太陽光や風力・地熱などの自然エネルギーで発電された二酸化炭素を排出しない電気【グリーン電力】とはどういうシステムなのでしょうか…?

基礎情報+詳しい概要(「グリーン電力は今現在、どこで使われている?」「一般家庭でも使えるの?」)を教えて下さい。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/01/27 14:31:20
  • 終了:2008/01/28 11:51:10

回答(3件)

id:suzancarol No.1

suzancarol回答回数432ベストアンサー獲得回数182008/01/27 15:12:39

ポイント27pt

こちらのページが参考になるとおもいます。

http://www.greenpower.jp/start/whatgreen.html

自然エネルギーから生まれた電力に対しては、環境負荷を与えない(=グリーンである)ということを評価することができます。自然エネルギー、すなわち風力、太陽光、バイオマス、マイクロ水力、地熱などで発電された電気や、これを選んで購入するしくみを、「グリーン電力」といいます。ですから、自然エネルギーであっても、貴重な自然を破壊して設置されるような場合など、大きな環境負荷をもたらしていれば、グリーン電力の対象になりません。大規模なダムによる発電はその一例といえます。

グリーン電力を利用するには

消費者が、電力会社などから、自分の使いたい電源を選択できるしくみです。「100%風力」や「風力と水力のミックス」、「自然エネルギー電力+従来型電力のミックス」など、多彩なメニューが作られています。消費者は、自分の使った電力量に応じて、あるいは固定価格で、グリーン電力の料金を支払います。

アメリカの多くの州やヨーロッパの一部では、電力市場の自由化を背景に、すでに導入されていますが、日本ではまだ導入されていません。しかし、日本の電力市場の自由化は進展しており、近い将来には登場することになるでしょう。

日本の場合、サーバーがアメリカなどにあると、サイトを運営する会社がグリーン電力を使う、という選択肢が出来る場合があるのでしょうか。

それでも日本でもグリーン電力を利用するための基金がある

消費者が、電気料金などに上乗せする形で寄付をし、それによって集まった基金を元に、自然エネルギーによる電力の設備の建設や運営を助成していくというものです。日本では、生活クラブ生協札幌が最初に開始しました。これは現在、NPO法人北海道グリーンファンドによる「グリーン電力基金」に発展しています。また、北海道から沖縄までの電力10社も「グリーン電力基金」という制度をつくり、消費者から寄付を集め、自然エネルギー発電設備の設置のための助成を行っています。

id:suzancarol No.2

suzancarol回答回数432ベストアンサー獲得回数182008/01/27 15:16:45

ポイント27pt

すいません。追記です。

はてなのサービスが、グリーン電力である「風で動いている」という仕組みについて紹介されています。

https://www.hatena.ne.jp/info/greenpower

はてなは日本自然エネルギー株式会社からグリーン電力証書を購入、発電を委託し、稚内市水道事業風力発電所(北海道稚内市)が再委託を受け、風力発電がおこなわれます。

日本国内でも可能みたいです。

id:acoaco No.3

acoaco回答回数574ベストアンサー獲得回数92008/01/27 18:37:58

ポイント26pt

http://www.wwf.or.jp/activity/climate/powersw/greene/jpn_ge.htm

WWFのページも分かりやすいかと思います。

上でも紹介されている、環境付加価値を証書という形で取引する、

「グリーン電力証書」システムもあります。

http://www.natural-e.co.jp/green/how_about.html

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません