ハンドボールの五輪予選やり直しについてよく見聞きするのですが、なぜやり直しすることになったのかを知りません。教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人1回まで
  • 登録:2008/01/11 18:03:24
  • 終了:2008/01/11 18:25:14

ベストアンサー

id:sylphid666 No.1

sylphid666回答回数3302ベストアンサー獲得回数902008/01/11 18:15:48

ポイント35pt

http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/ballsports/news/20071219-OHT1T...

まず、こういう結果になりました。

>今年9月に愛知・豊田市で行われた男子アジア予選。日本はクウェート戦で、イランの審判による不可解な判定で流れを奪われ27―29で敗戦。クウェートが28―20で韓国を下した一戦も同様。優勝したクウェートが五輪切符を獲得し、日本は3位で望みを断たれた。

が、

>アジアでは、10年以上前からクウェートの王族で支配されるアジア連盟(AHF)が独断で審判を決めるなど、その横暴さが目立ち始めた。時にはアーマド会長自らが指名することもあったという

という背景があり、今回の予選において審判がクウェート寄りの判定を下していました。

日本や韓国選手が倒されているのにファール取らなかったり、クウェートの選手が反則区域からシュートをしたりしてもファールを取らなかったりと。会場でブーイングが起きている模様をニュースで見たこともあります。

そして、

http://www.tokyo-np.co.jp/tochu/article/sports/news/CK2007121902...

>本来なら第三国が担当すべき今予選の審判団もヨルダン、レバノン、シリア、イラン、カザフスタン、ドイツと、6カ国中4カ国が中東といういびつな構成。今予選ではアジアトップの実力を持つ韓国が、最大の標的にされた。開幕戦となった9月1日の韓国-クウェート戦では、ヨルダン人審判員が序盤からクウェートびいきの判定を連発。韓国は、完全なシュートをオーバーステップやラインクロスと判定されたほか、守備でもたびたび反則を取られ、退場者が続出。まともにシュートさえ打てずに完敗した。試合中、クウェートと韓国の首脳陣がVIP席でののしり合うという異様な光景も見られた。

抗議行動を起こした結果やり直しが検討されています。

>同3日の日本-クウェート戦、日本はドイツの審判員を要望したがアジア連盟はこれを却下し、イラン人審判員が担当した。後半11分、正当と思われた守備をした永島が失格となるなど不可解な判定も続出。予選全試合終了後、すぐさま日本と韓国の協会が共同会見し、IHFへの抗議行動を表明していた。

id:nyanya

すんごく良く分かりました。ありがとうございました!

2008/01/11 18:23:31

その他の回答(1件)

id:sylphid666 No.1

sylphid666回答回数3302ベストアンサー獲得回数902008/01/11 18:15:48ここでベストアンサー

ポイント35pt

http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/ballsports/news/20071219-OHT1T...

まず、こういう結果になりました。

>今年9月に愛知・豊田市で行われた男子アジア予選。日本はクウェート戦で、イランの審判による不可解な判定で流れを奪われ27―29で敗戦。クウェートが28―20で韓国を下した一戦も同様。優勝したクウェートが五輪切符を獲得し、日本は3位で望みを断たれた。

が、

>アジアでは、10年以上前からクウェートの王族で支配されるアジア連盟(AHF)が独断で審判を決めるなど、その横暴さが目立ち始めた。時にはアーマド会長自らが指名することもあったという

という背景があり、今回の予選において審判がクウェート寄りの判定を下していました。

日本や韓国選手が倒されているのにファール取らなかったり、クウェートの選手が反則区域からシュートをしたりしてもファールを取らなかったりと。会場でブーイングが起きている模様をニュースで見たこともあります。

そして、

http://www.tokyo-np.co.jp/tochu/article/sports/news/CK2007121902...

>本来なら第三国が担当すべき今予選の審判団もヨルダン、レバノン、シリア、イラン、カザフスタン、ドイツと、6カ国中4カ国が中東といういびつな構成。今予選ではアジアトップの実力を持つ韓国が、最大の標的にされた。開幕戦となった9月1日の韓国-クウェート戦では、ヨルダン人審判員が序盤からクウェートびいきの判定を連発。韓国は、完全なシュートをオーバーステップやラインクロスと判定されたほか、守備でもたびたび反則を取られ、退場者が続出。まともにシュートさえ打てずに完敗した。試合中、クウェートと韓国の首脳陣がVIP席でののしり合うという異様な光景も見られた。

抗議行動を起こした結果やり直しが検討されています。

>同3日の日本-クウェート戦、日本はドイツの審判員を要望したがアジア連盟はこれを却下し、イラン人審判員が担当した。後半11分、正当と思われた守備をした永島が失格となるなど不可解な判定も続出。予選全試合終了後、すぐさま日本と韓国の協会が共同会見し、IHFへの抗議行動を表明していた。

id:nyanya

すんごく良く分かりました。ありがとうございました!

2008/01/11 18:23:31
id:iwaamap No.2

iwaamap回答回数180ベストアンサー獲得回数102008/01/11 18:16:00

ポイント35pt

簡単に言うと

アジアハンドボール連盟(AHF)の中東びいきがあまりにひどく

国際ハンドボール連盟(IHF)が注意したということです。

日本が所属するアジアハンドボール連盟(AHF)は、事実上クウェートの王族で支配されていることから中東諸国が要職を占める状勢が続いている。

アジアにおいて行われる大会の日程、審判については協会の意向により決められるため、中東の国にとって有利な運営がなされている。

何よりも審判の判定において顕著であり、不可解な判定は中東の笛と呼ばれている。

この状況は東アジア国において問題視されており、北京オリンピックアジア予選においてもみられた。

2007年9月に愛知県豊田市で行われた男子予選においてクウェート-韓国戦では、当初国際ハンドボール連盟(IHF)の指示によりドイツの審判団が裁く予定であったが、AHF により、急遽中東のヨルダンに変更となった。

この試合では開始2分で韓国選手が退場になるなど、あまりにもひどい判定に対して、観客席からコート内にペットボトルが投げこまれるような状況が発生した。

クウェート-日本戦においても、同様にドイツからイランへ審判団の変更がなされ、勝負どころでは不可解な判定が頻発し問題視された。

こうした事態に日本は韓国と共にIHFに対し改善を求めた結果、IHFは2007年12月17日に行われたパリでの理事会において、アジア予選を男女両方とも2008年1月末までにやり直すことを決定した。

アジア予選のやり直しの詳細はフランス時間の20日までに発表される予定となっていた。

ハンドボール - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%9...


「中東の笛」って何だ! ハンドボール五輪予選  - MSN産経ニュース

http://sankei.jp.msn.com/sports/other/071218/oth0712182142007-n1...

id:nyanya

良く分かりました。テレビで「やり直し問題について」としか言ってくれず、webでも探しきれてませんでした。ありがとうございました。

2008/01/11 18:24:26

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません