『真珠(イケチョウガイ)』が、道頓堀の浄化の為に活躍しているそうなのですが、≪なぜ真珠なの?他の貝ではダメなの?≫≪真珠以外で浄化能力の高い貝ってある?≫といった諸疑問を解決するための情報、いただけないでしょうか・・・?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/01/18 13:34:56
  • 終了:2008/01/18 23:06:05

回答(1件)

id:rhythmzone No.1

rhythmzone回答回数12ベストアンサー獲得回数02008/01/18 14:44:53

ポイント60pt

なぜ?

それは浄化能力が高いからじゃないですか。

イケチョウガイは、水中の窒素やリンを取込んだ植物性プランクトンのケイソウや、その死骸を食べて大きくなり、1日に18リットル缶10数缶分の水を浄化するほどの、すぐれた浄化力を持ちます。

また水質浄化の他に、真珠を作るというイメージが良いのではないでしょうか?

水質浄化能力をもつうえに、真珠もつくる優れもの「イケチョウ貝」をもちいて、大阪の河川を水質浄化しようというプロジェクトからはや4年。

http://www.mizukaido808.com/yo-kaikai211/yo-kaikai_f.htm



他の地域では、真珠貝でも違う品種を使用しています。

大川市 ドブガイで水質浄化

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/lifestyle/animal/2006/11/post_1...

  • id:motsura
    たしかこの計画は、「環境名目に真珠貝に投資してもらって、何年後かに真珠が捕れるかどうか楽しみにしてもらう」ってのが趣旨だったと思います。
    つまり貝がどうのという問題ではなく、淡水パールが目的だったハズです。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません