日本企業で働いています。


アメリカでの展開を考えているのですが、
アメリカでの労働ビザの取得代行サービスに関して、
この会社の対応やサービスはよかった、という会社はありませんでしょうか?


ぜひ、教えてください。
よろしくお願いいたします。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/01/28 09:50:52
  • 終了:2008/02/04 09:55:03

回答(2件)

id:ffmpeg No.1

ffmpeg回答回数1202ベストアンサー獲得回数92008/01/29 04:20:06

ポイント35pt

資格のない人に労働ビザは無理です。まず現地法人をつくる必要があるでしょう。

id:gday No.2

gday回答回数383ベストアンサー獲得回数712008/02/03 09:04:05

ポイント35pt

具体的な会社の紹介ではありませんが、1番目の回答は酷いので。。。


アメリカではありませんが過去にビザ取得でエージェントと何年か付き合ったことがある経験からのアドバイスです。


ビザの取得はビザを取得しようとする人それぞれに事情や条件が異なります。また、ビザエージェントもありとあらゆる種類のビザに精通している訳では有りません。エージェント選びの第一歩はどのような種類のビザが存在してどのカテゴリーのビザが必要になるか見当を付けた上でビザエージェントにコンタクトすべきです。

エージェントはいくつかあたって、多くは無料の初回コンサルタントを申し込んでエージェントを面接しましょう。

その際にあなたの状況やアプライしたいビザの種類についてあなたの意見を言って、それに対して明確なアドバイスをしてくれる所がいいです。あなたの必要な種類のビザに精通したエージェントを選びましょう。また、エージェントとは人と人とのコミュニケーションになりますから相性が合う合わないというのもありますので、面接は大事です。

こうして複数のエージェントを面接することであなたに適切なエージェントがおのずと見えてきます。


ポイントは何でも全てエージェントに任せて言われるがままになるのではなく、あなたが立てたプランを相談してあなたではできない部分を依頼してやってもらうためのエージェントという風にエージェントを付き合うことが成功の秘訣です。


また、他人からあのエージェントは駄目だという噂が聞こえてくることがあります。その場合も実際に会ってみてあなた自身の見立てで判断することをお勧めします。先の相性の話もありますし、結局ビザ取得ができなかったことをエージェントの責任にしたい客がネガティブキャンペーンを張っていることもあるからです。


http://japan.usembassy.gov/j/tvisaj-main.html

http://japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-faqlist.html

http://www.challengeusa.com/biz/

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません