プログラミングという行為でしか得られないものってありますか?

#成果物や報酬のことではありません

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 登録:2008/01/30 15:45:03
  • 終了:2008/02/05 17:26:06

回答(11件)

id:KairuaAruika No.1

KairuaAruika回答回数6926ベストアンサー獲得回数972008/01/30 15:51:06

ポイント15pt

かなりのスキルが必要となりますが,自分が仕様となり,いかようにも作りこんでゆくことが出来る,ということでしょうか。

なんでもそうですが,自分のコントロール下,支配下に置く,というのは結構魅力的なことであります。

id:Beirii

ご回答ありがとうございます。

「自分が仕様となり,いかようにも作りこんでゆくことが出来る」のはプログラミングという行為に依らないかなと思われます。

2008/01/30 21:33:24
id:KUROX No.2

KUROX回答回数3542ベストアンサー獲得回数1402008/01/30 16:06:52

ポイント15pt

プログラムと思考が一体化(シンクロ)したような錯覚(快感)

id:Beirii

ご回答ありがとうございます。

プログラミングがプログラミング『言語』に依るためでしょうか。なるほど。

2008/01/30 22:19:57
id:nil55 No.3

nil55回答回数452ベストアンサー獲得回数172008/01/30 18:14:49

ポイント15pt

こんばんは。 個人的な意見なのですが…

数学などと一緒で、プログラミングは正解は幾つもあります。

ちゃんと正しい結果さえ出すというので良ければ、センスは要らないと思います。

いかにメンテを考えたうえで分かりやすいプログラムにするか、

いかにシンプルにまとめて処理結果を早くするかに 自信を持って仕事をされる方はたくさんいます。

しかもプログラミング言語は非常にたくさんあり、選ぶことが出来るのです。(組み合わせることだって可能です)

曖昧な答えになって申し訳ないのですが…

何もないところから新しいものを作り上げる達成感はもちろん、

ベストな答えを探し続けなければならない探究心を養うことが出来るといった事もあると私は思います。

id:Beirii

ご回答ありがとうございます。

「何もないところから新しいものを作り上げる達成感」、および「ベストな答えを探し続けなければならない探究心を養うことが出来る」のはプログラミングという行為に依らないかなと思われます。

2008/01/30 21:33:35
id:yoneto164 No.4

ヨネちゃん回答回数809ベストアンサー獲得回数942008/01/30 20:23:54

ポイント15pt

「こんなサイト(システム)があったら良いのにな」や「こんなソフトがあったら良いのにな」を自分の力で実現できて、それが世の中の役にたっていくことでしょうか。

でも何を得たのかと言われると「莫大な費用対効果」としか言いようがない気がしますが、

それよりももっと大きな何かを得た実感はあります。

id:Beirii

ご回答ありがとうございます。

実現された成果物が「世の中の役にたっていくこと」は、プログラミングという行為に依らないかなと思われます。

「もっと大きな何かを得た実感」がプログラミングという行為でしか得られないものであるならば、是非コメントへ。

2008/01/30 21:33:52
id:table No.5

table回答回数59ベストアンサー獲得回数12008/01/30 22:43:26

ポイント15pt

yoneto164さんの意見と似ていますが、

ローコストで多くの人の痒いところに手を差し伸べられるところです。


自身が作ったものに対する感想は、感謝もクレームも両方ありがたいものです。

それほど費用をかけずに自身の制作物を発表する場としても、その返答を受ける手段にしても、

ローコストで得るにはプログラミング以外では考えられません。

id:Beirii

ご回答ありがとうございます。

言わんとしていることはわかりました。


質問文が言葉足らずで恐縮なのですが、私は一次的なものをイメージしています。

プログラミングという行為で得られた成果物や報酬によって得られるものではなく、プログラミングという行為そのものから得られるもの、です。

プログラミングという行為には、それ自体に、他からは得がたいような何かがあったりするのかなぁ・・・という妄想が動機だったりします。

わかりづらくて申し訳ありませんでした。

2008/01/30 23:33:54
id:tomity No.6

tomity回答回数1ベストアンサー獲得回数02008/01/30 23:47:49

ポイント15pt

「何かを為すために、行うべき手続きは何か」を正しく知ることが出来ることだと考えます。

コンピュータは指示したことしか出来ません。人間にやらせるのであれば、要所ごとに臨機応変に対応してくれますが、コンピュータにはそのような気を利かせるという行為が出来ません。そのような指示したことしか出来ない存在を相手にしつつも、いかに自分が為したいことを実現していくか、というところにプログラミングの醍醐味があるのではないかなと考えています。コードは混じりっけなしの理論ですし、それをテストが通らなければ、その理論が間違っているかどうかもすぐわかります。

ついでに言えば、可読性のことも考慮に入れて書くことが出来れば、判りやすく正しい理論を構築するにはどうすればよいかにもつながります。プログラムを整然と書けるようになった人は、ワークフローや法律などの構築も出来るようになると考えられます。

id:Beirii

ご回答ありがとうございます。

「『何かを為すために、行うべき手続きは何か』を正しく知ることが出来ること」は、プログラミングという行為に依らないかなと思われます。


LEGOブロックで飛行機を作ることを考えてみます。

LEGOブロックを結合するには『凹と凸を組み合わせる』という唯一絶対ともいえるルールに従わざるを得ません。

そのルールの中で、はねを付けたり車輪を付けたりしながら飛行機を作り上げるというところにLEGOブロックの醍醐味がある、とも言えると思います。

2008/01/31 13:28:17
id:ffmpeg No.7

ffmpeg回答回数1202ベストアンサー獲得回数92008/01/31 00:57:28

ポイント15pt

ソースが公開されているフリーソフトであれば、自分で機能を追加し、それを作者にフィードバックすることで、その機能はそのソフトでずっと保証されるようになります。

つまり、プログラミングができることは、フリーソフトが多い、UNIXやMacでは有利ですが、ソースが公開されていないものが多いWinソフトの世界では大して意味がありません。


Winを使っているのは、主にサラリーマンなので、ソースを公開してもあんまり意味がないのです。

id:Beirii

ご回答ありがとうございます。

#5の回答のコメントにも書きました通り、私は一次的なものをイメージしています。

仰られる内容はその成果物によって得られるもの・与えられるものであるように思われます。

2008/01/31 12:47:35
id:Baku7770 No.8

Baku7770回答回数2831ベストアンサー獲得回数1812008/01/31 01:32:35

ポイント15pt

 プロセスに対する分析と考え方の整理ができると言ったところでしょうか。

 

 元々学生時代は理系だったので、コンピュータシミュレーションによってのみ得られるものが多く、以前の会社に勤めていた時も、給与計算なんて各課に1人女性を置いておけばコンピュータなんて要らないジャンってなことを考えていましたが、お求めになっているのはプログラミングという行為によって得られるもののようなのでこの話しは置いておいてと。

 

 高校生の時の話しをします。初めてフローチャートなるものを学びました。その後出た課題が朝起きてから学校に到着するまでのフローチャートを書きなさいというものです。

 目を覚ます、歯を磨く、制服に着替える、家を出る、電車に乗る、等々といった行動が並びます。すると次に先生が「本当にそれだけか?」って聞いてくるんですね。目を覚ましたのが遅かったらどうする、電車が事故で動かなかったらどうする、本当にイレギュラーで年に数回しか起らないことや、週に1~2回起こってしまうこと、大体目を覚ますのはお母さんに起こされるのか?目覚し時計の音で起きるのかもっと分析しなさい。そしてそれに対してどうするのか加えなさい。

 何回も書き直しを命じられて紙1枚だったものがすぐに10枚近くになったのを覚えています。

 

 例えば販売管理のプログラムを組むとしたらまず、お客様から注文が入るところから始まって、出荷して請求書を発行するところまではみんな簡単に思いつくんですね。じゃぁキャンセルされたらどうだとか、入金が無かったらどうするんだ、事故で商品が失われたらどうするんだ、さらに値引きはどうなっているんだ。それぞれに対して処理を用意しておかなければなりません。だから先頭に書いたプロセスの整理や理解ができるんです。

 そういったことを全部頭の中で整理して仕様書を書いてプログラムに落とせばいいシステムが生まれます。

id:Beirii

ご回答ありがとうございます。

「プロセスに対する分析と考え方の整理ができる」のは、プログラミングという行為に依らないかなと思われます。


例えば「海外旅行の計画を立てる」という行為は、現地で雨が降ったらあのオプションはどうしようとか、現地で怪我や病気をしたらどうしようとか、お土産が予想以上にかさばったらどうしようとか、それぞれに対して対策を考えておく必要があります。

そういったことを全部頭の中で整理して計画を立てておけばいい旅行が出来る、とも言えると思います。

2008/01/31 12:58:24
id:airplant No.9

airplant回答回数220ベストアンサー獲得回数492008/01/31 02:50:03

ポイント15pt

自分が思った通りの複雑な動作を機械へ瞬時に指令でき、指令に忠実に動く満足感(支配感、征服感もあるかも)。


プログラミングは、瞬時に動作を変えたり、コントロールできます。「瞬時」というところがポイントです。

しかし、プログラミング以外では、製造までの過程が長く、瞬時というものはなさそうです。

id:Beirii

ご回答ありがとうございます。

複雑な動作を機械に指令することそのものは確かに瞬時に行われるものと思いますが、その複雑な動作の指令を作成するのは必ずしも瞬時とはいえないのではないでしょうか。

そして、その複雑な動作の指令を作成する行為こそプログラミングであると思うのですがいかがでしょうか。

2008/01/31 13:25:19
id:yasuho No.10

yasuho回答回数7ベストアンサー獲得回数02008/01/31 12:42:04

ポイント15pt

プログラムの動かない原因を苦労して調査し、見つけた時の喜び。

原因を推測し、考えられる要因を消去法で狭めていき、最終的に真実を見つけ出す。この過程はパズルゲームに似ているのですが、どんなパズルより高度で面白いです。たぶんプログラミングでしか味わえない感覚ではないかと思います。

プログラムを作ることも楽しいのですが、個人的にはこのデバッグ作業の方が好きだったりします(笑)

id:Beirii

ご回答ありがとうございます。

「ウチの会社に欲しい!」って思った人がいっぱいいるんじゃないかと。

確かにデバッグはパズルゲームに似たところがあるかもしれませんね。

#面白いと感じるかどうかは別として・・・別として・・・

2008/01/31 15:54:43
id:yyok No.11

yyok回答回数59ベストアンサー獲得回数32008/01/31 20:20:47

ポイント15pt

プログラミングといっても、新たに作るだけじゃないんです。とりわけ仕事でやってると。

業務要件に変更があると、既存の、他人が作ったプログラムを改修することのほうが多いです。

他人が作ったプログラムロジックを追っていて、その人がどういう考えでなぜこのアルゴリズムを使ったか、

思考過程が分かることがあります。

そのプログラムロジックが無駄のない、美しいものであったときは「なるほどー」とか、「こういうやり方があったか」

と、楽しいものです。

最近じゃめったにないけど。それだけ力のある人が減ったんでしょうね。

id:Beirii

ご回答ありがとうございます。

他人のプログラムを見ると色んなものが見えてきますよね。

「大変だったんだろうなー(棒読み)」とか感慨深かったり。

とは言うものの、それは他の創作物の大半で同じようなものが得られるものと思います。

2008/02/04 10:52:54
  • id:dev_zer0
    自分が思ったとおりに動くプログラムが得られる
    # ま、実際は書いたとおりにしか動かないけど
  • id:yoneto164
    曖昧な回答をしてしまい申し訳ありませんでした。
    あれから色々考えてみたのですが、
    プログラミングという行為でしか得られないものは、
    「物事を成功へと導くプロセスをいち早く導き出す能力」なのではないかと思いました。
    「こんなのがあったらいいのにな」をどうやって実現するか考えるわけですが、
    実際には思いもしなかった障害に沢山出会います。

    目的の本質を見極め、
    ぼんやりとした発想を具現化していくという意味では、
    プログラミングでなくても良いのですが、
    すぐに実行してみて答えが得られ、
    短時間で何度も修正ができるというのは、
    プログラミングにしかできないことではないかと思います。
  • id:sokyo
    私は何かを作るのが好きで、プログラミングもその文脈で好きです。
    で、わけてもプログラミングに特徴的なのは材料がいらないコトじゃないかと思います。
    プログラミング「でしか」、ではない気がしますが…。難しいなぁ。
  • id:Beirii
    質問を終了させていただきます。
    残念ですけど無さそうですね。
    ブクマのコメントにありましたが、私も数学や小説の執筆が一番近いんではないかなぁと思っていました。哲学は思いつきませんでした。
    と言っても数学とか小説の執筆とかしたことないので本当のところはわからないのですけど。

    プログラミングという行為でしか得られないものがあるとするなら、なんか誇らしいじゃないですか。プログラマとして。
    残念だなぁ。
  • id:ikjun
    とっくに終わった話ですがおもしろいのでちょっと参戦します。
    例えば自分の考えたアルゴリズムで従来の100倍のスピードを達成できれば大きな喜びを感じるでしょう?そしてそれが実際に役に立つことは容易に想像がつきます。
    同じようなことは大学の研究室などでは得られる満足感かも知れません。しかし、それはかなりの予算と複数の人間の連携プレーがなければ出来ないことでしょう。
    一人の人間とパソコン1台で画期的な技術を開発できる可能性のあるプログラミングというのは魅力的な仕事だと思います。
    もちろん現実は厳しくてそんな画期的な技術を開発できる可能性は小さいことはわかってます。ですが0ではありません。
    すべてがシステム化して一人一人の人間が組織に埋没してしまうこの社会において、一人の人間の着想や創造力が大きな力を持てるプログラミングという仕事に誇りを持っていいんじゃないですか?
    それは数学や小説、哲学でも同じと思うかも知れませんが、これらのことはすぐに評価が定まるわけではなく客観的なモノサシもありません。すぐに結果がわかるプログラムとはやはり違います。
    小説とまではいきませんが、短編程度のものを書いて同人誌のようなものを作ったことがあります。それなりに面白かったですがはっきり言って自己満足以外のなにものでもありません。一回やれば十分で後は虚しいだけです。それならば自分の書いたプログラムがユーザーの役に立っているところを実際に見ることができるほうが良いと思いました。
    ついでに言うならば良いプログラムというのは数学の厳密な論理体系を持ち、優れた小説のようなしっかりとした構成で、作成者のしっかりとした哲学に支えられたものだと思います。
    そういうプログラムを死ぬ前に一度でいいから書いてみたいものだと思っています。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません