* 講師陣が超豪華な Ruby on Rails 講習会を東京で開催。「講師は豪華だがビジネス分野では意味がなかったかも」。

今後の Ruby 市場

* オープンソースをビジネスモデルに取り入れている会社は、今では国内外問わず多数あるが、NaCl では オープンソースの「リテラシーの差」を売り上げにつなげるという戦略。

<<

id:tomoyuki28jp

ご回答ありがとうございます。

NaClはRubyを使った受託開発を主な収益としており、単にRubyの開発者がフェローをやっているので、それが売りになっている、ということではないでしょうか?

NaClがオープンソース企業ということになれば、オープンソース言語を利用して開発をしている全ての企業がオープンソース企業ということにはならないでしょうか?(NaClの給料でMatz氏がRubyの開発をしている、という定義でいうのであれば、Guidoを雇ってPythonの開発に専念させているGoogleもオープンソース企業だと定義できそうですが、Googleをオープンソース企業と呼ぶことには違和感があります。)

こういう意味でいうと、PHPのZendやLinuxのRed Hat社の方がより純粋なオープンソース企業であるかと思います。

如何でしょうか?

2007/12/16 15:23:55
  • id:garyo
    私はこちらの「オープンソースで飯を食う」=「オープンソースによる収益モデル」だと思い、以下の記事を探していました。
    興味があったのは「会社」ではなくて「個人でオープンソースの開発で生活する」点だったため、ご質問の内容とずれた回答になってしまったかも知れません。すみません。


    http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20071127/288144/?P=2&ST=ep_webpluse
    既に日本でも数百人がオープンソースで飯を食っている


    http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20071127/288144/?P=3
    >>
    まつもと 一つはオープンソース企業ですね。オープンソースをオープンソースのままでお金に変えていく仕組みになっていくんじゃないかな。

    梅田 注目しているオープンソース企業はどこですか。MySQLとか。

    まつもと MySQLなどもそうですし,ソフトウエア企業以外にも,Googleも自社で作ったものの一部を外に出していっています。そういう会社はこれからもっと増えていくと思います。

     ネットワーク応用通信研究所もそうです。コンポーネントを作ってオープンソースにして,それをコアにシステムインテグレーションをしている。Rubyのほかにもたくさんのソフトウエアをオープンソースにしています。

     ミクシィも自社で作った一種のデータベースのようなものをオープンソースとして公開している。楽天も楽天技術研究所で開発するソフトウエアをオープンソースとして公開しようとしています。
    <<

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません