ペーパーローリングという昔のおもちゃについて、何でもいいので教えてください。

ウィキペディアは見たので、それ以外の情報でお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/01/29 16:36:03
  • 終了:2008/02/05 16:40:02

回答(2件)

id:neko_max No.1

neko_max回答回数46ベストアンサー獲得回数02008/01/29 16:56:08

ポイント35pt

http://daisyaku.blog56.fc2.com/blog-entry-49.html

一応作り方も載ってます。

id:honzuki No.2

honzuki回答回数63ベストアンサー獲得回数22008/01/29 17:17:12

ポイント35pt

http://www.inokuchi.net/p_win/33340.html

↑別名称で、「伸びるカメレオン棒」

「カメレオン棒」または「伸びる棒」と言ったりもするそうです。


http://daisyaku.blog56.fc2.com/blog-entry-49.html

↑ペーパーローリングの作り方

準備品 ろうそく、棒(割り箸でもOK)、模造紙(紙なら何でもOK)

1、用意した棒の長さを見て大体持つ部分を決めて

  印をつけて置く

2、棒の持つ部分以外の長さを計りその幅に模造紙を切る

  (持つ部分以外に紙を巻きます)

3、模造紙の紙が短い場合はテープなどでくっ付けて

  細長ーい紙を作る

4、切ってくっつけた紙に両面とも丹念にろうそくを塗る

  ろうそくを紙にこすりつける感じにすればOK

  この時丹念に塗ってないと完成した時に綺麗に伸びません

5、棒に紙の端を付ける

  割り箸の場合は紙を割り箸で挟んでテープでしっかりとめる

  この時に紙が棒にきちんと止まっていないと

  紙だけ棒からすっぽぬけるので注意

6、紙を棒にくるくると巻いていく初めはきつく巻いて

  型を付ける様にする

7、巻ききったら紙の端っこをテープなどで補強する

8、これで完成

9、棒を持って振り下ろす様に振ってビヨ~ンと伸びれば成功です。

作るのは簡単ですが、細長い紙を作ったりロウを塗ったりで

結構しんどかった気がします。


http://www.wesugi.mech.waseda.ac.jp/2007_HIS2007_tool_wesugi.pdf

↑本研究では,3者間のインタラクション以前に,身

体と道具のみの2者間の関係に注目するため,カメレオ

ン棒型の道具に着目した.カメレオン棒とは細長い紙を

プラスチック製の棒に幾重にも巻きつけた玩具であり,

振りの動作に対して巻いた紙が棒の長手方向に周期的に

伸長する.


カメレオン棒を用いた研究だそうです。








http://oresamaenjou.blog78.fc2.com/blog-entry-719.html

>薄い紙が何重にも巻かれた棒をふると、シュッシュッっと紙がびよーーーーんって伸びるやつ。

上段の構えは遠い間合いから、あの伸びるカメレオンの舌のように、竹刀が吹っ飛んできます。

http://d.hatena.ne.jp/hann3/searchdiary?of=5&word=*%5B%B7%CE%B8%C5%C6%FC%B5%AD%5D

>ひょいと小手先で棒を振ると巻いた紙が伸びる。あれは、突きが気持ちよく決まったときの感覚に似て心地よいですね。


↑余談ですが、振った感覚が剣道の突きや上段からの打ち下ろしと似ているそうです(笑

id:kai11

たくさん、ありがとうございます。

このおもちゃは名前が英語なので、アメリカかイギリスから伝わったのかと推測できますが、その辺の情報はあるのでしょうか?

2008/01/29 20:39:30

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません