ある証券会社に口座開設する前に、破綻時の資金返還について質問です。


その証券会社は顧客からの預かり資産を分別管理しています。約款によると、扱う商品が法規制(金融商品取取引法第43条の2)対象外のため、自主的に分別管理しているそうです。同じく約款には、破綻時について「法令上の分別管理および投資者保護基金の保護対象ではないことから、一般債権と同様の扱いになりお預かりした資金の一部又は全部が返還されない可能性がある」と書かれております。質問ですが、「分別管理している」と謳う一方で「返還されない可能性」について言及していることが理解できませんので、教えてください。ちなみに、その会社は日本投資者保護基金にも入っています。

安心して投資に専念したいだけなので、別角度からの回答でも結構です。「『証券』と名の付く会社は、金融庁から毎年厳しい監査を受けているから、実際に破綻する可能性は極めて低い」など、視点の異なる回答も歓迎です。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/02/12 00:01:23
  • 終了:2008/02/15 23:31:30

ベストアンサー

id:seble No.2

seble回答回数4680ベストアンサー獲得回数6172008/02/12 09:58:28

ポイント55pt

倒産した山一に口座を持っていました。(会社も、、)

結論から言えば、ちゃんと全額返って来ましたよ。

株券は当然ほふりへ登録します。現物はないし、証券会社の金庫でもないので安全です。

(横領などで売却された場合は別)

投信も別会社が普通で、そちらが倒産しなければ関係ないです。

それに、基本的には他社の株や債権を購入している訳ですから、購入した会社自体が倒産しても、きちんと分離管理さえされていればそれらの株等はそのまま資産ですから問題ないハズです。

若干の現金もありましたが、少額なせいか、何も問題は出ませんでした。

分別管理の対象にならない運用などがあるのではないですか?

いずれにしろ、株式はほふり、投信は別会社、きちんとした分別管理ができていれば、その、証券会社がどうなろうと大丈夫です。

(もちろん、口座の移動など、手続きしなくちゃいけないですけどね)

http://www.jasdec.com/

蛇足ですが、その、証券会社の株を購入してたら、それは単なる記念品にしかなりません。

id:spadmin

実体験に基づく貴重なアドバイス、ありがとうございます。裏側の仕組みの説明から、なぜ証券会社が傾いても問題ないのか、が理解できました。

引き続き、回答を募集します。

2008/02/12 23:56:43

その他の回答(1件)

id:applepink No.1

applepink回答回数119ベストアンサー獲得回数62008/02/12 01:40:08

ポイント15pt

分散管理をしていても、どこかで大きなマイナスを出せば破綻はありうるのではないでしょうか?

例えば今回のような、原油高やサブプライムによる世界同時大幅下落のような出来事だったり、

http://www2.monex.co.jp/monex_blog/archives/008565.html

フランス大手ソシエテ・ジェネラルの1人の証券マンが7600億もの損失をだしたニュースはまだ記憶に新しいと思います

同様に過去にも同じような事件が起こっています

イギリスのトレーダーのニック・リーソンが名門・ベアリングズ銀行を1300億円で破綻させたりもしています

絶対破綻しないわけではありません

こういった万が一のことはいろんな面から考えると起こりうるわけです

 

例えば、株の発注ミスもあります

ジェイコム株誤発注事件は有名ですよね

みずほ証券が誤注文して大きな損失をだしています

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%B...

 

何があるのかわからないのが株の世界

分散投資で安全だという文句は、予測も出来ないミスや事態、展開がないことを前提にいっている言葉

その上で、やはり万が一が存在するので、そのときの注意書きも必要なのではないでしょうか

  

日本投資者保護基金というのは1000万までは補償しますというもの

それ以上は補償はしてもらえませんという意味です

加入していても1000万以上の補償はないので返還されない可能性の記載が必要です

 

分散管理というのは、会社の資産と別に管理をしているというだけの話です

お客さんからの預かり金は、預かったものとして簡単に言えば別口座に入れてあるだけというものです

id:spadmin

なるほど。一読して、やはり「安心」はできないな、と思い直しました。「万が一」を想定したアクションを心がけます。ありがとうございました。

2008/02/12 23:38:02
id:seble No.2

seble回答回数4680ベストアンサー獲得回数6172008/02/12 09:58:28ここでベストアンサー

ポイント55pt

倒産した山一に口座を持っていました。(会社も、、)

結論から言えば、ちゃんと全額返って来ましたよ。

株券は当然ほふりへ登録します。現物はないし、証券会社の金庫でもないので安全です。

(横領などで売却された場合は別)

投信も別会社が普通で、そちらが倒産しなければ関係ないです。

それに、基本的には他社の株や債権を購入している訳ですから、購入した会社自体が倒産しても、きちんと分離管理さえされていればそれらの株等はそのまま資産ですから問題ないハズです。

若干の現金もありましたが、少額なせいか、何も問題は出ませんでした。

分別管理の対象にならない運用などがあるのではないですか?

いずれにしろ、株式はほふり、投信は別会社、きちんとした分別管理ができていれば、その、証券会社がどうなろうと大丈夫です。

(もちろん、口座の移動など、手続きしなくちゃいけないですけどね)

http://www.jasdec.com/

蛇足ですが、その、証券会社の株を購入してたら、それは単なる記念品にしかなりません。

id:spadmin

実体験に基づく貴重なアドバイス、ありがとうございます。裏側の仕組みの説明から、なぜ証券会社が傾いても問題ないのか、が理解できました。

引き続き、回答を募集します。

2008/02/12 23:56:43
  • id:applepink
    結局、分別管理しているのに返還されない可能性についてはどういう回答なのでしょうか・・・。
    2の方の回答が優秀なら、どこの部分なのかが知りたいです。
    すみません、教えてください。
    分別管理をしていると証券会社が記載してあるのに、きちんと会社が管理していれば~というのは、嘘をついているという事でしょうか?
    分別管理の対象にならない運用というのは、会社に自己投資している運用でしょうか。
    それならば、分別管理をしているとはいえませんので、やはりおかしいです。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません