工程管理で出てくる みずすまし について具体例をあげて詳しく説明してください。(どうもHPの記事を見てもいまいち、よくわからない)

みずすましは、ジョブショップ方式にも適用可能でしょうか

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/02/18 00:54:54
  • 終了:2008/02/25 00:55:02

回答(1件)

id:tenida No.1

tenida回答回数334ベストアンサー獲得回数132008/02/18 08:30:42

ポイント60pt

「みずすまし」の非常に単純化した役割の例として、

生産シュミレーション」の③を見ると良いかと思います。

この例では、メインの工程となるラインと部品との関係で、ラインの流れを滞留させないように、部品が「欠品しないかつ最大在庫量を最小化」するために「みずすまし」が配置されています。

このような最適例は、例えば自動車組立ラインに見られます。数万点の部品を主ライン沿いに配置して、組立てていくわけですが、ラインの流れに支障のない最小範囲に部品在庫を抑えるために、部品在庫を余分に保持するよりも「みずすまし」要員を配置したほうがコストを抑えられる場合にのみ、「みずすまし」を配置するほうが合理的です。

このように考えてみると、ジョブショップ方式に適用可能かどうかは、仕事の流れ、メインとサブ工程との関係があるかどうか等を解析してみると、見えてくるかと思います。

仮に、いくつものジョブショップ方式を並列処理をして、全体のより規模の大きなジョブショップを進めるような方式があるとすれば、「みずすまし」の役割が出てくる可能性はゼロではないと思います。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません