“黄金の国・ジパング”というキャッチフレーズや“東方見聞録”の執筆でおなじみ、マルコ・ポーロは

【長旅を終え、母国に帰国しようとした際、その風貌が出国当初のそれとかなり変化していたということから、入国を認められなかったという逸話が存在する】と聞いたのですが、これって本当なのでしょうか…?
真相をご存知の方、是非とも教えて下さい!!!

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/02/19 19:32:34
  • 終了:2008/02/20 18:00:34

回答(1件)

id:kanan5100 No.1

kanan5100回答回数1469ベストアンサー獲得回数2752008/02/19 23:22:01

ポイント60pt

マルコたち3人が帰還しても、ポーロ家の人々はなかなか彼らが本物であることを信用しなかった(25年という長い歳月の間に3人の風貌は変わり、言葉には東方のアクセントが混じっていた。やっとたどり着いた我が家の玄関で、マルコたちはそこに住んでいた親戚の者たちに、長々と自分たちの身の証しを説かなければ内に入ることも許されなかった)。

岩村忍著「マルコ・ポーロ」 岩波新書より

http://www2.gol.com/users/ilmilione/seru_nikoro3.html

このエピソードでしょうか。

ただ、リンク先にこの文章の続きがありますが、どうも眉唾な感じです。このエピソードは、200年後にジョヴァンニ・ラムージオが『東方見聞録』を編纂した際に付け加えた話だそうなので信憑性には疑問がありそうです。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません