自然や土地の広さなどをいかした理科教育(理科実験、理科教材作成など)を行い村おこしをする事例というのはあるのでしょうか? 似たような試みも歓迎です。たとえば、田植えの体験の延長線上で理科教育的なことをやっている事例も歓迎です。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/02/11 20:56:12
  • 終了:2008/02/18 21:00:03

回答(2件)

id:kappagold No.1

kappagold回答回数2710ベストアンサー獲得回数2482008/02/12 10:15:42

ポイント35pt

失敗事例です。

近畿から中国地方にかけては、自宅から1時間程度のドライブで到着できるほど、多数の天文台がある。これらの施設の多くは「村おこし、町おこし」の一環としてバブル期に作られ、観光施設的な位置づけで、専任の担当者を置いていない。利用率の低い施設には手をかけられない、と自治体はいうのだが、管理運営を考えずに作った責任は誰が負うのだろうか。

http://natsci.kyokyo-u.ac.jp/~rigaku/forum/5gou/VOL5-17-21.pdf


最近はやりのグリーンツーリズムが、体験学習と村おこしのニーズの合体であるという意見もあります。

その観点から、探すと色々と出てきます。

http://www.city.tochigi.tochigi.jp/hp/page000002000/hpg000001636...

http://www.kouryu.or.jp/green/1996/06/main.html

http://www.pref.kochi.jp/~nousei/norinbu/nousei/1300-09-26.htm

id:isogaya

ありがとうございます。理科教育そのものをターゲットにしたレベルのはないようですね。

天文台は本当にアホな意思決定だと思います。

2008/02/12 10:25:29
id:ayame2001 No.2

ayame2001回答回数456ベストアンサー獲得回数332008/02/13 04:18:33

ポイント35pt

市町村合併と、予算縮小で継続が危ぶまれていますが、福岡県飯塚市(旧:嘉穂郡庄内町)に小学生の通学合宿(生活体験学校)があります。

鶏の世話をしその卵で自分達の食事の支度。生ゴミや馬・鶏糞から堆肥を作り畑へ。『こえ汲み』も体験するそうで、家畜の世話、畑仕事をしながら学校へ一週間ほど通学します。 研究成果をまとめた出版物もありますので参考になればよいのですが。

事業の目的は,子どもに自炊による生活体験、農耕体験、動物飼養体験などを集団で体験する事を通して,子どもの自立と自律を図るとともに他者との協調や連携ができる態度・技能を体得させる、また子どもと大人が共同して物を作る体験を通じて,生活文化の交流,世代間の交流を促進し,生活文化を伝承・創造すること。

この施設で行われている事業は,1.体験合宿事業(6泊7日の通学合宿と金から日のチャレンジ体験合宿)年20回、2.総合的な学習時間の支援(保育所,幼稚園、小学校,中学校)通年、3.環境保全活動や植樹活動、4.その他の体験活動、など体験合宿活動を中心としながら、地域のさまざまな生活体験提供の場として利用されている.

約3000坪の私有地の敷地にさまざまな施設が余裕を持って設置されている。この施設の維持費は約2200万円/年、人件費は約1200万円/年とのことであった。

通学体験合宿は,1回10から17人程度の児童が月曜から日曜までこの施設で寝食をともにし、昼間は学校に通い、帰宅後夕食作り、風呂の準備、畑仕事などそれぞれのグループに振り分けられた仕事を分担し、できる限り子どもたちだけで暮らす体験を積むものである。6泊7日の通学合宿の参加費は,3500円とお米1升2合。この間は,塾習い事は休むこととなっている。

http://www.satoru-ono.jp/diary/20071114.html

http://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/kaikaku/pdf/p89.pdf

子どもの生活を育てる 生活体験学習入門―福岡県・庄内町のこころみ

子どもの生活を育てる 生活体験学習入門―福岡県・庄内町のこころみ

  • 作者: 横山 正幸 正平 辰男 猪山 勝利
  • 出版社/メーカー: 北大路書房
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



町おこしで参加したことのあるのが 『Do you 農?』稲刈り体験です。源じいの森という宿泊施設があるので参加しやすいのが決め手でした。(体がしんどいと思うのでのんびりしたかった)もう20年以上も続いていますが都市部からの参加者が多いと思います。

http://www.tagawa-net.jp/agri_experience/do_you_no

http://www.fcom.ne.jp/akamura/sub10doyou.html

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません