耐火煉瓦と赤レンガの耐火性能はどの程度違いますか? 屋外にパン釜を作ろうと思うのですが、

近所で耐火煉瓦が手に入るところがありません。ホームセンターなどで売っている赤レンガを
使いたいのですが、大丈夫でしょうか?

あるHPには、屋内には耐火煉瓦 耐火モルタル 屋外には通常の赤レンガ 通常のモルタルと
書いてありました。その理由もわかれば教えてください。 耐火煉瓦と赤レンガの耐火性能はどの程度違いますか? 

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/02/11 21:34:23
  • 終了:2008/02/18 21:35:03

回答(2件)

id:kappagold No.1

kappagold回答回数2710ベストアンサー獲得回数2482008/02/12 10:01:56

ポイント35pt

普通のレンガの場合、高熱にさらされ続けると、割れる危険性があるので、炉内には耐火レンガを使うということです。

屋外で、通常の赤レンガ通常のモルタルで良いというHPの根拠は判りませんでした。



普通のレンガは、耐熱性を目的に製造されたものではありませんので、常に200度を超えるような環境では使用できません。

一般的に、炉の内側には耐火レンガ、断熱レンガ、セラミックファイバーなどの耐火物が必要ですが、炉の外壁の部分には赤レンガなどの普通のレンガが使用できます。


耐火煉瓦

重い、硬い、高温(1000℃以上)に耐える。⇒高温で構造体として使用できる。炉内で使用。

http://www.iwaki-refra.co.jp/faq.html

id:rin-in No.2

rin-in回答回数131ベストアンサー獲得回数12008/02/13 18:50:06

ポイント35pt

耐火レンガを屋外で使わない理由の1つは、耐火レンガは水に弱い という

特性があげられます。

対して赤レンガは、そういったことはありません。

但し、耐火性能については、名前のとおり、耐火レンガのほうがずっと上です。

参考になると思われるサイト

http://homepage3.nifty.com/ishigama/index.htm

http://www2s.biglobe.ne.jp/~chikuro/chikurotop00.htm

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません