会社事情についての質問です。まずB君という部下がいるとします。B君はよく寝坊して遅刻をします。出勤時間は10時だとします。ある時B君はいつもより寝過ごしてしまい、起きた時にはとっくに10時を回っていました。こんな時、自分が上司の立場と考えて、出社時間になっても来ない部下がいたとしたら、連絡しますか?またきっと寝坊だなと思っていた場合、連絡しなくても良いと思いますか?

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 登録:2008/02/08 20:50:46
  • 終了:2008/02/15 20:55:02

回答(9件)

id:seble No.1

seble回答回数4675ベストアンサー獲得回数6162008/02/08 21:02:45

ポイント27pt

業務に支障がなければ連絡しない。

ホテルのモーニングコールじゃあるまいし、、、

もちろん、就業規則に従って何らかの罰はあるだろうな。

普通は3遅刻で1欠勤の扱い。1日分の賃金が減る。

もちろん、ボーナス査定はしぶい。

しかし、本人の業績次第でもある。

要は金儲けが大事なのであって、時間に整列している事ではない。

儲けてナンボでっせ、会社ってのは、、

ただ、無断欠勤が数日に及んだ場合は、事故も考えられるし、連絡を取る。

id:youyu4477

回答ありがとうございました!参考になりました!

2008/02/08 21:06:31
id:masyuta No.2

masyuta回答回数61ベストアンサー獲得回数32008/02/08 21:10:19

ポイント27pt

必要ありませんね。

 

ただ、寝坊の要因が不可抗力に近い(例えば身内の介護とか

病的な問題で起きるのが難しい事がある)可能性を

確認するだけ、確認しましょう。

そうであれば、上司として協力できる事を考えてみましょう。

 

し か し、、 

単にB君の夜更かし等による寝坊常習犯であれば、B君は

自らの行動に対する「責任」というものを、知ることになるだけです。

いちいち電話する必要はありません。

 

あと、どーーしても電話したいなら「遅れてから」ではなくて

「間に合う時間」に電話しましょう。

遅れてから電話したところで、なんの足しにはなりません。

id:cymneve No.3

cymneve回答回数261ベストアンサー獲得回数82008/02/08 21:10:32

ポイント26pt

会社で遅刻が最低みたいな扱いを受けるのは、大多数の無能な従業員が頑張って無遅刻で出社しているからです。

真に有能な人ばかりを集めた集団があるとすれば、タイムカードは存在しない事は明白です。

決められた時間にやってきて雑用をこなす人達が居なければある程度の規模になると集団を維持できません。

つまり、遅刻魔は無能者に支えられているような企業に勤めることが間違いです。

ここまで前説。

質問の題意が不明ですが、部下が遅刻しているからと部下の所に連絡するような上司は、チェックシートでの勤怠管理しか出来ない無能者です。

タイムカードがある職場に勤める人が、出社するべき時間に出れない場合は、速やかに連絡する事は社会人の常識です。

あと、遅刻癖は直りません。もって生まれたその人の資質の一部です。

id:Baku7770 No.4

Baku7770回答回数2831ベストアンサー獲得回数1812008/02/09 09:17:43

ポイント10pt

 私なら掛けるだけはしますね。

 

 #a3でcymneveさんが無能という言葉を散々使っていますが、その内その総本山である人事から処分が下されます。制度上自動的に科せられるわけですが、通達は上司からというのが相場となっています。つまり、嫌な役目だけが回ってきます。

 昔なら、叱責してそれに発奮して改まるというケースが多かったようですが、今時は逆恨みされたり、ますます落ち込んで却ってひどくなるあるいは退職されてしまうことのほうが多いようです。で、退職されたら部下を退職させたということで上司の評価が下がる。

 そこでその前に別室に呼んで諭すという手法を使うことになりますが、その場合、電話を掛けておいたということが、「お前には期待しているんだ、だから早く来て欲しいんだ」という言葉を真実に見せてくれます。大体、そんな時間に自分から起きたら会社に電話しづらいと思っているだろうということもあります。

 

 もう一つ。私の遠縁で若くして急死したのがいます。数日して、会社から彼の実家に息子さんが出社してこないんですがという電話で、彼の母親がアパートに行って死体を発見したんですが、そういった場合でも人事は上司として何をしていたんだということで評価を下げてきます。

 その点からも私は掛けます。

id:suzancarol No.5

suzancarol回答回数432ベストアンサー獲得回数182008/02/09 02:00:07

ポイント10pt

3の回答者さんの意見は新鮮だなとおもいました。

現代のほとんどの企業は、遅刻を悪しきものと切り捨てていますけれども、

私は、連絡するかしないか、は結局のところ上司の自由かな、とおもいます。

結局は人間関係の濃度に左右されるところかもしれません。

つまり、遅刻する部下は、案外、お客さんの受けが良くて会社に実益をもたらす存在であれば、

広い心で考えればいいとおもいますし(遅刻してきたら「今日は何をみんなにおごってくれる?」と茶化したり)、それで遅刻したぶん、頭の働きが冴えて、いろんなアイデアを出せる人かもしれませんし。


単に、遅刻するかしないか、だけでその人の評価をしたり、電話するかしないかを検討しないほうが

いいかもしれません。


参考として、こち亀というアニメに登場する日暮熟睡男(ひぐらしねるお)というキャラクターが

いますが、こちらのキャラはユニークですよ。

http://bojyou.kdn.jp/kya/higurashi.htm

id:powdersnow No.6

powdersnow回答回数1301ベストアンサー獲得回数652008/02/08 22:19:23

ポイント10pt

必要でない限り、連絡しません。取引や会議等、その人間が必要なら連絡しますが。

その人間が遅刻以外では、それなりにやっているのなら、上司である自分が連絡せずとも、

同じクラスの人間が気遣うなりして連絡をすると思いますし、それすらして貰えないのなら自業自得です。

もちろん、遅刻分は査定等に十二分に反映させます。

id:sunafukinkin No.7

sunafukinkin回答回数123ベストアンサー獲得回数12008/02/08 22:28:08

ポイント10pt

連絡しない派が優勢ですが、やはり万が一のケースが排除された訳ではありません。

放置して、管理能力の無さをさらに上の上司に追求されないためにも

電話連絡(安否確認)はしておくべきだと思います。上の上司は下に責任を押し付ける

でしょうから。ここで強調しておきたいのは、

B君のためではなく、上司である自分の保身のためのみで行動するということです。

まあ、常習的に遅刻する部下に対して何の作も講じていない時点で、

やや放任主義的な甘さがあるのかもしれません。自分が電話をするのがイヤだったら、

例えば「寝坊したらおまえから連絡しろ」と指示すべきです。で、○時までに連絡が

なかったら自動的にペナルティとするなど、本人に責任を取らせる約束をして

様子を見るところから徐々に強めて行けばどこかで改心するかと。

個人の性格もあるので、これでうまくいくとは断言できませんが。

id:KairuaAruika No.8

KairuaAruika回答回数6926ベストアンサー獲得回数972008/02/08 22:39:26

ポイント10pt

部下にその都度連絡させて,一週間続くようだったら解雇ですね。

時間を守れない方は,仕事の質も良くないのは明らかなので,会社にも大きな損失とはならないでしょう。

id:KUROX No.9

KUROX回答回数3542ベストアンサー獲得回数1402008/02/09 01:45:30

ポイント10pt

>まずB君という部下がいるとします。B君はよく寝坊して遅刻をします。

>出勤時間は10時だとします。ある時B君はいつもより寝過ごしてしまい

メールでも良いので、遅刻する場合は事前連絡を入れるように指導する。

あまり頻繁に遅刻するようなら、指導不足と思われるので、電話連絡する

しかないかと、この場合はあなたがしなくても、あなたの部下の誰かに

命じればよいのです。

あまり頻繁なら、面談をして良く事情を聞いてあげることが大切だと思います。

会社は学校ではありませんが、部下に対する現状はあくと指導はしなくては

ならないと思います。

もしかしたら、メンタル系の病気の1歩手前かもしれませんし、状況把握を

してないと、管理責任を問われる可能性があります。

メンタルでなくても、管理責任を問われるかもしれないので、まったく知らない

という態度は避けたほうが良いです。

後は、社風によります。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません