見るだけで生じる「激しいアルファー派的快感」ってあるのでしょうか。


たぶん一般の人はマッサージや耳かきをしてもらった時感じる、性的とは違うアルファー派な気持ちよさを、私の場合幼稚園生のころから、見るだけで感じます。
これがなんなのかまじめに知りたいです。
どうゆう時にそれが私に訪れるかと言うと・・・
>腕時計の電池を交換してもらって、時計技師さんが細かい作業をしている様子を見ている間ずっと
>着物の着付けをしてもらって、その着付けのおばさんが「ここが納得いかない・・・」と
職人気質に直してくださっている間ずっと。
>美容師さんに髪を切ってもらって、美容師さんが自分の技術に集中して細かく直しているとき。
>↑上記のような美容師さんの様子が描かれている、漫画を見ただけでも同じ気持ちよくなる。
ようは職人気質の人が、なにかを吟味している様子を見ると
気持ちよくなるようなのです。科学的に説明がつくならぜひ解明したいです。

これが一体何なのか、何か答えに近いものでも、報告してくださったらとてもうれしいです。

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 登録:2008/02/09 21:19:17
  • 終了:2008/02/16 21:20:03

回答(2件)

id:NAPORIN No.1

なぽりん回答回数4692ベストアンサー獲得回数8602008/02/10 01:26:44

ポイント24pt

科学的ではないかもしれませんが、そんな職人さんからは

人を心地よくさせる「気」が発生しているのかもしれません。

わたしも心地よいと思います。


「神は細部に宿り給う」そうですよ。

id:MayorK

NAPOLINさんありがとうございます。

あの・・・はい、それは分かるのですけれども。

なぽりんさんは、「心地よい」と感じるのですよね。

私は、その比でないのです。

むちゃくちゃ気持ちよくなって、頭が痺れて、その痺れが頭蓋骨の上下を往復するように続きます。

その職人さんが自分自身に集中している限り。

自分の世界に入っていた職人さんが集中を止めた時点で私の気持ちよさも終わります。

セックスのエクスタシーのように多少私の脳内で余韻はひきますが。

見ている間は気持ちよいのだけれど、

永遠にこの気持ちよさが続いたら、自分がどうなってしまうのだろう、と怖くなるほど。

セックスのエクスタシーがあまりに高いと、どうなってしまうか分からなくて怖い、というのと同じです。

でも性的な快感とは全く別物なのです。別に濡れてくるとか、そういうことは全くありません。

もしセックスの快感と この見ることによる快感、どちらかしか手に入らない、

と言われたら、この見ることによる快感を取るであろうほどの多幸感です。


誰しも心地よいと感じることに関して、私が感受性がたまたまフェチズム的に高いのでしょうが、

麻薬をやっている訳でも、実際頭蓋骨をマッサージされている訳でもないのに

あれだけの脳内モルヒネを自身で出すということが、

人間の可能性としてどういう時可能なのでしょうか?

私とは違う場合でも、そういう快感を覚えている人が、他にいたら知りたいのです。

でも、ありがとうございます。他の人も心地よい、と聞いて少し安心しました(笑)。

2008/02/10 02:14:59
id:amimotosan No.2

amimotosan回答回数33ベストアンサー獲得回数02008/02/10 03:08:54

ポイント46pt

性的な嗜好が人ごとに違うように、脳内快感物質も人それぞれだと思います。

パチンコの世界なんかは射幸性を重視していると思うんですが、あのはまり方は脳内物質と非常につながりが深く、結構な研究をしている人が何人かいます。

http://www.naoru.com/gyanburu.htm

のように、興奮するというよりは「ほっとしている」のだそうです。後半の別文献の「のめりこみ」の辺りも多少参考になるでしょうか。

あと専門家じゃないので、まったく違うかもしれませんが、参考図書になりそうな本を挙げておきます。読んでいないんでなんともいえませんが、このへんの本のどれかは参考になるんじゃないでしょうか。

脳と快感―脳内麻薬物質と快感のメカニズム (1983年)

ドーパミン系―神経科学の基礎と臨床

快楽物質エンドルフィン

エンドルフィン―脳がつくるアヘン

id:MayorK

あみもとさん、有難うございます。

なるほど・・・。

参考URLを拝見しました。新しい認識をもたらしていただきました。

よくよく深く考えてみると、そうです。「気持ちいい」は「安心」と同じですね。

職人気質の他人の動作を見て私が感じる気持ちよさは、

実は私が母親に耳かきをしてもらうときの気持ちよさと全く同一です。

なぜそれが誰も私に触れていない時にも起こるのかが不思議でしたが、

その気持ちよさとは安心である、というのは新しい認識でした。

その気持ちよさを感じているとき、全身が緩んでいます。細胞のひとつひとつが中庸で、

東洋医学的にも全身で天からの気を享受しているような状態になります。

セックスの女性の高度な快感も要は安心とイコールといいますから、その研究結果は

私の実体験から言わせていただいても「正しい」と思います。

NHKのデッサン講座などで、講師の美術教師が延々えんぴつでデッサンする様子が

あまりに気持ちよくて、AVを見る男性のように巻き戻して繰り返し見たことがありますから(笑)。

究極のシチュエーションは包丁を研ぐ研ぎ師さんの姿です。

研ぎの専門店とかがあるので、

もしも願いが叶うなら 一日中そこにいて

「私がいいと言うまで永遠に研いでいて欲しい」とお願いしたいくらいです。

・・・本当に変態ですいません(笑)

新しい認識をありがとうございます。

2008/02/10 05:45:24
  • id:amimotosan
    研ぎ師がいいって言う話は面白かったです。
    面白がるもんじゃないかもしれませんが。

    女性かどうかわかりませんが、個人営業の職人の奥さんとかになられるといいんじゃないでしょうかね。団体だと規律を乱しそう(笑)。

    工場とか見学にいくとどうなんでしょう? やっぱり結構脳内物質て出ます?

    でも、男の子とかがプラモデルとかラジコンとか作るのとかって、結構そういう要素あると思うんですよ。

    職人さん自身もある程度その作業に陶酔する部分があると思うので
    本人に自分を投影してるのかなぁ、と思いました。そうすると実はそんなに他の人と変わらないのかもしれませんよ。
  • id:MayorK
    ありがとうございます。
    面白がってください(笑)。


    研ぎ師のところへ嫁に行くことは真剣に考えています。
    一生幸せだと思いますから。
    夫婦喧嘩をして夫本人を大嫌いになったとしても、
    彼が包丁を無心で研ぐ姿だけは一生見つめていられるでしょう。

    お皿の絵付けや、研ぎの工場など行くと、
    「結構」どころでなく快感物質が頭蓋骨から染み出してくるので、やばいです。
    顔が恍惚となっているので、その顔を他人に見られたら本当におかしいと
    思われると思います。事実、絵付けをしている職人さんが、
    あまりに微動だにせず見つめ続ける私をチラチラ振り返って、「?」と
    いぶかしがっていたことがありました。

    プラモデルを作る男の子も、
    職人さん自身の陶酔する感覚も、絶対、私の比でないです。

    あんな気持ちよさを感じたら、脳が痺れて動けなくなるので、
    作業を続けられるという時点で、私との比でないです。


    同じくらい強く強烈な快感を、
    他の分野でも感じる人間てどうゆう時ありうるのでしょうかねえ・・・
  • id:amimotosan
    http://news.ameba.jp/r25/2008/02/10951.html
    江頭2:50は笑いが受けると脳内麻薬がどばっと出る体質だそうですから、ある意味では同じような感じなのかも。
  • id:kuriwarikun
    大変遅いコメントですが・・・

    私も記事主さんのように幼い頃から細かい(または単純な)作業を延々行っている人を見ていると
    なぜか脳内が痺れて気持ちいい状態になります。
    ここでの皆さんのやりとりを見る限りこれは誰にでもある症状?ではないのかもしれませんね。

    もうここを見られているかはわかりませんが記事主さん及び同様の症状?をお持ちの方へ
    以下の動画をご覧になるとその「痺れ」を再現できるかもしれません(私がそうなので)。

    http://www.youtube.com/watch?v=GF0-wGbRqEs&fmt=18
    (注:外部リンク・YouTubeの動画です)

    ミシェル・ゴンドリーという映像作家の作業風景の動画だそうです。
    私はこの動画を見るたびに件の「脳の中が痺れて気持ちいい」状態になります。
    もし記事主さんや同様の症状?をお持ちの方・症状についてはよくわからないけど試しに観てみたという皆様
    ご覧いただけましたらこちらでご感想をお書きいただけると幸いです。
  • id:MayorK
    ビンゴおおおおおおおおおお!!!!(笑)

    分かります!!!それです!
    残念ながら音楽が邪魔でめっちゃ気持ちいい「あの状態」にはなりませんでしたが(笑)、
    ジワジワ〜とはきました。でも、そう、このことを言ってるんだ!という感じは分かりました。
    (もっと鉛筆の音や口のつぶやきや、ぼそぼそ、こそこそした実音のほうを延々と聞いていたかった)
    もう、最初のオープニング3秒を見た時点で、
    初めて、生まれて初めて、「分かってくれた人に出会えたあ!」という感動のほうで
    打ち震えておりました。
    友達のだれに言っても変態扱いされていたもので(笑)。

    kuriwarikunさんも 同じ受容体をお持ちのようで、本当に、
    34年間生きていて初めて 同じ受容体の人に会いました。
    今までの回答者の方々も、真摯に答えてくれて本当にありがたかったのですが、
    「いや、はい、あの、でも、違うんです。。。」といった感がぬぐえず、
    ネットで聞いても回答が得られないなんて、自分はよっぽど変なのかと思っていました。

    本当に、なんなのでしょう。この感覚。
    長年、この恍惚感は一体なんなのか分析してみて、
    「細かい単純作業をしている」だけでなく、そこに「吟味」が入ると思っています。
    「考えている人の視線」というか。べつに職人や、芸術家でなくて良いのです。

    たとえば作業員のおじさんが、ポストに張り付いたシールを
    延々ぞうきんでぬぐっている姿をカフェから見ていて、
    頭がジワジワしびれてきて気持ち良くて、ずっとここを動きたくないと思っていたことがあります(笑)。
    おじさんがポストをいろんな角度から見ながらずーっとふきふきしている
    一連の動作を見ていてたまらなく気持ちよくなってくるのです。


    実は7年くらい前にダウンタウンの松本さんが、ガキ使で
    「頭がジワーっとしびれてきて気持ちいい時あるやん」と言ったら、
    浜ちゃんが「何言うてるかわからへん」と言っていたことがありました。
    もしかしたら松本さんは分かってくれる体質のかたなのかなーと思ったことがありました。


    同じような体質の持ち主が、もっと表れてくれたら嬉しいです。
    医学的に見たらどういう状態のアルファー派なのか、(そもそもアルファー派なのか?)なども、
    付随して知れたら本当に嬉しいです。

    kuriwarikunさん、本当にありがとうございました。

  • id:anneri
    もうこちらをご覧になっていないかもしれませんが…

    私も細かな作業を見ることに快感を覚えます。
    初めてこのことに気づいたのは、小学生の時で、
    その時は友人が小さな手帳に小さな文字を、集中して、丁寧に書き込んでいました。

    頭のどこかで性的なものとはまた異なる物質が出ていると思います。
    いつか科学的な説明が得られたらいいのですが…。

    ちなみに自分の場合は、「音」が視覚と同等かそれ以上に大切で、
    kuriwarikunさんご紹介の動画のように、BGMが付いているものではダメでした。
    道具の立てる小さな音や、その場の静寂などが必要です。

    MayorKさんと、kuriwarikunさんに続いて、三人目ということで足跡を残しておきます。
  • id:MayorK
    anneriさん、ありがとうございます。

    わかります。「音」重要です。
    山上憶良の和歌の
    「わが宿の いささ村竹吹く風の 音のかそけき この夕べかも」
    この、「音のかそけき」。大事です。BGMとか入ると、半減しますよね。
    かそかそ。。。こそこそ。。。という集中するペンの音など、非常に「キます」。

    最近偶然見つけた動画がキモチ良かったので添付してみます。
    あまり音はないですが。
    http://www.youtube.com/watch?v=VHzYvEGi50A&feature=quicklist
    アメリカで銃をいじる奥さんの後ろで旦那さんがいたずらをするのですが。。。
    奥さんが素直な少女のように可愛く、
    銃を真剣に集中していじっている間、わずか5秒くらいですが、
    それが私にはめちゃくちゃキモチいいのでした。

    3人目の変態メンバーへようこそ。
    (ようこそされたくないかも知れませんが。。。(^^;))

    何かおすすめ動画があったらシェアし合いましょう!(笑)
  • id:shukou-hate0428
    だいぶ昔に投稿された質問のようですが、もしまだ質問者様が見ていたら教えて下さい。
    私もたぶん、まったく同じ感覚を体験することがあります。
    確定しているシチュエーションとしては、他人が紙幣を数えている時です。
    何度か銀行などで気持ち良くなりました。
    出来れば、この現象について詳しく書かれたページとかあるとうれしいのですが。
    または、この現象を誘発する他の動画があったら教えてほしいです。
    なぜかミシェル・ゴンドリーの動画はもう視れませんでした。
    是非よろしくお願い致します。

  • id:MayorK
    shokouさんコメントありがとうございます。
    紙幣を数えているとき気持ちよくなったことは私はないですが、言っている意味はわかります。
    多分「他人が何か細かいことに没頭して視覚者(私)のことを忘れいている」状態として、系統が同じだと思います。
    この現象を誘発するほかの動画があったら本当に集めたいですし、私は科学的にこれが何なのか、
    本当に知りたいので、医療関係のかたがあっけなく回答をくれないか、いまも待っています。
  • id:miauxxxmiauxxx
    miauxxxmiauxxx 2016/05/17 14:47:06
    はじめまして。
    質問者様ほどではありませんが、共感を覚えて時々覗きに来ていました。

    ところで、ASMRというジャンルはご存知でしょうか。
    かなり調べられているようなので、観られているかもしれませんね。

    わたしは質問者様に比べると、たぶん聴覚>>視覚というタイプのようで、
    ASMR動画が、かなりぴったりはまります。
    こちらはさらに、同志も多いようで、動画も数多くアップされています。

    疑似耳かきなど、ちょっとエッチな雰囲気のものは、私は好きではないのですが
    https://www.youtube.com/watch?v=uoP5kl3k2IY
    たとえばこれとか、いかがでしょうか?
  • id:miauxxxmiauxxx
    miauxxxmiauxxx 2016/05/17 14:54:24
    似たようなものですが

    https://www.youtube.com/watch?v=9j2ob7InfBY

    こちらのほうが、より好きです。(笑)
  • id:jsoul0530exe
    はじめまして。
    やっと同じ話を出来る方をみつけました。
    頭が気持ちよくなる状況も似ております。

    小学生の頃から
    ・床屋で髪を切ると
    ・知らないおばあちゃんに優しく話しかけられると

    あとは、私の為に一生懸命になっている感覚で発動してました。

    40歳を越えた今でも、全く営業センスのない営業マンが私との会話を一生懸命繋ごうとする姿勢で頭が気持ちよくなり、ずっとこの方と話をしていたいと思うほどです。

    http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3959610.html

    ここを見てください。

    本当かどうかは定かではありませんが、何かのヒントかもしれません。
  • id:MayorK
    miauさん
    コメントをありがとうございます。
    コメントを頂いてすぐ拝読できていたのですが、はてなへのログインがうまく行かずお返事の仕方に
    長らく手間取い、失礼いたしました。

    ASMRというジャンル、存じませんでしたので、ふむ!という感じでした。
    新しい情報をありがとうございます。
    Autonomous Sensory Meridian Response。。。なるほどと思いました。

    わたしもmiauさんと同様、セクシーな女性の動画はあまりキませんでした。
    ドローイングのほうも、実はそんなにコなかったのですが、言わんとされることは分かります。
    セクシー女性の動画も、ドローイングも、あまりにも「これで気持ち良くなるんだろう、ほら!」的に
    提供されすぎているところに、ちょっとあまのじゃくな食指が動かないのだと思います。

    見る人のことなんか全く考えていない人が、自分だけに集中して吟味しているところに私は反応するようなので、あまりにどうぞ、あなたのためですと提供されるといささか冷めるようです。
    学生時代バーでアルバイトをしていたとき、ビリヤードの台を水平に調整する業者さんが店にいらっしゃって、そのおじさんが水平さを測る器具で延々に、微妙に水平でない台を調整している。。。そういう姿をこっそり盗み見ては
    頭の中がじわじわ〜っと気持ち良くなっていました。

    ASMRとは新しい情報をくれました。
    西洋人は自分の欲求に正直だから、こういうジャンルも追求するよなあと
    感嘆しました。ただ、「これが何なのか」とやはり解明されていませんよね。
    これは何なんでしょう。
    あと、ASMRのひとたちはこれでオーガズムを感じるのでしょうか。
    イカなくとも、女性ならば濡れてくるような性的快感に浸るのでしょうか。
    私はそういう性的な快感とはまっっっったく別物で、性的な快感よすずっっっっっっと気持ち良いものなので、「これが何なのか」を知りたいのです。
    ネットで質問をすれば、医学系の人から「それはこういう脳内物質ですよ」とあっさり夢が冷めるほど簡単な回答が得られるのかと思っていました。

    でも、かなり近い分野で、こういうジャンルがもう確率されていると知ることは
    大変大きなステップでした。
    ありがとうございました。
    変態ですみません。
  • id:MayorK
    jsoul0530exeさん

    コメントをありがとうございます。
    はてなへのログインがうまく行かずお返事の仕方に
    長らく手間取い、失礼いたしました。

    同志でございますね。

    「40歳を越えた今でも、全く営業センスのない営業マンが私との会話を一生懸命繋ごうとする姿勢で頭が気持ちよくなり、ずっとこの方と話をしていたいと思うほどです。」

    とても良く分かります。
    私も、仕事上かかわったおばさんと、業務がひと段落した後世間話をしているだけで、なぜか
    気持ち良くなった事があり、ず〜っと喋っていたい。。ず〜とただしゃべり続けていてほしい。。。
    と思った事があります。この人は私に向かってただ喋っているだけで
    何も吟味とかしていないのに、こんな事が起こるのは初めてだな、たまたまかな?と思いましたが、
    そのおばさんがまた職場にやってきた時、同じように世間話をし、また同じように気持ち良くなったので
    この人は何か、私にそう感じさせる波長をおったおばさんなのか。。。と不思議に思ったことがあります。
    その方とは、もう会わなくなってしまったので、確かめようがないのですが。。。

    jsoul0530exeさんはその営業の方に対して気持ち良くなった時、
    性的に気持ち良くなるのでしょうか?
    おそらく違いますよね。
    (私は別に、恥ずかしさから否定しているのではなく、性的な快感なら性的な快感と言います。
    でも本当に違うので、性的快感より上回るこれが何なのか知りたいのです)
    私もそのおばさんが喋っている間、ひたすら脳がしびれてそのジワジワが頭蓋骨を上下するように
    ゆっくり往復して気持ち良くて、口も半開きで、目も半顔でうっとりしていたと思います。
    オフィスであまりにアホな顔をしていても変なので、常識範囲内できちんとした表情を保っていましたが、
    その時の私のオーラってそのおばさんに対して、攻撃的でもなく迎合でもなく、
    あるがままを受け入れる多幸感、みたいな空気を出していたと思うので、
    おばさんにとっても私とただ無意味に世間話することが、ここちよい時間であったろうと思われるのです。

    ここで皆様に、いろいろな近い情報をご提供いただきながら、
    あまりにクリアな答えが掴めないので自己流ですが、
    最近これはヒンドゥーや仏教の修行者が瞑想で味わう多幸感というやつなのかな、と分析するに
    至っています。
    解脱やクンダリーニの恍惚状態に、
    修行しなくともそのスイッチがたまたま入りやすい凡人、というのもあるらしいので。

    瞑想などで体験する多幸感だから、科学的にそんなにまだ名前がついていない人類の脳の状態なのかな?とか。。。

    そこまでか、と思われるかも知れませんが、
    リンクをはってくだった教えてぐーの質問者様など、同類とは思いますが、まだまだだな、そんなもんじゃないぜ、と思う私です。
    。。。変態ですみません。。。

  • id:reichanpowder
    「細かい作業 集中している 気持ちいい」でグーグル検索してみたらMyorKさんの質問に辿り着きました。
    わたしもこの感覚が昔からあり謎です
    本当に集中している姿を見るのは異常な気持ちよさです
    ASMRを知ったとき近い感覚かな?と思いましたが動画を見てもピンとこず文章や漫画の描写で気持ちよくなったりもするので音フェチではないなと思いました。
    幼少期はとくにこの感覚がしょっちゅうありました。
    アラフォーぐらいじゃないとわからないと思いますが、NHKの昔の子供番組のノッポさんの工作を見ている間、気持ちよくてずっとぼーっとしてました。
    牛乳パックやヤクルトの空き容器などに折り紙を貼ったりセロテープでペタペタと器用になにかを作り上げていく様子がたまりませんでした。
    家にあった学習漫画でお気に入りの理科の漫画があり水溶液を混ぜるシーンで気持ち良くなるので何回も何回も読み直していたのにある日親に処分されて、すごくショックだったり。そういえば理科の授業中はこの気持ち良い感覚になる事が多かったです。プレパラートにピンセットで検体を乗せて顕微鏡で除く、あと秤の上にピンセットで小さくて薄い銅の板を載せていくときとか。
    人がピンセットを使って作業している姿を見るのはジワジワ来ます
    体育の時間に怪我したら学校医が保健室で綿球を黄色い消毒液と泡の出る白い消毒液に浸してピンセットでつかみポンポンって患部に塗ってくれるんですけどこれをされている間も気持ちよすぎて頭ボーッ
    最近ではゲッツ板谷っていうエッセイストのベトナム怪人紀行っていう旅行記に出てきたベトナムの耳掃除やさんで顔剃りしてもらっているときの描写が素晴らしく頭がボーッとなる文章でしつこく読み返していました
    本当にあの気持ちよさといったら
    ある瞬間に偶然陥り、意図して探そうとするもなかなか見つからないのも神秘です
  • id:MayorK
    reichanpowderさん
    コメントありがとうございます。

    ノッポさんわかりますよ。工作シーンに私は気持ち良くなりませんでしたが、言わんとされている事は分かります。

    >漫画のシーンでも気持ち良くなるから繰り返しみる
    >意図して探そうとするもなかなか見つからないのも神秘

    完全に同志だと思います。
    本ではわたしは気持ち良くなった事がないので、映像か漫画か現実か、私は視覚が重要なのかなと思いました。

    たまたま脳科学者の人で同類の人がいたら、自分で研究してくれただろうけれど、万人に共通する快感ではないので解明されていないのでしょうかね。。。

    でも同じ人がいるんだ!と分かるだけでも前進です。
    ありがとうございました。

    この掲示板も盛り上がらない割に長きに渡ってポツポツと情報を頂くので、いつかあっさり「その快感は◯◯です」と回答くれる人が現れないかなーと願っております。
  • id:yukke297
    はじめまして。
    近い感覚を持っている方に会えたので嬉しくて書き込みます笑

    自分も美容院で髪を切るところ、ガソリンスタンドで窓を拭いてもらっているとき、プロのサービスの方が機械のメンテナンスや掃除をしているのを見ると、体がゾクゾクして快感を得ます。
    こういった現象はなんて名前なんだろうと検索した結果、このページを見つけました。
    自分の場合は自分が楽な姿勢でいたり、一方的に何かをして貰っている時に感じます。
    それがただ単純に自分は何もしてないのに人が自分の為に何かしてくれていることによる快感なのか、それとも細かい作業を見ることによって得られる快感なのかは自分でもわかりません。
    脳科学の偉い方が名前をつけてくれるのを望みます笑

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません