未だに連座制がある野蛮な日本は啓蒙されるべきでしょうか?


日本で犯罪が起こると犯人の家族が不利益を受けるわけだが、
そういう野蛮人的な悪習は廃絶すべきじゃないですか?

事件や事故が起こると、犯人の家族が被害者や家族に謝るらしいですが、
それは野蛮の極地なので今すぐ止めるべきだ。

また、被害者らの犯人の家族に対する批判・謝罪請求・賠償請求は弾劾され、非難されるべき。
今でもこれらは『不法行為』であるはずだが、守られていないし認識されていない。

もういっそ新しい法律を作って、連座責任的行為・本人以外の家族に不利益を与える行為をする者を訴追すべきだ。


おれはこんな野蛮な国に住むのはつらすぎる。

議論してください。

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 200 ptで終了
  • 登録:2008/02/14 14:18:42
  • 終了:2008/02/17 14:33:13

回答(62件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
日本に限ったことですか? hissssa2008/02/14 18:10:03ポイント6pt

犯罪であれ事故であれ、身内の不始末が家族や親類縁者に及ぶのは日本に限ったことではないと思いますが。交流の全くない親戚とかならともかく、身内と呼べるほどの関係であれば、およそ人類社会すべてにおいて、ある程度の責任は避けられないと思います。

そもそも家族は社会における運命共同体であって、基本的にはお互いがそれぞれの存在のもたらす利益を享受して生きています。父親は働いて家族を養い、母親は家事をして家庭を支え、子供はその手伝いをしたり親に対する老後の保障になったり等々。ほかにも色々形はあるでしょうが、そうやって利益は享受するのに、不利益が発生したときには他人の振りというのはあまりに身勝手ではないでしょうか。

?? hermione12182008/02/14 20:22:24

そもそも、なぜ『互いに支えあう』家族が、

『尻拭いをしなきゃならない保証人』という解釈になったんだ?


『助け合う』のは、家族の中でですよね?

>父親は働いて家族を養い、母親は家事をして家庭を支え、子供はその手伝いをしたり親に対する老後の保障になったり等々。ほかにも色々形はあるでしょうが、そうやって利益は享受するのに、不利益が発生したときには他人の振りというのはあまりに身勝手ではないでしょうか。


おいおいw

だれか説明してあげてください。

hermione12182008/02/14 20:17:48

>程度の責任は避けられないと思います。

どういう責任?まさか、家族だからだ、という根拠のない責任ですか?

そもそも『自分の行為でない』のに責任を負わされるのだから、理不尽の極地ですよね?

>家族は社会における運命共同体

違います。互いに助け合う血縁などによる共同体です。

いつから運命共同体に?

>基本的にはお互いがそれぞれの存在のもたらす利益を享受して生きています。

そのとおり。絆や血縁で結ばれた共同体です。


>そうやって利益は享受するのに、不利益が発生したときには他人の振りというのはあまりに身勝手ではないでしょうか。

そこの理論の飛躍が分からない。いつから連帯保証人になったんですかね?

hissssa2008/02/14 22:10:43ポイント4pt

>そこの理論の飛躍が分からない。いつから連帯保証人になったんですかね?

日ごろ世話になっている人が苦境に立ったら、即座に見捨てるんでしょうか?。自分の利益だけを考える態度のほうがよほど野蛮人的だと思いますが。

犯罪であれ事故であれ、不始末をしでかすとは、その人が言わば社会に対して負債を負うということです。法的には罰金なり受刑なりでその償いを行うわけですが、それはあくまで最低限の償いです。通常、社会倫理的にはそれ以上の償いが求められるものですが、必ずしも本人に償いきれるものではありません。その時に身内たる者が一部なりとも肩代わりするのは、誰よりもまずその本人のために行う行為であり、人倫としては当然であると考えます。

無論、どこまで責任を負うべきかは場合によって異なります。相手との関係や実際の不始末の内容により千差万別であり、倫理的な価値観もからむので万人が納得するような基準は難しいでしょう。

hermione12182008/02/14 22:54:48

もちろん見捨てません。

>罰金なり受刑なりでその償いを行うわけですが、それはあくまで最低限の償いです。通常、社会倫理的にはそれ以上の償いが求められるものですが、必ずしも本人に償いきれるものではありません。

民事などの場合ですね?

本人に払いきれない場合は、債務不履行になるだけです。

もちろんその本人を家族が養ってあげればいいじゃないですか。

なんで、

>身内たる者が一部なりとも肩代わりするのは、誰よりもまずその本人のために

なるんですか?

もともと債務不履行なので、本人の為にもなりません。

犯人も家族に鷹ってまで払わないでしょうね。

>人倫としては当然であると考えます。

なわけないだろ。

借金取りが家族のところに来たら犯罪なのと同じ。

金借りた家族のために「肩代わり」することが家族のためになるはずがない。

自己破産するべき。


それで被害者の遺族が犯人の家族に払えといったら、「八つ当たり」の「恐喝」でしかありません。

>必ずしも本人に償いきれるものではありません。

だから家族が払うべきという考えがおかしい。

別に犯人を見捨てろとは言ってない。普通に養うべき。

だから、なんで犯人の賠償金をその遺族のために払ってやらねばならんのか?

そんな義理はないし、不条理だろ?

借金を家族に払わせるか?刑務所行っちゃうけど。

結局、

悪いのは本人だけ→本人に払う気が無いならそれまで。

        →本人が払いたければ、払わせればいい。

ただし、家族に寄生するのはよくないので、どっちにしろ家族のためにも金を使わなきゃならん。返済は滞るだろうな。

どっちにしろ、その家族が賠償することじたい犯罪みたいなもんだ。

(理由:悪いことしてないのに金を払わされるから。だれでも理解できる)

hissssa2008/02/14 23:21:57ポイント3pt

まず賠償ではなく社会倫理の話をしているんですが。例えば他人に怪我を負わせてしまった場合、法的な罰を受けて賠償金を支払えば、相手に対して謝る必要は全くないとお考えですか?。

償いは全て刑事罰と金銭で可能であり、謝罪とか誠意が全く不要だという倫理観の上での話であれば、これ以上何も言うことはありません。少なくとも私は、犯罪であれ事故であれ他人に迷惑をかければ、まず第一に謝るべきであり、賠償だの何だのはその先の話であると考えます。

しかし、その犯罪なり事故なりで、相手を死なせてしまったり一生モノの怪我を負わせてしまった場合はどうなるでしょう?。その場合、どれほど謝っても到底許されるものではありません。でも、無駄だからといって謝らなくていいという話にはならないでしょう。たとえ許されることがなくてもひたすら謝り続けるしかありません。そのほんの僅かな足しとしてでも、一緒に謝ることが出来るのは身内たる者だけです。それをしないということは、見捨てたことと大差ないでしょう。

金銭的な賠償についても話は同じですが。償いの一環として金銭が含まれる場合、当人の償いを完済させてあげるために身内が協力するのは別におかしい話ではないと思います。無論、あくまで本人の自己責任で解決させるという倫理観もあると思います。どちらが正しいかは人それぞれですが、少なくとも「自己責任で解決させるけど生活の面倒は見る」という御主張はおかしいと思いますが。

おかしくないです hermione12182008/02/14 23:31:26

>少なくとも「自己責任で解決させるけど生活の面倒は見る」という御主張はおかしいと思いますが。

どこが?

>そのほんの僅かな足しとしてでも、一緒に謝ることが出来るのは身内たる者だけです。それをしないということは、見捨てたことと大差ないでしょう。

なんでそれが『見捨てた』ことになるの?

説明乞う

『謝る』の意味を理解してください。

謝罪ですよ。

つまり、『悪いことを詫びる』です。

だからさ、悪いことをしていない以上、『謝る』という行動自体成立しえないんですよ。

謝罪などをするのはあくまで本人です。本人にしか責任がありえないから。

それで一緒に住んでいてなぜ『見捨てた』になるのか理解に苦しむ



つーか結局はさ、

被害者が謝罪or保障されないじゃないか!

ってことでしょ?

それなら犯人の家族を持ち出すことがお門違い。

全く責任ないんだからさ。

その上で、彼らが犯人と一緒に暮らそうが、そうしようが、被害者がつべこべ言うことじゃないよね。

もし犯人が幸せになるのが許せんなら、犯人に直接言えば?

ってこと。

hissssa2008/02/14 23:46:56ポイント2pt

>>少なくとも「自己責任で解決させるけど生活の面倒は見る」という御主張はおかしいと思いますが。

>どこが?

本人が自己責任で解決できない借金を背負っているのに、家族が衣食住の面倒を見るのが正しいんですか?。面倒を見るのも無料じゃないのに。その主張が通るなら、借金しまくって返済できない人が親に養ってもらってのうのうと暮らすのも有りってことになりますが。その借金がサラ金とかでなく友人知人からのものであった場合でも、倫理的に全く問題ないとお考えでしょうか。

>>そのほんの僅かな足しとしてでも、一緒に謝ることが出来るのは身内たる者だけです。それをしないということは、見捨てたことと大差ないでしょう。

>なんでそれが『見捨てた』ことになるの?

まず私の一連の話の前提として、「他人に迷惑をかけたらきちんと償うことが当然」という倫理観があります。「払えないものは仕方ない」「謝れないものは仕方ない」という倫理観ではありません。その上で、どれほど謝罪しても許されないほどの罪を背負ってしまった場合の話をしています。その場合、一生をかけて謝り続けるしかないわけですが、その道行きをただ一人で行かせることが身内として「見捨てる」ことにならないというのであれば、それ以上言うことはありません。

もちろん、その当人が「払えないものは仕方ない」「謝れないものは仕方ない」と開き直るタイプの倫理観の持ち主であれば話は別です。被害者の感情など気にせずにのうのうと暮らせばいいでしょう。どっちが野蛮かは第三者の意見を聞きたいところですが。

誤解しているようだが、 hermione12182008/02/15 00:38:02

払えないものは払えない。それは事実だ。じゃあ、本人がどうするのか?

結局そういうことだ。

悔恨の念がある・開き直る・その他・・・

支払いの可否・・・

いろいろな選択の内、迫られているのは本人だけだ。

その上で、何も悪くない家族はどうか?

被害者と全く関係なく、幸福追求権があります。

もちろん何も責任を負うような行為をしていないので、

自分たちの幸福を専ら追求する権利があります。

これは、誰だってそうです。

だから、当然、不利益を受けたくはありません。

これは、『人間として当然の権利』です。

『自分の行為でないことに不利益を受けない』これは

全ての人権の根源になるべき原理です。

だから、当然の結果として、

『どうすれば幸福か』という『利害』を考えます。

その結果、『犯人は賠償を家族に頼らない』ということになりますね。

なぜなら、その方が明らかに家族の利益になるからです。

これはむしろ”正義”です。

自分のやってもいないことで不利益を受けるなら、それは全て”悪”です。

もちろん、家族は犯人をどう扱おうと自由です。

離婚するなり、追い出すなり、これまでと同じく接するなり・・・

それは、人間同士の絆を追及する”権利”であり、

それは”連帯責任を負うこと”とは無関係に保障されます。


だから、『一緒には住む。その上で家族の利益を図る』

これは『当然』です。

その上で、犯人の行動は専ら本人に委ねられます。

開き直るのか、曖昧にするのか、家族を優先するのか、・・・

ただ、少なくとも家族が肩代わりすることは、

『正義に反する』わけで、『家族の全体に利益にとってマイナス』なので

そうすべきではない。



本音を言えば、誰だって家族の方が他人より何億倍も重要なわけで、

家族にとっては、犯人が債務不履行で開き直るほうが『幸せであり、得』です。だって、家族は悪くないから。

そうならば、当然『損じゃない』選択をします。

家族は『最も利益になる選択』をする自由が良心的にもあるはずです。

それは何ら後ろめたいものではありません。

あるいは、本人に踏み倒しをもとめるかもしれません。

それもいわば”当然”なのです。


つまり結局は全て本人の意思次第です。

ただ、人生と家族を捨てて詫びる人なんて滅多にいないですがね。




それで犯人が逃げ得云々を言うなら、制度のせいですので。


>本人が自己責任で解決できない借金を背負っているのに、家族が衣食住の面倒を見るのが正しいんですか?。面倒を見るのも無料じゃないのに。

正しいです。家族は自己の金銭の使用の自由があり、

それを『家族の扶養』に用いただけです。なんら不道徳ではありません。

それとも、その金で返済しろ!ですか?

その方がおかしいと思いますよ。本人の金ではないんですから。


>借金しまくって返済できない人が親に養ってもらってのうのうと暮らすのも有りってことになりますが。その借金がサラ金とかでなく友人知人からのものであった場合でも、倫理的に全く問題ないとお考えでしょうか。

『自己破産』という制度があります。

また、養ってもらうことには、少なくとも養う方には何ら問題なしです。

道徳的にもね。自分の家族を不利益にしないのは当然じゃないですか。

専ら返さない人が問題だと思います。

>その借金がサラ金とかでなく友人知人からのものであった場合

借りた人が悪い。

なぜ身内が悪いのか?

困窮した家族を養うのは普通。

それが『代わりに返せ!』というのに結びつかない。



>他人に迷惑をかけたらきちんと償うことが当然

借金の話もそうだけど、結局返済できないくらいどうしようもない場合。

何度も言ってきたけど、だからなぜ家族が?

家族は当然『自分たちの幸福』に沿って行動するから、そんな被害者のことかんか考える必要はないと思うけど?

要は『本人がどうするか?』ってことでさ、結局払えないなら自害するか開き直るか、そもそも罪悪感が軽いかしかないんじゃない?

たぶん家族は犯人も含めて自分たちの利益に沿って動くだろうから、

犯人がどうしても返済したければ返済すればいいと思うよ。

ただ返済するくらい善い人間なら、家族に迷惑はかけないと思うし、

家族も何の関係無い被害者に払う金など出さないと思う。

そこらへんはお互い了承するでしょ。


あなたの言うような、返済不可能なのにどうしても払いたい!という人が仮にいたとして、じゃあどうしろと?

連座制は”悪”です。

もうそうなったら、死んで保険金で払いますか?


まあ、もしそんな方がいたらですが

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません