アダルトサイトって、入室する際に「18才以上か? イエス・ノー?」みたいなのがありますよね。

あの方式は、法的に決まっている…ものなのでしょうか。

またトップに、いきなりメインのページをおいて、「18才未満はご退室ください」という注意書きだけを上に入れるというのは、法的にいけないものなのでしょうか。すなわちイエス・ノーの段階を踏まず、注意書きのみ、という。
純粋な興味なのですが、お教え頂ければ幸いです。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/01/04 15:20:08
  • 終了:2008/01/11 15:25:02

回答(3件)

id:MEI-ZA-YU No.1

MEI-ZA-YU回答回数4740ベストアンサー獲得回数7552008/01/04 15:32:18

ポイント35pt

http://www.homu.net/2007/07/post_74ca.html

>映像送信型性風俗特殊営業を営む事業者は18歳未満の者を客として

営業してはいけません(同法31条の8第2項)。

そしてこの義務の履行の確保のため、事業者は顧客の年齢確認の義務を負います。

多くのアダルトサイトでは顧客にIDやパスワードを入力させて認証するものと思われますが、

その場合には、「18歳以上である旨の証明又は18歳未満の者が通常利用できない方法により

料金を支払う旨の同意を客から受け」ることが必要とされています(同法31条の8第4項)。

id:maiko8

なるほど。ありがとうございます!

2008/01/04 16:36:00
id:president_kuma No.2

president_kuma回答回数14ベストアンサー獲得回数22008/01/04 15:41:40

ポイント35pt

 恐らく東京都青少年育成条例18条の8などにある法令により、フィルタリングする目的として、yes/no を選択させる行為が定着しているのだと思います。「18才未満はご退室ください」だけだと読まない人もいるため、より明確に認識させる意味で、このような仕組ができたのだと思われます。

 ただ、そのアダルトサイトの年齢認証画面には既に刺激的な写真やイラストが満載だったりするので、既に有名無実化している部分もあると思います。そういう意味では、選択制でなく明示的に「18才未満はご退室ください」と書いただけでも問題はないのかも知れませんね。

 法律は法解釈の問題です。グレーゾーンについては警察がその気になっていて、検察もそのように動けば、解釈次第で有罪無罪決まる部分もありますので、「絶対にダメ」「絶対に安全」というのは難しいんじゃないかな…

http://www.reiki.metro.tokyo.jp/reiki_honbun/g1012150001.html

id:maiko8

そしてなるほど。

厳密なものではないのかも、なんですね…。

もし他にも何かありましたら。いずれにしても、本当にありがとうございました。

2008/01/04 16:36:27

質問者が未読の回答一覧

 回答者回答受取ベストアンサー回答時間
1 KUROX 3542 3313 140 2008-01-04 16:05:33

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません