日記の証拠能力の有無について


以前どこかで日記には裁判や調停?での証拠能力があると読んだのですが、
それはどの程度の証拠能力があり、書いている期間はどの程度必要なのか。
そして、パソコン(ワード他)等の電子機器を使って書いたものにも証拠能力が
備わっているのか。

法律知識に詳しい方教えてください。(詳しい解説が記載されたサイトでも可)

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/01/05 16:59:31
  • 終了:2008/01/10 13:18:06

ベストアンサー

id:hrkt0115311 No.1

どんジレ、どんさん回答回数892ベストアンサー獲得回数512008/01/05 17:29:26

ポイント27pt

こんにちは。判例には辿りつけなかったのですが、2つほど興味深いサイトを見つけましたので、回答させていただきます。


日記の法的影響について(旦那の浮気) - 教えて!goo

上記で、日記がなぜ証拠になるかを解説されている文章に説得力を感じました。よろしければご参照下さい。


まず、日本の民事裁判では、証拠となるものに制限はない。風呂屋の下足札だろうがメールだろうが、どのようなものでも証拠となる。もちろん裁判官が見て、証拠から必要な情報を受け取ってもらわないと裁判では役に立たないので、デジタルデータはプリントアウトしたり、法廷でスクリーンに投影して内容を見せたりする。デジタルデータをCD-Rなどのメディアに保存して提出しても、裁判所のPCで読めるフォーマットなら大丈夫だ。普通はプリントアウトも併せて提出するが。

ITmedia Biz.ID:メールの証拠能力と裁判左記より引用

次に証拠の扱いについては、上記が分かりやすいと思いました。また、デジタルデータに関しては、本物かどうかを争った際に、問題が生じるようです。


以上2点、少しでも参考になれば幸いです。

id:trustin

大変詳しく教えていただきありがとうございます。

参考になります。

2008/01/05 19:10:14

その他の回答(2件)

id:hrkt0115311 No.1

どんジレ、どんさん回答回数892ベストアンサー獲得回数512008/01/05 17:29:26ここでベストアンサー

ポイント27pt

こんにちは。判例には辿りつけなかったのですが、2つほど興味深いサイトを見つけましたので、回答させていただきます。


日記の法的影響について(旦那の浮気) - 教えて!goo

上記で、日記がなぜ証拠になるかを解説されている文章に説得力を感じました。よろしければご参照下さい。


まず、日本の民事裁判では、証拠となるものに制限はない。風呂屋の下足札だろうがメールだろうが、どのようなものでも証拠となる。もちろん裁判官が見て、証拠から必要な情報を受け取ってもらわないと裁判では役に立たないので、デジタルデータはプリントアウトしたり、法廷でスクリーンに投影して内容を見せたりする。デジタルデータをCD-Rなどのメディアに保存して提出しても、裁判所のPCで読めるフォーマットなら大丈夫だ。普通はプリントアウトも併せて提出するが。

ITmedia Biz.ID:メールの証拠能力と裁判左記より引用

次に証拠の扱いについては、上記が分かりやすいと思いました。また、デジタルデータに関しては、本物かどうかを争った際に、問題が生じるようです。


以上2点、少しでも参考になれば幸いです。

id:trustin

大変詳しく教えていただきありがとうございます。

参考になります。

2008/01/05 19:10:14
id:a0003119 No.2

a0003119回答回数245ベストアンサー獲得回数12008/01/05 17:54:21

ポイント27pt

とりあえず民事の場合(刑事だと話がややこしくなるので割愛します)

「著しく反社会的な手段」(東京高裁S52.7.15判決)で取得したようなよほど例外的な場合を除いて、事案と関係するものである限り、(手書き、電子媒体を問わず)日記でも証拠能力(法廷に証拠として出せる資格を有すること)はあります。

 ただ、裁判所(裁判官)がそれぞれの証拠にどの程度を「証明力」(証明すべき事実の認定に実際に役立つ程度)、するかは、

 ・日記を付けていた期間・頻度・分量

 だけでなく

 ・書き手の習慣(例えば、普段手書きでしかメモをつけない人が所持てしないはずの機種のワープロで打った日記には、高い証明力は認めにくいでしょう)

 ・改ざんの有無

 ・筆跡の変化の有無

 などの日記にまつわる様々な要素(すべての要素を公の場所で書き連ねてしまうと証拠偽造等に悪用される恐れもありますので一部割愛します)だけでなく、

 他の証拠や事実との関係(例えば、日記と矛盾する事実(「元日は雪」と書いていたのに、実際には晴れだった)の存在は証明力を低くしてしまう)も考慮して

「総合的に」判断することになります。

 なので、期間だけでは証明力の程度について、一律に判断しにくいです。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%BC%E6%8B%A0

http://6hou-minpou.seesaa.net/

http://bf03.bfit.jp/~contract/

id:trustin

参考になりました!!

2008/01/05 19:11:32
id:seble No.3

seble回答回数4675ベストアンサー獲得回数6162008/01/05 20:07:42

ポイント26pt

単純には、証人の証言が証拠と言えるかどうかという点を考えてみてはいかがでしょう?

証言は単なる本人の申告のみです。

本人の記憶に基づいて証言している訳ですが、現代の科学技術では人間の記憶を外部から探る事は不可能で、記憶通りに証言しているかどうか分からないし、第一、記憶自体が正確かどうかさえ分かりません。

人の記憶ほどいい加減なものはなく、そんないい加減なものにさらに個人の意識が加わりとても証拠だなどと言えるものではありません。

でも、現実にはある程度、証拠として認められます。

日記は、、、

単にそれを書き記した物です。

日時を空けずに客観的な物に書き記す事で記憶違いを減らす事はできますが、それでも多少はあるでしょうし、それ以外は証言と全く同等です。

ですから、日記であってもそれなりに状況証拠の一つとしての能力は持っています。

もちろんケースバイケース。

http://q.hatena.ne.jp/1199519969

id:trustin

ありがとうございます。考え方として参考になります。

2008/01/06 01:09:13
  • id:hrkt0115311
    どんジレ、どんさん 2008/01/10 18:42:46
    id:trustinさん、いるかありがとうございました。びっくりしました!

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません