おはようございます。

以下のページの、「大きい飛行機が小さい飛行機を下につけて運んでいる写真」についてですが、
どうして運んでいるんだと思いますか?
http://forum.keypublishing.co.uk/showthread.php?t=22277

どうして小さい方は自分で飛ばないんでしょうか?

大きいほうも小さいほうも同じ目的地だったから、どちらかが運んだ方が燃料代が安くつくのかな、と思ったのですが・・・。

他に理由ありますか?
説明しているサイトとかあったら最高です。
宜しくお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/01/12 05:28:04
  • 終了:2008/01/12 06:48:05

ベストアンサー

id:Kakeru No.1

Kakeru回答回数727ベストアンサー獲得回数172008/01/12 06:15:13

ポイント100pt

例示されたサイトに掲載されているのは「パラサイトファイター」とカテゴライズされるものの写真です。

護衛戦闘機をどう随伴させるか、といった目的の他、ロシアでは急降下爆撃機により重い爆弾を搭載させるといった目的も検討されていたようです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%82%B5%E3%82%A...

http://en.wikipedia.org/wiki/Zveno_project

http://en.wikipedia.org/wiki/FICON_project

id:ryota11

ほぉ・・なるほど!!

そういうことだったんですね!

すっきりしました。

ありがとうございます!

2008/01/12 06:47:49
  • id:ryota11
    あ、小さい方は長距離飛ぶだけの燃料を積めないってのもあるのかな・・。
    それなら近くで製造しろと思いますし、それだけのために運ぶ用の飛行機を作ったりするかな・・。
    謎なんですけど。。
  • id:YU-KE

    この飛行形態は、「飛行機を輸送」する為ではなく、戦争時の大型機の護衛目的で使用されました。


    大型機は小型の戦闘機と戦闘になった場合、小回りがきかない分、非常に不利な状況になります。
    パラサイトファイターは、そういった場合に、切り離され母艦を守る働きをします。
    また、ご想像の通り、小さい飛行機は航続距離が短くて、大きな飛行機と同じ距離を飛ぶことはできません。
    ですから、当時は、このようなスタイルで護衛を行っていたようです。

    なを、現在では「空中給油」の技術が完成している為、このような形態の護衛は行われておりません。


    空中給油について
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%BA%E4%B8%AD%E7%B5%A6%E6%B2%B9
  • id:tinkiti
    http://www.nasa.gov/returntoflight/crew/ferryflight.html
    スペースシャトルは自力で飛べないからこんなんです。
  • id:cymneve
    http://www.asahi-net.or.jp/~NA2Y-YMMT/1105.html

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません