私は個人事業主をしているのですが、先日親が亡くなり、私に生命保険が入ることになりました。


保険の担当者に聞くと、「生命保険は所得になる」とのことで、確定申告時に申告しなくてはいけない科目になるそうです。

それはそれで良いのですが、私の年収はおおよそ5~600万円ですので、生命保険の所得を加えると、1千万円を超えてしまいます。

1千万円を超えると、個人事業主は消費税を払わなくてはいけなくなるのですが、事業所得は5~600万円なのに、消費税を納めるのはおかしくないか?と思っています。


いずれ税理士さんにも相談しようと思いますが、ある程度の知識を蓄えておきたいので質問しました。どうすれば良いかご存じの方は、教えていただければと思います。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/01/24 01:10:00
  • 終了:2008/01/24 17:37:20

回答(4件)

id:dotsuki No.1

dotsuki回答回数163ベストアンサー獲得回数152008/01/24 01:25:08

ポイント25pt

掛け金を親が払っていた場合は、相続税。自分が払っていた場合は、所得税となります。

相続税なら、5000万+法定相続人の数×1000万まで非課税です。

所得税は、給与所得等とあわせ、確定申告をする必要があります。

しかし、消費税はかかりません。

事業による売り上げは、例えば100万円の売り上げなら、そこに消費者が払うべき5%分の役5万円が含まれています。

しかし、受取保険金には消費税がかかっていないため、消費税の課税対象外となるのです。

id:k27w

回答ありがとうございます。掛け金は親が払っていたので、相続税になると思います。生命保険の金額も1000万円ぐらいです。


dotsukiさんの説明では、「相続税なので確定申告しなくて良い。消費税は払わない」と言うことですね。それなら特に困ることもありません。

2008/01/24 01:30:31
id:applepink No.2

applepink回答回数119ベストアンサー獲得回数62008/01/24 09:53:56

ポイント30pt

消費税は売上に対してですので関係ありません。

またその課税額も計算が業種によって違いますし、

一概に売上が1000万超えたからといって消費税納めてくださいというものではありません。

また、消費税は今年19年に1000万を超えたら、

21年分に納めることになります。

それまでに課税事業者の届出をださなければなりません。

業種によって計算方法が違いますので、1000万超えた→5%払うというのは必ずしもではないのです。

 

相続税になるかどうかのわかりやすい例がここにありました。

http://money.goo.ne.jp/column/ks/p104.html

 

>相続税なら、5000万+法定相続人の数×1000万まで非課税

これは最終的な課税額であって

保険の場合は

相続人がもらった生命保険金のうち、(500万円×法定相続人数の金額)が非課税となります。

まぁ、どちらにしろ、1000万なら相続税もかかりませんので大丈夫です。

他の資産、土地・家・預貯金などがあった場合にはまた変わってきますので、ご注意ください。

お父様の名義になっている資産全てが対象となります。

 

>「相続税なので確定申告しなくて良い。消費税は払わない」

この部分だけど聞くとややこしくなりますが、

保険金の分は確定申告ではなく相続税の申告になります

消費税はかかりません。

 

事業所得の5~600万の分だけ申告をしてください。

去年までと同じ方法で大丈夫です。

id:k27w

詳しくご説明いただきありがとうございます。最後の二行を聞いて安心しました。

2008/01/24 17:35:34
id:kappagold No.3

kappagold回答回数2710ベストアンサー獲得回数2482008/01/24 10:01:30

ポイント20pt

1千万円を超えると、個人事業主は消費税を払わなくてはいけなくなる

これは、課税売上高が1千万円を超えると、個人事業主は消費税の納入義務が免除されないということです。


例え所得として生命保険が入ったとしても、課税売上高ではないので、合算する必要はありません。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/shohi/aramashi200...

http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/shohi/aramashi200...


また、多分大丈夫だと思うのですが、年収と売上高とは区別して考えた方が良いです。

利益率が低い場合、売上高2千万円で年収(利益)500万円ということがありえます。

この場合は、課税売上高が1千万円を超えているので消費税の納入義務が発生します。

id:k27w

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

2008/01/24 17:36:28
id:samasuya No.4

samasuya回答回数315ベストアンサー獲得回数112008/01/24 15:20:09

ポイント20pt

課税対象事業者かどうかは、2年前の「売上」によります。

生命保険での所得は、雑所得ですから売上になりません。


なので、消費税の課税対象事業者にはならないと思います。


また、消費税は課税対象事業者になってから2年後から支払いが始まるので

今年は消費税の支払いはありません。

id:k27w

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

2008/01/24 17:36:44

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません