液晶モニタが付いた製品もしくは家電において、製品の不良率を示したケーススタディを教えてください。「AというメーカーのB製品は不良率が○○%であった」とか。一般的にだいだい○○%とかいう話でもOKです。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/12/25 17:02:38
  • 終了:2008/01/01 17:05:03

回答(2件)

id:minkpa No.1

minkpa回答回数4178ベストアンサー獲得回数552007/12/25 17:05:21

ポイント35pt

http://satoshi.blogs.com/life/2005/05/post_12.html

 例を挙げて計算すると良く分かる。計算の便宜上、SPE1つを見た時にそれの歩留まりが90%だった仮定する。すると、「8個全てが動く確率」は0.9の8乗=0.43、すなわちSPEの部分で43%の歩留まりとなる。それに対して「少なくとも7個が動く確率」は、それに0.9の7乗×0.1×8を足したもの=0.81、すなわち81%の歩留まりとなる。ここで仮に残りの部分(PowerPCやL2キャッシュ)の歩留まりが85%だったとすると、CELLチップ全体ではそれぞれ37%、69%の歩留まりとなる。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません