水素水は活性酸素を除去し老化防止や美容・健康に良いなどとされている一方で、似非科学として排除する向きもあるようです。門外漢の私にはどちらが正しいのか、よくわかりません。しかし、非常に興味が有ります。是非、ご助言ください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/12/19 02:40:30
  • 終了:2007/12/26 02:45:02

回答(7件)

id:bakuto No.1

bakuto回答回数291ベストアンサー獲得回数162007/12/19 03:04:05

ポイント18pt

ここをよく読んでください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%BB%E6%80%A7%E6%B0%B4%E7%B4%A...


お金が余っていて興味が有るなら止めませんが、過度の期待を持つのは止めましょう。

もしそんなに効果が有るなら、もっと大ブームになってますよ。

プラシーボ効果(思い込み)が関の山です。

id:kaznov17

ご指摘のwikipediaの記事には日本医科大の太田成男教授の研究結果が含まれていません。

http://www.asahi.com/science/update/0508/TKY200705070343.html

やや一方的な内容のように感じます。2007年5月8日にはNHKニュース「おはよう日本」でも放送されているようです。

2007/12/19 03:18:41
id:tatsu___kun No.2

tatsu___kun回答回数230ベストアンサー獲得回数272007/12/19 04:01:15

ポイント17pt

http://www.asahi.com/science/update/0508/TKY200705070343.html

この朝日新聞の記事のとおりとしか言いようがないと思います。

つまり、実験の段階では、水素分子に活性酸素除去効果がありそうだと思われるのですが、

ヒトの疾患にどのくらい応用できるのかは全くわかっていないということです。

つまり、効くか効かないかは現時点では不明ということです。

現段階で「病気に効く」とか「健康に良い」とかいうのは嘘と同じで、似非科学と言われても致し方ありません。

なので、id:bakutoさんが言うとおり、過度な期待は禁物と言うことです。


論文の原文は

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/sites/entrez?Db=pubmed&Cmd=ShowDetai...

からたどって下さい。

id:kaznov17

マウスでの実験結果は良好であったわけですから、科学的根拠はあったと判断できると思います。似非科学とはいいすぎではないでしょうか?

2007/12/19 04:16:55
id:tatsu___kun No.3

tatsu___kun回答回数230ベストアンサー獲得回数272007/12/19 04:36:24

ポイント17pt

> マウスでの実験結果は良好であったわけですから、科学的根拠はあったと判断できると思います。

マウスの実験結果が、どうして「水素水は活性酸素を除去し老化防止や美容・健康に良い」ことの科学的根拠になるのでしょうか?


今回の実験によって「水素が活性酸素による細胞障害を抑制する」らしいことがわかりましたが、

それによって水素が急性の細胞障害にたいして薬として使えるかもしれないという「可能性」が示されただけで、

先ほども回答しましたが、ヒトの疾患に効果があるのか・どのくらい応用できるかは全く証明されていません

証明されていないことを、あたかも本当のことであるかの如くいうことは似非科学と言われても致し方ありません。


ここは重要なことですが、現時点で証明されていないだけで、将来にわたる証明の可能性を否定するものではありません。

ですが、「現時点では」証明されてない以上、効果があるとも無いとも言えないはずです。


http://www.asahi.com/science/update/0508/TKY200705070343.html

id:kaznov17

仰る通りです。

2007/12/19 21:22:30
id:kappagold No.4

kappagold回答回数2710ベストアンサー獲得回数2482007/12/19 11:11:08

ポイント17pt

日本医科大の太田成男教授(細胞生物学)らの実験は、権威もあり審査も厳しいネイチャー・メディシン電子版に載るということで、きちんとした実験結果であると理解できます。

また、「ヒドロキシラジカル」などの活性酸素が体に悪影響を持つ事もよく研究されている事実です。

ここで、重要なのは、日本医科大の太田成男教授が使用したのは、呼気中に水素ガス(活性水素ではなく普通の水素)を入れたということです。

活性酸素は、反応力が強いため活性化していない普通の水素と反応する事が出来たということが重要です。血中に発生した活性酸素が、肺から取り込まれた普通の水素と反応する事によって、体への影響を少なくする事が出来たのです。

普通の水素と活性水素は大きく違います。

普通の水素であれば、血液中で安定に存在できますが、活性水素は血液中で安定に存在することは出来ません。


これまでの水素水とは活性水素水のことです。水中に発生させた活性酸素に対しては、すばやく反応する事が出来ますが、活性水素も活性酸素同様反応が早いので色々な物質と反応してしまうため、飲んでも血中まで移行するとは考えられず、人体に対する影響がほとんどないのが問題です。それが、水素水というものが似非科学と呼ばれる所以です。


今回の御質問においては、水素水(活性水素水)と、普通の水素の吸気による摂取が同じレベルで扱われてしまったため、色々な回答が出てしまったものと思います。


今回の日本医科大の太田成男教授の研究成果を受けて、普通の水素を含ませた飲料水等が販売される可能性もありますが、水中に溶け込ませられる水素は非常に少なく、効果が期待できるほどの量ではないと考えます。


日本医科大の太田成男教授の研究成果は、今後の救急医療において役立つ可能性も高く今後の応用が期待されます。

http://q.hatena.ne.jp/

id:kaznov17

http://www.ohmynews.co.jp/news/20071202/17980

水素水を飲ませたマウスによる実験が出ています。結果は水素水を飲んだマウスは活性酸素の害をあまり受けないという結果だったそうです。なお、この水素水が活性水素水なのかただの水素水なのかはわかりません。

確かに活性水素水というのは怪しいかも知れません。

2007/12/19 21:29:04
id:bakuto No.5

bakuto回答回数291ベストアンサー獲得回数162007/12/19 15:01:17

ポイント17pt

やや一方的との事ですが、説明が足りなかったようで申し訳有りません。

私も100%否定はしていません。

ただ現段階においては「水素水」について何も証明されていませんし、HPの実験もただ「水素」が「活性酸素」の抑制に効果が有ったと言うだけで、それが「水素水」の効果を証明しているわけでは有りません。

他の方も仰られている通り、「活性水素」は水中では安定して存在が難しい事が知られていて、先のHPはそれについて何ら科学的な根拠やデータを証明していないのです。

この事から現段階では「水素水」がどれだけの「活性水素」を含んでいるかに疑問が残りますし、それがどの程度「活性酸素」の抑制効果が有るのかも未知数です。

客観的に見れば現段階では先の様な見解になるのは普通の事と思います。

データも理論も無い物を「これは効果が有りそうですね!」とは言えませんよ。

無責任になります。


ただこれから先、「水素水」について治験データや理論がそろい効果を認められれば、自信を持って「これはお勧めです!」と言いますよ。



それと、「マスコミで取り上げられる=真実」では無いので気を付けて下さい。

以前にマスコミで「携帯電話でペースメーカーが誤動作」報道が盛んに有りましたが、実際には誤動作した事例は世界を見ても無いんです。

詳しくは過去の質問を見てください。(コメント欄を見てください。)

http://q.hatena.ne.jp/1196777445

マスコミがいかに偏った(人にウケル)報道、無責任な報道をしているか理解してください。

過去にTV、新聞、雑誌等で多くの「新技術」、「新理論」が報道されてきましたが、その中で本当に効果が有り採算ベースに乗るものと言ったらごく僅かのケースです。


まあ、「水素水」はこれからの技術でしょうね。

kaznov17さんは「水素水」に大変興味が御有りになる様なので、買うなとは言いません。

ただし買うならば「水素水の研究費の一部として」というような崇高な意識で、決して「これで健康になってやろう」とか思わず、ましてや「これ効くんだぜ」と人に勧めるのは社会的に効果が認められてからにしてください。お願いします。

id:kaznov17

太田教授も含め多くの研究者は、メーカーとなんらかの繋がりがあるようですから、場合によってはフライング的なコメントがあるかもしれません。気をつけなければならないことですね。

2007/12/19 21:31:03
id:Wize No.6

Wize回答回数65ベストアンサー獲得回数92007/12/19 17:00:30

ポイント17pt

太田教授のマウスの実験結果から期待されることは、

脳梗塞状態の人間に例えば2%濃度の水素を吸わせることで、脳細胞の死ぬ度合いを減らせるかもしれない、ということですよね。

ここから、水素水が老化防止や美容に良い、というのは論理の飛躍にすぎます。関係ない、と言っても良いでしょう。


まず、「水素水を飲むこと」と「水素を呼吸すること」は全く違うと言うことが一つ。

食道を通って胃、腸に行くルートでは、吸収され方が(そもそも吸収されるのかも)わかりません。


次に量の問題。普通の状態ですと、水素は2%ほど水に溶けます。

1回の呼吸は約500ml。水素水を500ml飲むのと、2%水素を1回呼吸することが、(あくまで口に入る量としてですが)同じ程度になります。

太田教授の実験でマウスが何分間水素を吸わされたのかわかりませんが、水素水を飲む程度でまかなえる量だったのでしょうか。

ちなみに水素水は「水素が多く溶けている」と唄っていたりしますが、

本当に溶けていることを証明したデータはありません。溶ける理由も科学的ではありません。


さらに、脳梗塞状態に効く→老化防止、美容に良い という飛躍。

病気に効くのと予防は全く違います。抗ガン剤を毎日飲めばガンにならないか、そんなわけはありません。


というわけで、太田教授の実験と、水素水の効果には、科学的に見るとほとんど関連性がないのです。

それをあたかも、効果が科学的に証明されたかのように言っているので、まさに似非科学と言って良いのです。


http://www.ohmynews.co.jp/news/20071202/17980

id:kaznov17

太田教授の実験に使われたマウスは水素を吸わされたのではなく水素水を飲まされたということのようです。抗がん剤から発生する活性酸素を抑制できるかどうかの実験だったようですが、水素水を飲まされたマウスの方が元気に活動をし続けられたという有意な結果が出たということでした。

>ちなみに水素水は「水素が多く溶けている」と唄っていたりしますが、

本当に溶けていることを証明したデータはありません。溶ける理由も科学的ではありません。

http://www.ohmynews.co.jp/news/20071202/17980

ご指摘の記事を読む限り、反論している研究者自身も水に水素が溶存することは科学的に認めているように思えますが……。

2007/12/19 21:21:01
id:Wize No.7

Wize回答回数65ベストアンサー獲得回数92007/12/20 00:17:46

ポイント17pt

コメントありがとうございます。水素水を飲まされたマウスの結果は知りませんでした。

朝日新聞では、水素水を使ったのは培養細胞と書いてあったのですが、

マウスが飲んだ実験について書いてあるところを教えていただけないでしょうか。

水素水というのがどういうものか(例えば水素含有量)、や、実験結果に興味があるので……

「水素水を飲む→抗ガン剤から発生する活性酸素を抑える」ならば、少し近づいていますね。


そして「水素が多く溶けている」話ですが、すみません、リンク先が適当ではありませんでした。

高圧をかけることによって水素を多く溶かす、についてはもちろん問題ありません。

圧力に比例して溶解度はあがります。水素10気圧下で水素水を作れば10倍濃度になります。

ただ、常圧下で蓋を開けたときに飲めないといけないので(炭酸飲料と同じように吹き出してくる)

何倍でも作れるというわけではなく、限度はありそうに思えます。


私が念頭に置いていた「水素が多く溶けている」水というのは、

圧力以外の方法で、なぜか異常に多く溶けている水でした。

http://suiso.navi21.jp/

例えばこのような水のことです。説明不足で申し訳ありません。


ちなみに、このサイトでは

http://www.gincha.com/suiso/index.html

2,10PPM溶けてると、まるで多量のように書いてありますが、2PPMと言えば、500mlの水に水素1mg。

これは常圧での水素11.2mlですので、結局2%でしかなかったりします。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません