「漁夫の勇」の原文(漢文)を教えてください。前後もわかるとベターです。

http://www.sotozen-net.or.jp/kokusai/journal/hogen09/jhogen09_05.htm
>水にいりて蛟龍を避けざるは、漁夫の勇なり。陸行して虎児を避けざるは、猟夫の勇なり。白刃、前に臨んで、死を視ること生のごときは、将軍の勇なり。且くい作麼生(いかん)がこれ衲僧の勇。良久して云く、開単打眠、展鉢喫飯、鼻孔裏より気を出だし、眼睛裏より光を放つ。還た向上の事あることを知るや。飯に飽き快活、●(あ)一錘。超過す瞿曇(くどん)の親授記。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/12/19 12:32:35
  • 終了:2007/12/26 12:35:02

回答(3件)

id:kappagold No.1

kappagold回答回数2710ベストアンサー獲得回数2482007/12/19 13:22:47

ポイント35pt

入深淵,刺蛟龍,抱黿鼉而出者,此漁夫之勇悍也;入深山,刺虎豹,抱熊羆而出者,此獵夫之勇悍也

http://chinese.dsturgeon.net/text.pl?node=21825&if=en

http://hk.geocities.com/chun_2008/slau/11.htm

http://www.tw001.net/novels/classic/shuoyuan/shuoyuan11.html


〈莊子.秋水〉:

  孔子游於匡,宋人圍之數匝,而弦歌不輟。子路入見,曰:「何夫子之娛也?」孔子

曰:「來,吾語女。我諱窮久矣,而不免,命也;求通久矣,而不得,時也。當堯、舜而

天下無窮人,非知得也;當桀、紂而天下無通人,非知失也:時勢適然。夫水行不避蛟龍

者,漁父之勇也;陸行不避兕虎者,獵夫之勇也;白刃交於前,視死若生者,烈士之勇也

;知窮之有命,知通之有時,臨大難而不懼者,聖人之勇也。由處矣!吾命有所制矣!」

無幾何,將甲者進,辭曰:「以為陽虎也,故圍之;今非也,請辭而退。」

http://www.agent-m.net/Cloud123/C1-4-9.htm

http://www.isst.edu.tw/s44/quarterly/52/07.PDF

上記のどちらかでしょうか


以下のようなものも出てきました。

「水行不避蛟龍者,漁夫之勇也;陸行不避凶虎者,獵夫之勇也。我要秤秤王小石的斤兩,是勇者無懼也。」

http://www.szk166.com/%E9%9B%BB%E5%AD%90%E6%9B%B8%E5%BA%AB/Wen/a...

上山容易下山難。

  ——水行不避蚊龍者,漁夫之勇也;陸行不避凶虎者,獵夫之勇也。

  (明知“狂僧”梁癲和“瘋圣”蔡狂還有“大劈棺”燕趙及其三十一死士都來了,我還是得上七分半樓淚眼山——我算是什么?俠者之勇?還是愚者之勇?)

http://www.millionbook.net/wx/w/wenruian/snzm/015.htm

id:n4o

回答ありがとうございます。

一点疑問があります。

どちらも荘子、秋水となっていますがどちらかが誤りなのでしょうか?

それとも、どちらかが例えとして引用し、それが定着してしまったパターンなのでしょうか?

2007/12/19 15:08:09
id:kappagold No.2

kappagold回答回数2710ベストアンサー獲得回数2482007/12/19 15:50:45

ポイント34pt

上のものの出典は、劉向說苑です。

劉向(りゅうきょう、紀元前77年(元鳳4年) - 紀元前6年(建平元年))は前漢の学者、政治家。

下のものの出典は、莊子.齊物論です。

[編集] 莊子(紀元前369年 - 紀元前286年)

ここから考えると、大元は莊子.齊物論だと考えます。

引用するときに、自分なりの言葉になったという感じなのでしょうか?


きちんとした回答が出来なくてすみません。

http://q.hatena.ne.jp/

id:n4o

回答ありがとうございます。

返信が遅くなってすみません。

いえ、十分です。この回答で満足してます。

2007/12/20 09:19:53
id:ardarim No.3

ardarim回答回数892ベストアンサー獲得回数1422007/12/19 22:09:33

ポイント11pt

前半と後半で出展がばらばらだと思います。

前半(漁夫の勇)については既に回答が出ていますので後半について。


後半は如淨和尚語錄というものだと思われます。

冬至上堂。晷運推移。打圓相云。看日南長至。
眼睛裡放光。鼻孔裡出氣。還知向上事麼。飽
飯快活屙一堆。超過瞿曇親授記

如淨和尚語錄卷上

これは「鼻孔裏より気を出だし、眼睛裏より光を放つ。還た向上の事あることを知るや。飯に飽き快活、●(あ)一錘。超過す瞿曇(くどん)の親授記。」の部分です。


真ん中の「良久して云く、開単打眠、展鉢喫飯」の部分が残りますが、これはわかりませんでした。

id:n4o

回答ありがとうございます。

後半は創作かと思っていました。

引用っていうのは吃驚です。

2007/12/20 09:22:40

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません