CentOSでの質問です。


chkconfig --del xxx
chkconfig --level 2345 xxx off
(xxxはサービス名)

上記の違いは何でしょうか?

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/01/26 01:12:03
  • 終了:2008/02/02 01:15:02

回答(2件)

id:karuishi No.1

ニャンざぶろう回答回数764ベストアンサー獲得回数1282008/01/26 01:36:45

ポイント35pt

一番の違いはディレクトリからサービスのスクリプト自体を削除するかです。

  

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070805/279115/

 --del 起動スクリプト名

起動スクリプトを管理対象から削除する。「/etc/rc[0-6].d」ディレクトリ配下から起動スクリプトを削除する。

 [--level ラン・レベル] 起動スクリプト名 {on|off|reset}

各ラン・レベルにおける起動スクリプトの状態を設定する。「on」を指定した場合は起動スクリプトにstartという引数をつけて実行されるという設定になる,「off」を指定した場合はstopという引数をつけて実行される設定となる。startはサービスを起動する引数であり,stopはサービスを停止する引数である。resetを指定した場合には,起動スクリプト内に記述されているデフォルトの設定となる。ラン・レベルは0~6の整数値で指定する(0:システムの停止,1:シングル・ユーザー,2:ネットワーク機能なしのマルチユーザー,3:CUIログインのマルチユーザー,4:カスタム,5:GUIログインのマルチユーザー,6:システムの再起動)。指定を省略した場合には,ラン・レベル2,3,4,5が指定されたものと見なされる。

id:yoshifumi1975 No.2

yoshifumi1975回答回数58ベストアンサー獲得回数102008/01/26 08:54:57

ポイント35pt

見通しを良くするためにも、絶対使わないデーモンは、 --del しておくのが一般的だと思います。

見通しが良くなるので確認ミスが防げていいと思います。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません