Let's noteを購入よていなのですが、5年間保証をつけるかどうか迷っています。

購入金額の1割なので、1万8千円ほどかかってしまいます。
入っておいた方が良いでしょうか?
通常使用に伴う故障は直してくれるということなので、おそらく液晶かHDDの劣化に対応している、ということなんだと思いますが・・・。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/12/25 01:21:35
  • 終了:2007/12/29 18:56:38

ベストアンサー

id:yokayo No.7

yokayo回答回数86ベストアンサー獲得回数32007/12/26 17:12:11

ポイント30pt

 つけたほうがいいかどうか気にしているということは、金銭面を気にされているということだと思います。

結論から言うと、酷使するようなことがなければ、つける必要はありません。

酷使するとは、24時間電源を入れっぱなしだとか、毎日、揺れの激しい場所で使用するだとか、

水滴が飛ぶ場所で使用する、海で使用するなどです。

 一日数時間の使用であれば、5年間問題が起こる率は少ないでしょう。3万円の保険ですよね。

実際、レッツも含めてノートパソコンを何台か使用し、デスクトップも何台も使用していますが

ハードウェアが故障して使えないと言うことは、ありません。

通常の故障は、ソフトウェアトラブルによるもので、一番多いものは、スピードが遅くなる、OSが

起動しなくなるなどです。

 通常の使い方でも一番故障が多いのは、ハードディスクとなります。これなどは、もし問題が

起きても、ディスクを買ってきて交換するだけですから、1万円程度でできてしまいます。

(但し、最近のOSは、ハードディスクの一部に、リカバリーOSが搭載されていますので、

リカバリーOSが使えるようにしておかなければなりません。この点については、購入する際に

販売店かメーカーに確認しておく必要があります。)

ハードディスクが、おかしくなった場合でも、多くの場合、一部のデータがおかしくなっただけなので

リカバリーOSで復元すればそれで終わりです。

 ノートでは、2.5インチのハードディスクがついていますが、ノートの場合、ディスク保護の為に

ヘッドの動きが多くなりその分、劣化が早くなります。わかりやすい例は、ディスクの回転音がうるさい、

ヘッドのカチャカチャという動作音が大きくなるなどです。ハードディスクを使っている場合仕方の

ないことですが、この程度だと、所詮、保険では対応してもらえないので、保険は無意味です。ディスクが

劣化しても、200000時間程度は使えることを考えると毎日12時間使っても4.5年は使えることになります。

 致命的なのは、LCDディスプレイですが、この部分の破損を心配される場合は、保険をかけたほうが

無難です。また、高いところのものをとる際の、台にしたら壊れたと言い放った女性もいましたが、

(しかも、ソフトウェア開発にたずさわっている・・・)もし、このぐらい乱暴なことをしてしまう可能性が

あれば、保険をかけたほうが無難です。ただ、このような故障で保険が降りるのか不明です。

 バッテリーは、保険の対象にならないでしょう。

キーボードはなるかもしれませんが、部品だけ取り寄せれば自分で修理できます。(勿論、キーのカバーが破損した

場合です。)

 いずれにしろ、5年間で一割の保険と聞くと、5年間だと何かありそうで、1割ならお徳と思いがちです。

でも、よく考えてみてください。保険は、保険屋さんが儲けるために作っているものです。ということは、

まず起こりえない状況に対して、保険を用意しているわけです。十分に起こりうることに対して保険を

作成したら、保険屋さんは何も儲かりません。ひょっとすると、販売店が親切心からユーザーへの配慮で

1割を払えば無償にする制度を作ったのかもしれません。ですが、販売店が、その保険のためのお金を

内部で5年分も保留するほどの余裕があるとは思えません。もし、あるとすれば、それは、やはり

ほとんど起こりえないことだからです。

 もちろん、故障は起こり得ます。ですので、余剰金がいっぱいあるのなら、保険はかけておいたほうが

よいです。ですが、事故の確率は非常に小さいので、(紛失、盗難のほうがはるかに大きいと思いますが

それは保険の範囲なんでしょうか?)すべてにそのようなお金をかけるのはやめたほうがいいと思います。

すくなくとも、最初の一年はメーカー補償がつくわけですから。


http://dummy.jp

その他の回答(6件)

id:KairuaAruika No.1

KairuaAruika回答回数6926ベストアンサー獲得回数972007/12/25 02:01:39

ポイント18pt

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%b8%ce%be%e3

アドレスはダミーです。

加入をお勧めします。

大体三年でHDDは駄目になります。

ノートPCはかなりの精密機器なので,五年持たせるのは至難の業です。

ノートなので持ち運びますよね?

持ち運ばず,室内での使用でなら壊れないかもしれませんが。

id:ttex No.2

ttex回答回数34ベストアンサー獲得回数32007/12/25 02:04:08

ポイント10pt

通常機械の故障というのは初期不良と劣化不良が一番多いわけで、これをバスタブ曲線などと言ったりします。

http://www.tsuge.co.jp/basutabu.htm

たとえ保証をつけても、1年間はメーカー保証があるので無料で直してくれます。

それ以降が問題で、その契約は原価償却によって保証金額が下がったりしませんか?

たとえば、2年目は購入金額の80%、3年目は50%・・・のように下がっていたりすると

5年目に壊れても結局、新しいのを買ったほうが安かったりします。

なので、まず保証契約がどうなっているか、よく確認されてはいかがでしょうか?

特にパソコンだと5年も経つと陳腐さが際立ってしまいますので、

用途として、インターネット見るくらいなら耐えられるかも知れませんが、

それ以外がどういうことをなさるかによりけりでしょう。

私は今この書き込みしているのが6年前のパソコンですが、flash見るのとかはかなり辛いですね。

id:donpei No.3

どんぺい回答回数437ベストアンサー獲得回数32007/12/25 02:20:01

ポイント11pt

以前CF-T1を使っていた者です

その当時は1年保証しかなく、途中で3年保証の仕組みができ、その場合追い金が発生しました

そのため、払わずにいました

当初1年の間に基盤の不良とHDDの不良が発生し、無償で交換となりました

ただ、その後HDDの不良が再度、また液晶の交換、キーボードの接触不良と問題が発生し、

後者は全て費用が必要となり、約10万円程発生しました

かなり過酷な使い方をしていたのが原因ではあります

しかし質問者さんは、5年という長期使われると言うことから5年保証に入るべきだと思います

それ以上の交換費用は発生するものと予想されます


ちなみに不良が多すぎたので、その後はバイオに変更しています

http://d.hatena.ne.jp/donpei/20050702

id:kent0608 No.4

kent0608回答回数220ベストアンサー獲得回数232007/12/25 09:26:14

ポイント30pt

保証を一種のギャンブルと見立てた場合、5年間で1万8千円以上の修理費用が発生すれば、貴方の勝ちとなり、保証に入ったのは得だったということになります。

1年はメーカー保証があるので、胴元(家電量販店)のリスクは0です。2年目~5年目の間にノートPCに異常が発生すれば、殆どの確率で掛け金以上の修理費用が発生します。すなわち、2~5年の間の故障率がどのくらいか分かれば、期待修理費用が算出できます。

http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20152327,00.h...

(上記より抜粋)2003年~2004年に製造されたノートPCのうち、購入して最初の1年目に故障を経験した人の割合は所有者の20%だったという。4年目になると、この率は28%に増加する。だが2005年~2006年に製造されたノートPCの場合、1年目の故障の割合は減少して15%に、4年目も22%に減ったという。

--

このことから現在のノートPCの故障率は減少傾向にあることがわかります。そして故障の大半が購入から1年以内(=5年保証に入っていなくとも無料で修理できる期間内)ということも見て取れます。仮に購入後2~4年の間の故障率を(4年目までの故障経験率)-(1年目までの故障経験率)とすれば、その値は22-15=7%となります。

ここでLet's noteを購入したユーザ100人が全員、その5年保証に入り、1万8000円を支払った場合を考えます。家電量販店の売り上げは180万円です。そのうち7人+α=10人程度がメーカー保証を受けられない期間中、修理が必要な障害が発生したとします。修理代金が10万円掛かった場合、店側が支払う総額は10万円×10=100万円となります。ここで売り上げは180万なので、損はしていません。むしろ80万円の利益が出ています。

80万の利益が出ているということはすなわち、一人当たり1万8000円を投資して1万円しか戻ってこなかったという計算になります。宝くじ並みの還元率ですね。上記の計算はあくまで仮定の値を用いたものですが、家電量販店は慈善事業団体ではありませんので、「5年保証は(店側に)利益が出る」ことを知っていて顧客に加入を薦めているのは、商売の基本である「利ざやを稼ぐ」という鉄則から判断すれば間違いないと思います。

つまり入っておいたほうが良いでしょうか?という質問に対しては

「入らないほうが投資的には正解」

質問者さんが、宝くじが好きだったり、「安心」という目に見えないブランドを購入したいならば加入しておくのが宜しいかと思います。

私なら加入しません。

id:minkpa No.5

minkpa回答回数4178ベストアンサー獲得回数552007/12/25 17:00:03

ポイント10pt

保障内容によります。

落下破損も対応してるなら入ったほうがいいかもしれません。

しかしほとんどの5年保証は保障制限が厳しいため、あまり入る意味は無いです。

http://q.hatena.ne.jp/1198513292

id:hrkt0115311 No.6

どんジレ、どんさん回答回数892ベストアンサー獲得回数512007/12/25 22:33:22

ポイント11pt

こんばんは。


パソコン修理 料金とトラブル事例

http://www.note-pc.biz/trable.html#p1


パソコン修理 料金とトラブル事例

http://www.note-pc.biz/trable.html#p4


Let's noteの例でなくて恐縮なのですが、故障を修理に出す際の目安です。5年間何ごともなければ問題ないと割り切れるなら、安心料として高くはないと思われます。


あとちょっと古い記事ですけれども、ノートパソコンの場合下記のような盗難保証もつけておいた方が安心かもしれません。

http://ascii24.com/news/i/serv/article/2002/10/29/639576-000.htm...


以上、参考になれば幸いです。

id:yokayo No.7

yokayo回答回数86ベストアンサー獲得回数32007/12/26 17:12:11ここでベストアンサー

ポイント30pt

 つけたほうがいいかどうか気にしているということは、金銭面を気にされているということだと思います。

結論から言うと、酷使するようなことがなければ、つける必要はありません。

酷使するとは、24時間電源を入れっぱなしだとか、毎日、揺れの激しい場所で使用するだとか、

水滴が飛ぶ場所で使用する、海で使用するなどです。

 一日数時間の使用であれば、5年間問題が起こる率は少ないでしょう。3万円の保険ですよね。

実際、レッツも含めてノートパソコンを何台か使用し、デスクトップも何台も使用していますが

ハードウェアが故障して使えないと言うことは、ありません。

通常の故障は、ソフトウェアトラブルによるもので、一番多いものは、スピードが遅くなる、OSが

起動しなくなるなどです。

 通常の使い方でも一番故障が多いのは、ハードディスクとなります。これなどは、もし問題が

起きても、ディスクを買ってきて交換するだけですから、1万円程度でできてしまいます。

(但し、最近のOSは、ハードディスクの一部に、リカバリーOSが搭載されていますので、

リカバリーOSが使えるようにしておかなければなりません。この点については、購入する際に

販売店かメーカーに確認しておく必要があります。)

ハードディスクが、おかしくなった場合でも、多くの場合、一部のデータがおかしくなっただけなので

リカバリーOSで復元すればそれで終わりです。

 ノートでは、2.5インチのハードディスクがついていますが、ノートの場合、ディスク保護の為に

ヘッドの動きが多くなりその分、劣化が早くなります。わかりやすい例は、ディスクの回転音がうるさい、

ヘッドのカチャカチャという動作音が大きくなるなどです。ハードディスクを使っている場合仕方の

ないことですが、この程度だと、所詮、保険では対応してもらえないので、保険は無意味です。ディスクが

劣化しても、200000時間程度は使えることを考えると毎日12時間使っても4.5年は使えることになります。

 致命的なのは、LCDディスプレイですが、この部分の破損を心配される場合は、保険をかけたほうが

無難です。また、高いところのものをとる際の、台にしたら壊れたと言い放った女性もいましたが、

(しかも、ソフトウェア開発にたずさわっている・・・)もし、このぐらい乱暴なことをしてしまう可能性が

あれば、保険をかけたほうが無難です。ただ、このような故障で保険が降りるのか不明です。

 バッテリーは、保険の対象にならないでしょう。

キーボードはなるかもしれませんが、部品だけ取り寄せれば自分で修理できます。(勿論、キーのカバーが破損した

場合です。)

 いずれにしろ、5年間で一割の保険と聞くと、5年間だと何かありそうで、1割ならお徳と思いがちです。

でも、よく考えてみてください。保険は、保険屋さんが儲けるために作っているものです。ということは、

まず起こりえない状況に対して、保険を用意しているわけです。十分に起こりうることに対して保険を

作成したら、保険屋さんは何も儲かりません。ひょっとすると、販売店が親切心からユーザーへの配慮で

1割を払えば無償にする制度を作ったのかもしれません。ですが、販売店が、その保険のためのお金を

内部で5年分も保留するほどの余裕があるとは思えません。もし、あるとすれば、それは、やはり

ほとんど起こりえないことだからです。

 もちろん、故障は起こり得ます。ですので、余剰金がいっぱいあるのなら、保険はかけておいたほうが

よいです。ですが、事故の確率は非常に小さいので、(紛失、盗難のほうがはるかに大きいと思いますが

それは保険の範囲なんでしょうか?)すべてにそのようなお金をかけるのはやめたほうがいいと思います。

すくなくとも、最初の一年はメーカー補償がつくわけですから。


http://dummy.jp

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません