「フタバガキ」という数年に一度、一斉に開花する植物がボルネオ島などに生息するようですが、次の一斉開花の時期の予想などをご存知の方はいらっしゃいますか?2001年にあったらしい、という記述は見つけたのですが、2008年以降の開花予想をご存知の方がいたら教えて下さい。また、フタバガキの樹齢はどのくらいなんでしょう?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/01/06 22:35:38
  • 終了:2008/01/12 00:26:27

回答(4件)

id:MEI-ZA-YU No.1

MEI-ZA-YU回答回数4731ベストアンサー獲得回数7502008/01/06 23:22:33

ポイント25pt

2001年に開花したのでしたら次は7年後の今年に開花しそうです。

しかし、それも定期的ではないようなので断定できませんが・・・

他エル・ニーニョも関係あり?

http://tadaokik.hiho.jp/borneo/5.htm

>この成熟したフタバガキ科の木が、初めて花を付けるのに、ときには60年かかることもあり、

>また次の花が咲くまでに3年、7年、あるいは11年といった奇数の年数がかかると言われている。

 

>また、花の開花は、定期的ではなく、湿度や温度のわずかな変化に反応して

開花するらしい。長い雨季のあとの乾季が、開花の引き金になるのだろう。 


http://www.ecology.kyoto-u.ac.jp/ecology/activities/2004.html

>一斉開花は東南アジアのフタバガキ林にユニークなマスティング現象である。

数年の不規則な開花間隔で林内の多くのフタバガキとそのほかの植物が同調して開花する。

わたしたちが研究を行ってきたランビル国立公園の10年あまりのデータから、

定説となっていた低温ではなく乾燥が引き金となって一斉開花が起きていることがわかってきた。

19年間のランビルの降水量とエル・ニーニョの指標とされている南方振動指数(SOI)の比較から、

エル・ニーニョの1,2年前とエル・ニーニョの期間に乾燥が入りやすく、

エル・ニーニョとエル・ニーニョの間の2,3年間は乾燥が入りにくい湿った状態になっていることがわかった。

このパターンをみると、ランビルで観察された96年から98年の連続した開花というものが、

異常なものではなかったということがわかる。

また、このような連続した開花は一斉開花を説明する仮説の1つである

「環境予測」(一斉開花のあとには雨の多い時期がくるので実生の生存率が高くなる)仮説を支持しない。

また、大きな一斉開花で結実率が高いことなどから、一斉開花の規模は一斉開花する植物の更新に重要である。

このことを考えると、有効な一斉開花は1回のエルニーニョに1回程度だと思われる。

id:mihi11

ありがとうございます

2008/01/12 00:25:25
id:tenida No.2

tenida回答回数334ベストアンサー獲得回数132008/01/07 00:23:49

ポイント25pt

フタバガキの一斉開花のメカニズムの研究が、

http://www.ecology.kyoto-u.ac.jp/~shoko/research.html

http://www.yies.pref.yamanashi.jp/pla-eco/seitaitoshashin/topic/...

などに、またその開花周期について

http://www.econavi.org/weblogue/special/33.html

http://mc1.zero.ad.jp/~zav39473/rainforest.htm

などに、2年から8年、または6年から10年と紹介されています。

これらのサイトを見ると、開花メカニズムは何らかの気象条件が開花の引金になるのではないか、或いは種子捕食者や送粉者といった動物との相互作用が引金になるのではないかなどの仮説が提唱されているだけで、実体は不明と伺われます。従って、開花周期についても最短2年から最長10年のばらばらの観察記録しかないのが実情でしょう。とすれば01年が前回の一斉開花期とすれば今年以降「いつ一斉開花があってもおかしくない」としか云えないのではないでしょうか??

また一口に「フタバガキ」と云うものの、実際は「フタバガキ科」の双子葉植物で17属約570種あるそうで、大部分が常緑樹だが、落葉樹もあるとのこと。

更に最近になって新たに発見されるものもあり、その樹齢は200-300年のものが発見されているというだけで(参照)、限界樹齢何年とは規定されないのではないのが実情ではないですか?

id:mihi11

ありがとうございます

2008/01/12 00:25:44
id:Aris5 No.3

Aris5回答回数27ベストアンサー獲得回数02008/01/07 19:34:47

ポイント20pt

200年とか400年とか百年単位の樹齢らしいです。

下記、ご参照

樹齢200年にも及ぶフタバガキにツルの植物が絡みついている光景を目・・

http://www.borneonavi.jp/danum/


ロッジ前にある大きなフタバガキの仲間Shorea johorensi。 樹齢400年以上とか。

http://www.page.sannet.ne.jp/fujiroll/outdoor/borneo/borneo1.htm



開花について

開花は数年に一度

稀に生じる低温が引き金になる。

しかし、地球温暖化で低温度があまりない!

以上の事から、予想は難しいらしいです。

http://homepage1.nifty.com/nyaon/eco/tour32.html

id:mihi11

ありがとうございます

2008/01/12 00:25:54
id:junti No.4

junti回答回数239ベストアンサー獲得回数32008/01/07 21:37:13

ポイント20pt

フタバガキというのは分類学上の「フタバガキ科」(DIPTEROCARPASEAE)

のことでしょう。通称「ラワン」です。

数年に一度実をつけると聞いていますが「一斉に」かどうか知りません。

ボルネオの熱帯林の中で一番大きくなる木で、樹齢は数百年になると思います。

http://hatena.ne.jp/

id:mihi11

ありがとうございます

2008/01/12 00:26:01

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません