視力矯正について質問いたします。


最近、レーシックが話題になっていますが、安全性については
どうなんでしょうか?

最近の技術なだけに、長期の成績はまだないとのことで、
少々不安です。

参考: ​http://goodtry.biz/

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 登録:2008/02/01 13:59:13
  • 終了:2008/02/01 14:45:26

ベストアンサー

id:kappagold No.1

kappagold回答回数2710ベストアンサー獲得回数2482008/02/01 14:12:33

ポイント60pt

10年間の追跡調査は行なわれて、報告されています。

副作用が出たと見られるのは、1%ということです。

1/3は、再治療が必要だった(視力の低下による)という事です。

安全性は10年間で見る限り、安全性は大丈夫のようです。




http://siryoku1ban.livedoor.biz/archives/51204598.html

アメリカのオプトメトリック協会によると、アメリカ人のほぼ3人に1人が近視であると言われており、近視を矯正する視力回復手術レーザー手術は1990年前半から実施されてきました。年々手術を受ける患者の数は増えていくものの、その長期的効果についてはこれまで不明でした。

それが今回、スペインのミゲル・エルナンデス大学とトルコのアンカラ大学医学部研究グループが、レーシック手術を受けた196眼を対象とする10年に渡る研究結果を報告したのです。

それによりますと、

研究グループは、手術前に20/20(1.0に相当)の視力を得るのに10ジオプターの矯正が必要であった患者118人のデータを収集。ジオプターとは、水晶体の屈折を示す単位で、10ジオプターの矯正は強度の近視であることを示す。術後10年で評価を行った結果、ほとんどの患者にある程度の視力回復が認められ、40%は眼鏡の使用が完全に不要となった。10年後、手術を施行した眼の61%が2ジオプターの矯正範囲内であった。レーシック術の副作用と思われる角膜拡張症が認められたのは1%にとどまった。10年の間に再治療を必要とした患者は約3分の1(27%)であった。



5年間のデータは、日本のデータがあります。

日本の試験データ

http://www.minamiaoyama.or.jp/topics_lasiklong.html

id:markezuki

ありがとうございます。

詳しいご説明を頂き、少し安心できました。

感謝します。

2008/02/01 14:44:58
  • id:banilaaisu
    banilaaisu 2008/02/01 15:53:46
    手術の安全性は問題ないと言われていますが・・実際に施術を受けられる対象は限られています。
    強度の近視・乱視では矯正できないそうです。

    また、抜本的に目が良くなるというものではないことは承知しておいた方がいいと思います。あくまでも人為的に溝を掘って屈折率を変化させて焦点を特定のところに当たるようにするという対症療法と言えるでしょう。

    そして、その後・・白内障手術を受ける年齢になった時・・どうするのか?が疑問です。

    白内障を取り払った状態で眼内レンズを挿入せずに見えるのか?

    わずかな手術穴でもレーシックの溝に影響はないのか?

    です。そこのところ、主治医に詳しく確認された方が良いと思います。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません