大前研一氏の本か何かで見たグラフを探しています。


主旨は、グローバライゼーションによって、日本の労働者が勝負できるのは上流工程と下流工程という付加価値の高い部分しかなく、中間の工程では人件費の安い他の国の労働者に取って代わられている。だから、日本人は付加価値の高い部分で勝負するしかないのだ。というものです。[私の認識が間違っているかも知れませんが]

この主旨で使われているグラフが紹介されているサイトURLを教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/01/28 13:21:32
  • 終了:2008/02/04 13:25:02

回答(0件)

回答はまだありません

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません