ルーズソックスの発祥について教えてください。

何時、誰が始めた(商品化した?)のかなど、起源に関わることなら何でも教えて下さい。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/01/29 11:14:38
  • 終了:2008/02/05 11:15:03

回答(4件)

id:kappagold No.1

kappagold回答回数2710ベストアンサー獲得回数2482008/01/29 11:16:38

ポイント23pt

発祥と定着

1990年代初頭、日本の女子高校生の間では制服のスカートを短くするファッション(ミニスカ)が流行していた。1990年代半ばには、そのファッションも定着したが、その過程で露出された脚にアクセントを加えるために(あるいは寒さ対策として)履かれるようになったのが、アメリカのE.G.スミス社などの靴下メーカーによって製造、輸入されていた登山用の靴下、ブート・ソックス(Boot Socks)である。ルーズ・ソックスが本来のブート・ソックスと呼ばれていた時期があったのかは定かではないが、かなり早い段階でルーズ・ソックスと呼ばれるようになり、ミニスカの流行とともに急速に広がって定着を見せた。

ルーズソックスの発祥地域については、さまざまな説があるものの断定されていない。有名な説としては、宮城県仙台市を発祥とする説と茨城県水戸市を発祥とする説の2つがある。それらの説の内容は、当地で寸法の大きい靴下を防寒目的で買ってゆるめて履いたところ、太い脚が靴下のボリュームで細く見えたことで流行し始めたというものである。

その後、ゆるめて履くことを目的とする靴下が商品として定着し、それが東京や大阪などの大都市圏に波及し全国で広まったとされる。主に女子高校生の間で急速に人気を得た。

ルーズソックスが最も流行した時期は、1996年~1998年(平成8年~平成10年)である。この時期には、さらに緩い形状をした「スーパールーズ」(スーパールーズソックス)や、ルーズソックスのゴムを抜いた「ゴム抜きルーズ」(ゴム抜きルーズソックス)などの変種も生まれ、なかには200cmという長さのルーズソックスもあった。また、緩さを出すため二重履きなどもされた。それらのファッション性の強いルーズソックスは、主に当時のヤマンバギャル達に広く愛用された。ルーズソックス自体は、校則に学校指定の規定靴下のある高等学校を除いて多くの生徒が履くようになり、また、学校内で履くことが許されない生徒らは学校外でルーズソックスに履き替えることもあった。このような状況は、さまざまなマスメディアでも取り上げられ、ルーズソックスは、女子高校生の文化を象徴するものして注目を浴びた。

1998年(平成10年)を過ぎると流行は終わった。しかし、流行が終わってもルーズソックスを履く人がいなくなったわけでもなく、ファッションの一部として定着していった。特に、田舎では今でもよく見られる。流行が終わった理由は、だれもがルーズソックスを履いている状況に対して他人と変わったファッションを求める意識、ルーズソックスの大流行への反発があったのではないかと推測される。

一部の学校では、ルーズソックスは服装の乱れとみなされたため、校則でルーズソックス禁止、ハイソックスを指定が明言化されるなど、学校サイドの対応の影響もあると考えられている。その後、2000年(平成12年)頃からは、紺色のハイソックスが比較的普及している。

なお、2006年になって、一部の人だけが履き、誰もが履くことのない状況のなか、派手なメイクやファッションが特徴のギャルの間で再びルーズソックスの人気が再燃して、履く者が増えている。同時期に流行した厚底靴などに流行再燃の様子が一切みられないのと比べても、興味深い現象である。

また、世界的にはまだ流行過程にあり、当初登山用としてルーズソックスを売っていたE.G.スミス社も、近年は女性向けソックスとして販売を続けている。しかしこの頃には、女子高生が制服とあわせる場合は、白または紺のハイソックスに戻っており、学校ではルーズソックスは殆ど見かけることはなくなった。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%82%B...

id:mamejica No.3

mamejica回答回数262ベストアンサー獲得回数162008/01/29 13:33:36

ポイント22pt

「輸入雑貨を販売しているソニープラザが、1988年にアメリカで見つけて輸入し始めたといわれています。

初めはフィットネスの時に大人がはくソックスとして販売していたそうですが、

90年代には言ってから渋谷のコギャル達が、ふくらはぎが隠れるこのルーズソックスを愛用するようになって人気が出たという説があります。

そして他の説は、水戸で、試験的に、このルーズソックスを販売したときにルーズソックスを高校生に勧めて人気が出たといわれています。」

という文章を見つけました。

http://sokkusu.sblo.jp/

自分の経験から言うと、水戸なのですが遅くとも1989年にはルーズソックスを履いていました。

そのころ東京では確かに見かけませんでした。

id:e-sculpture No.4

カイロマンサ智香子回答回数61ベストアンサー獲得回数22008/01/29 14:44:28

ポイント22pt

わたしが中学生のころなので1993年だと思いますが

当時東京都多摩地区ではルーズソックスはまだ発売されておらず、

女子中学生や女子高生がはいていた靴下は


【くしゅくしゅソックス】


と言うものだったのですが、くしゅくしゅソックスが浸透し、

女の子達が新しいスタイルの靴下を求め始めた頃、

普段から興味深い行動をするわたしの友人が

くしゅくしゅソックスの中に編みこまれたゴムを引き抜いて

激しくたぶたぶの靴下を作って履いていました。


友人は渋谷にその靴下で渋谷に遊びに行ったところ


「道行く高校生にどこで売ってるのか聞かれたので、作り方を教えてあげた」


といっていました。

ルーズソックスにも編み目の種類がいくつか有るのですが

当時を振り返って友人は

「だぶだぶタイプのルーズはわたしが作ったと思う」といっていました。



くしゅくしゅソックスの改造版だぶだぶそっくを

ちらほら見かけるようになった頃、

スミス編(登山用靴下のスミスの模倣品?)の長いルーズが出回るようになったと記憶しています。

これが、一般的に認知されているルーズソックスだと思います。

また、同時期にだぶだぶソックスもまた商品化されていた記憶があります。


ちなみにスミスがルーズソックスとして浸透していたのは

1994~5年ごろで、

1996以降はお馴染みのルーズソックス全般。

1997年ごろからギャル系の女の子達はルーズソックス派

スクールガール系の女の子達はハイソックス派と2分されました。

画像は画質のいいものが見当たらなかったんですけど、

外側を歩いている二人がはいているのがだぶだぶソックスで

真ん中二人が履いているのがルーズソックスです。

http://www.webjapanese.com/photo/index.php/archives/category/fas...

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません